ピクシブ百科事典

スペリオルドラゴン

すぺりおるどらごん

スペリオルドラゴンとは、スダ・ドアカワールドと関わり深い神の一柱(ひとはしら)、黄金神の事を指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

 コードオブジョーカーに登場するユニットの1体。当然のことだが、こちらのスペリオルドラゴンとは無関係である。
とはいえあちらも黄金の竜だったり、あちらに登場する守神・不動明王がモロにジオングだったり、CV藤原啓治で「ところがぎっちょん!」と叫ぶユニットがいたり、X字のスラスターっぽいのを背負ってる海賊ユニットがいたりとやりたい放題なので全く意識していないわけではない…はず。

概要

 スダ・ドアカワールドを守護する12神の一柱、『黄金神』であり、主にユニオン族に正義の象徴として信仰されている。ガンダム族に酷似した姿をしており、そのためガンダム族は神の騎士と呼ばれることもある(モチーフはSガンダム。バックパックや胴体を筆頭に、随所がSガンダムを感じさせる意匠となっている)

 元は竜神の一族であり、かつて創世の時代に古代神バロックガンと世界の創造を懸けて戦い、激戦の末封印する。
 その戦いで操者(後述の勇者ガンダム)を失ったため、新たなる操者として武者頑駄無真悪参を選ぶが、古代神の妨害によって分裂した真悪参の悪の部分と融合してしまい、サタンガンダム=ブラックドラゴンが生まれ、残った善の部分を転生させて騎士ガンダムが誕生、両者の激しい戦いの末に、自分達が同じ存在であることを悟り一体化、騎士スペリオルドラゴンとして復活を果たす事となる。

 ラクロア王国に自身の一部を神器として置いてある他、黄金の騎士の鎧も分裂した核の一部が変化して出来ている。
 復活後はスダ・ドアカの危機に際し幾度も自ら姿を現したが、彼が存在した時代(ジークジオン編~鎧闘神戦記)において、伝説の勇者の再来と謳われたバーサル騎士ガンダムがスペリオルドラゴンその人であるという事を知るのは、ジークジオン騎士シャアを含めた極少数しかいない。

 地上の危機にはその力を騎士に与えたり、直接力を振るうなどして関与することが多々あり、その度に
スペリオルドラゴン
スペリオルドラゴンEX
スペリオルドラゴンSR
Sスペリオルドラゴン
と進化を続け、最終的にスペリオルドラゴンZとへと至り、元の12神としての力を取り戻した。
 他の創世神と同様に、暴竜カイザーワイバーンという強大な力を持った身体が存在し、ユナイト(融合)することで真の力を振るえる黄金神スペリオルカイザーへと転身できる。

 シリーズ後半では分裂したり、死んだ後で亡骸が悪堕ちしたり(正確には死んでしまった後に魂の無くなった肉体を暗黒卿マスターガンダムに乗っ取られたもので、厳密な意味での悪堕ちとは異なる)、そしてすったもんだの上で復活したり、他にも別の騎士ガンダムに取り憑いてみたり(聖騎兵物語の最終決戦時、バーサル騎士ガンダムGP01と融合し、バーサルロードスペリオルガンダムとして真聖機兵を駆った)、騎士ガンダムに戻ってみたり……(武者列伝・零の時代の天宮へ出張(!?)した事がある)と忙しく変転していたため、「迷惑神」「お騒がせ神」などと呼ばれたりもする。設定が固まった今としては、彼は彼で苦労してきたと思わなくもないが……

 とは言えその迷惑の原因は殆どが覇界神や暗黒卿の暗躍によるものである。世界を自身の所有物としか考えていない自己中心的な神や、世界を破壊してリセットしようとするロクでもない神、果ては自称神(笑)すら存在する創世神達の中では、むしろ働き者の部類に入る。
 善玉の神々であっても、倫理観の相違や神の使命などを理由に非情な行動や、傍観に徹する場合も少なくないため、世界の危機に対して降臨・助力するスペリオルドラゴンは、人類(とMS族)にとって都合のいい存在とすら言える。

