ピクシブ百科事典

スペシャルマン

すぺしゃるまん

スペシャルマンとは、漫画「キン肉マン」に登場する超人である。
目次[非表示]

プロフィール

種別:正義超人
出身:アメリカ合衆国東部
身長:173cm
体重:86kg
超人強度:65万パワー
必殺技:ハンバーガーヒルドライバー、栄光のタッチダウンなど

概要

パロスペシャルマン


アメリカ出身の超人で、デザインは原作漫画とアニメで異なる。
カナディアンマンの相方にして、彼と並ぶヘタレのツートップ。

アメフト選手のような姿をした超人。一応、世界トップレベルの実力派らしく、作者によれば「寝技のスペシャリストで、技巧派であるラーメンマンでもスパーリング敗北するほどの実力」。
第20回超人オリンピック編で初登場したが、その際は予選第1回戦「怪獣挙げ」にてキン骨マンの策略により予選落ち。
夢の超人タッグ編でははぐれ悪魔超人コンビにあっさりと倒され退場。

登場期間が長いわりには活躍したシーンが一度も無い。
カナディアンマンが行った後楽園球場を持ち上げるというような、インパクトのある行動もほとんどない。

キン肉マンII世 究極の超人タッグ編」にも登場し、その際夢のタッグ編の醜態から母国の人間たちに国辱・ヘタレと呼ばれ、帰国早々石を投げられる目に遭っていたことが判明。
詳細は相棒カナディアンマンの項目を参照。

ヘタレ

カナディアンマンに比べれば単独でのヘタレ発言は少なく、ビッグ・ボンバーズでカナディアンマンと共にヘタレな行動をしていることが多い。

「キン肉マンよ 実力者のオレたちにこんなことをさせるんだから(中略)試合後にタップリお返しさせてもらうぜ」
「これはボクたちの超人としての名誉の問題だ!!」
といったプライド(だけ)は高いと思われる言動がいくつかある。
しかしアシュラマンからは「お前たちに名誉なんてものがあったのか!?」と身もフタもない言葉を言われ、後に国辱やヘタレと呼ばれる烙印を後押しさせられてしまった。


へたれとは少々違うが、王位争奪編終盤での発言
「おまえが優勝したら、その王位の座をかけて 再び超人オリンピックで戦おうじゃないか!」をネタにされることが多い。

とはいえ、友人であるテリーマンに声援を送るべく病院を抜けだしてくるなど、友情に厚いシーンも見受けられる。
発言はともかく、何かをやらかすのは大抵カナディアンマンと一緒にいる時なので、本人がどうというよりもろくでもない友人のカナディアンマンに流されているだけなのかもしれない。

余談

「II世」には息子の「スペシャルマンJr.」も序盤に登場。
……が、彼は悪行超人アナコンダが化けていた姿で、正体を表し万太郎に襲いかかるも、キッドの援護を受けた万太郎に倒された。
つまりスペシャルマンJr.本人は一切登場しなかったのだが、設定上はちゃんと存在しているらしく、カナディアンマンの息子「カナディアンボーイ」ともども超人育成校ヘラクレスファクトリーを卒業できなかったという。
……息子の代までこんなのか。

スペシャルマン(女)

【版権】スペ子


キン肉マンレディーでの名称がこれ。他はなんとかガールとかなんとかレディーとか言った名前なのにこの扱い…。
作中ではキン骨マンの策略で第20回超人オリンピック出場権を停止させられたテリーマンガールにより、夜中日本との時差の関係)に起き掛けに電話させられて無理矢理出場権を譲渡させられるというひどい扱いで登場(初登場シーンだが顔すらなし)。
その後涙ながらに超人オリンピック予選会場に入ろうとするも警備員に無理矢理追い出されていた。
決勝戦前会見では超人オリンピック壊滅を目論むイワオ動物園でボコボコにして捕縛していたが、企みを看破されて焦燥したキン骨マンにより女カナディアンマンと共に強制的に巨大化させられてしまう。おまけに時限爆弾を呑みこまされてしまうが、キン肉マンレディーにより二人纏めて爆弾を吐かされて元に戻された。
その後のハワイ慰安旅行ではテリーマンガールに盾にされ、その晩の余興試合では負傷がたたってジェシー・メイビア秒殺されてしまった。
アメリカ遠征編では(なぜか原作ではアメリカ超人なのに全く出番が無かったが)超人同盟にで滅多撃ちにされて病院送りになり戦線離脱させられた。
第21回超人オリンピックでは予選1回戦落ち。

pixivに投稿された作品 pixivで「スペシャルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35079

コメント