ピクシブ百科事典

スライムナイト

すらいむないと

ドラゴンクエストⅤから登場しているモンスター。スライムの上に騎士がまたがっている。
目次[非表示]

スライムナイトは『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅤ』(DQ5)であり、それ以降のシリーズでも登場している。スライムの上に騎士が乗っかっているモンスター。頭の上の騎士で攻撃したり、「ホイミ」や「イオ」の呪文を唱えられる。モンスターを仲間にできる『DQ5』においても、比較的仲間にしやすい上にバランスの取れた攻撃ができるため、使い勝手が良い。

スライムの上に乗っかってる騎士の正体は不明である。ナンバリングタイトルの公式ガイドブックではほぼ一貫して「スライムに乗った(魔族の)騎士」と書かれており、戦闘中のモーションでもナイトとスライムは別個の存在のようだ、一方でPS2版の攻略本には「騎士もスライムの一部」といった記述があり、5の小説版では「スライムが「騎士の芽」を生やして進化した者」という設定で、それを反映したいのまたむつみの挿絵ではナイト部分に脚は無くスライムの上部から人型の上半身が直に生えていた。『テリーのワンダーランド』の図鑑には「中身は空洞」と記述されるなど、
どうも明確な統一はされていないようである。

DQ5での主人公の友「ピエール」

スライムナイトの晴れ舞台と言えば、何と言っても初登場の『DQ5』だろう。モンスターを仲間に出来る様になって少し経つ頃という早期に登場し、しかも比較的高い加入率(1/4)で起き上がる。初期ステータスは加入時期ではまずまず高く、装備品も主人公のおさがりをまるまる使えるという優遇っぷり(同時期に仲間になるモンスターの多くはキバやこしみのなどの微妙な物ばかり)。最初から命令を聞き、イオ系(イオナズンは覚えない)、ホイミ系呪文も使える非常に優れた仲間となる。更に冒険を進めるにつれてギラや炎系のブレスヘの耐性を持っている事も長所として目立つ様になり、ダンジョン探索からボス戦まで幅広く活躍出来るオールラウンダーとして主人公の冒険を支える重要な存在にまで成長する。そして終盤では弱点であるザキ系ヘの耐性を補助するエルフのお守り、吹雪耐性を補う炎の鎧等の登場により安定度が更に上昇する。まさに主人公の股肱の臣ともいえる存在。より冒険を楽に進める為に、スライムナイトの2匹目であるアーサー、3匹目であるちゅんを粘った人も多いのではないだろうか。どこぞの自称エリートも見習って貰いたいものである。
しかしグレイトドラゴンキラーマシンなど強力なモンスターが仲間になる終盤となると攻撃呪文がイオラ止まりなのもあって若干パンチ力に欠け、馬車・もしくはモンスターじいさん送りにされることもも多い。だが、吹雪の剣など強力な武器を装備できるためさほど気にならなかったり、長い間苦楽を共にしてきた友を手放すことは出来ずに最後まで連れていくプレイヤーも多い。
当然だがその分、敵として登場したときも油断ならない存在である。幼年時代ではおそらくもっとも恐ろしい存在だろう。集団で現れ、マホトラでそれはそれはしつこくMPを吸い取り、弱った所に痛恨の一撃をぶちかましてくる。味方になった時にあれほど強いのだから、敵として弱いはずがないのだ。

小説版DQ5

主人公リュカの母・マーサの友人で、元はピエールという名前のただのスライム。マーサを守りたいと強く思ううちにスライムナイトへの進化を道を歩み始めた。だが完全な進化を終えるまで数年を要し、その間にマーサはエルヘブンを去ってしまっていた。ピエールはマーサを探すため放浪の旅へと出て、長い年月が経った頃、マーサの息子であるリュカと出会った。
以後はリュカの仲間となり、マーリンと共にリュカを支える参謀のような立場におさまり、リュカとビアンカが行方不明になった際にはラインハットへの使者も務め、の剣術の師匠も務めるなど、準主人公のような立場である。ちなみにハードカバー版第2巻の表紙や彼単独の挿絵がある。

DQ6での「ピエール」

ドラゴンクエストⅥ』のSFC版では「魔物使い」が参加した戦闘よって、DS版では、ある城で締出されている所で仲間にすることができる(DS版では、魔物使い(マスター)がいても戦闘でモンスターを仲間に出来ない)。どちらも、『DQ5』に比べると即戦力としては難しい。しかし装備に関しては相変わらず優秀であり、転職を上手く使えばスライム格闘場等で活躍できる。また、プラチナ系の武器防具を装備できるため、ベストドレッサーコンテスト・モンスターの部での活躍も見込める(職業にもよるが)。プラチナ一式とバンダナがあれば、モンスターの部は簡単に突破し、賢者の石を手に入れることができる。
以上の事から5ほどではないにしろ優秀な仲間であることには変わりない。どこぞの青い人も見習って貰いたいものである。
また、DS版では一番はじめに仲間になるモンスターであり、スライム系およびドランゴしか仲間にならなくなった事もあって彼の活躍の場はますます増えた。
ちなみに、今回の「ピエール」はナイトの部分の名前であり、またがっている緑色のスライムの名前は「ハイド」であるという設定である。

小説版でも登場するが、こちらはDQ5の時に比べ活躍は少なめ。後にアモスや他の仲間モンスターと共にロンガデセオに残った。

関連モンスター

メタルライダー
メタルスライムの上に騎士が乗っかったモンスター。メタルスライム系みたいに極端に逃走せず、むしろ積極的に攻撃してくる。持ち前の素早さを活かした攻撃が武器。ただし逃げるときはしっかり逃げる(どうやら騎士は戦うつもりなのにもかかわらずメタルスライム側が勝手に逃げ出しているようだ)
小説版DQ5にも登場。「まもののすみか」を進むリュカ達の前に現れるが、様子がおかしかったため、ピエールが一騎打ちを願い出る。
作中ではメタルスライムが騎士の芽を生やすことでこの姿となるが、メタルスライムは戦いを好まない魔物であるため、誰かの手で無理やりこの姿にさせられたことが示唆されている。
戦いを望まないものに無理に戦わせようとした誰かにリュカは怒りを向けていた。
ダークランサー
モンスターバトルロード』シリーズにのみ登場。黒いスライムの上に赤い鎧を着た騎士が乗っている。名前の通り、槍による攻撃を得意とする。ほとんどの攻撃呪文に強い反面、多くの属性攻撃に弱い。
ダークナイト
ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズにのみ登場。ダークスライムの上に邪悪な騎士が乗っかったモンスター。主にドルマ系の呪文と直接攻撃を得意としている。ぼうれいけんし系のモンスターにも同名の種類がいる。
スライムジェネラル
その名の通りスライムナイト界のジェネラル。『ドラゴンクエストモンスターバトルロード』で合体モンスターとして初登場。『ドラゴンクエストⅨ』でも、宝の地図のボスとして登場した。他にも、ゴッドライダーやデンガーという同種のモンスターがいる。
ハートナイト
ピンク色のスライムの上に騎士が乗っかったモンスター。ドラクエX、イルとルカの不思議なふしぎな鍵に登場。
どちらの作品でもスライムナイトを倒しつづけることで出現する転生モンスターとして登場している。

関連イラスト

スライムナイト
ナイトスライム。


関連タグ

ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 ドラゴンクエスト ドラクエ ピエール ドラゴンクエストⅤ ドラゴンクエストⅥ
騎士 スライム

pixivに投稿された作品 pixivで「スライムナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538427

コメント