 鎧闘神戦記にて、ようやく正式に12神へと復帰したことでスペリオルドラゴンZへと進化し、カイザー形態もスペリオルカイザーZとなった。そして新たに誕生した神サンボーンにスダ・ドアカの守護神の座を譲り、別なる次元へと旅立っていった(職務放棄と感じる人もいるようだが、世界に二柱もいる必要はないと判断し、旅立つ事にしたのかもしれない。ただスダ・ドアカに創世神が二柱いた時期は過去あったのだが、最近ようやく12神に復帰した黄金神に知る由はなかったのかも)
 なお旅立つ前、鎧闘神戦記でやらかさざるを得なかった事の後始末役として、騎士ユニコーンと、騎士バンシィをタペストリーから誕生させていた事が、後のシリーズで判明している。そのせいで新たな問題が発生しまくる事に……迷惑神ここに極まれりである。ただ問題が起こるのは、役割を押し付けたのが嫌がられるのも含め、織り込み済みだったようである(惨い……)

 神々は試練と付ければ、何でも解決するとでも思ってるのかもしれない。

創世記時代

 武闘神デュエルカイザーに代わる、新たな世界の神が選定される儀式として、黄金神操手の座があった。その神の意思によって選ばれた者は、勇者ガンダム(太古の時代の最初期時点でのモチーフはエクシア。彼こそが後の時代で謳われる、伝説の勇者ガンダムその人である)と、マスラオ(後のマスターガンダム)の2人。
 その後、勇者ガンダムは聖杯を手に入れ、一応の資格を得たが、負けたマスラオは復讐心から暗黒卿へと堕ちた。しかし、神の資質を見極める試練はまだ続く。
 自身の神としての器であり鎧として、当時、世界で暴れ回っていた黄金の双頭竜(アルヴァトーレ)との戦いを強いられる勇者。己の真の力が試されるため、その時は三種の神器を使えなかったのだが、勇者は試練そっちのけで、なんと竜を手懐けてしまう。だが、それこそが神の意思が望んだ結果だったのだ。
 試練を乗り越えたことで、勇者は神の意思と融合し、黄金神スペリオルドラゴン00(ダブルオー)へと至る。しかし、別世界から古代神が侵攻してきたことにより、聖戦が勃発。激戦の末、バロックガンの封印には成功するも、核である黄金神は肉体・鎧・意志の3つに分裂。肉体は無垢なドラゴンとして野生化、鎧は黄金の騎士の鎧として大地に、意志は再生するための新たなを探し、永い間漂流することに……

 ちなみにこの時、行方不明になった生体ユニット(勇者ガンダム)は、後付ではあるがガンダム騎士団(パワーズ)の主人公、アルフガンダムとして転生していた、ということに今はなっている。当時、エクシア系列MSは存在しなかったが、今の目線で比較しても、さほど違和感はないだろう。
 それと現在、アルフガンダムのモチーフは、ダブルオークアンタということになっている。





SDガンダムフォース

 ラクロアの最上級の精霊として少しだけ登場。騎士ガンダムとは関係がない。精霊の系図では光そのもののような姿をしているとされているが、実態は不明瞭。
 スペリオルドラゴンの系図横には人と騎士ガンダムのマークがあり、闇の騎士デスサイズが言うにはガンダムを人に変えるほどの力持っているとされていた。
 しかし実際は人とガンダム達の力が合わさった時に出現するものだったようで、ジェネラルジオングとの決戦ではスペリオルドラゴンらしき光をキャプテンが発現させている。

商品化

 元祖SDガンダム、SDX等で立体化されている一方、BB戦士では長らくリリースがされていないかった。もっとも、元々BB戦士シリーズはSDガンダム外伝のキャラクターのキット化にそれほど積極的ではなく(外伝のキット展開は主に元祖SDが中心であり、同シリーズのリリース停止後もその流れが継続していた)、むしろキット化されているキャラクターの方が珍しいという有様であったため、仕方がないといえば仕方がないのだが……

 しかし、LEGEND BBの展開によって外伝キャラクターのBB戦士でのリリースが相次ぐ中、N0,400を飾るメモリアルアイテムとして念願の商品化が実現した。

関連タグ

騎士ガンダム
サタンガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「スペリオルドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221634

コメント