ピクシブ百科事典

スラスト

すらすと

スラストとは、アニメ『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。作品によってその容姿、役割が異なる。
目次[非表示]

初代(G1)

ロボット昆虫殺虫剤が欲しい。


CV:島香裕 ほか

途中から戦力として登場したデストロン航空部隊ジェットロンの1人で役職は航空兵であり、赤いトンガリ頭である。
赤いボディの戦闘機変形。主翼に垂直離着陸用のファンを持つ。
玩具の基本構造と一部のパーツはスタースクリームと共通だが、主翼と尾翼のデザインを大きく変えたことでロボットモードだけでなく、ビークルモードにおいても大きく差別化する事に成功している。
にも関わらず、アニメでは作画ミスが起きた。
大口を叩き、仲間にも戦意云々と言っているが、根は臆病な性格であり、そのためか雑用に回される事が多い。

スラスト「いやだあぁぁ死ぬのはぁん!」

とは言えメガトロンには忠誠を誓っており、トランスフォーマーの肉体を不死身にするゴールデンラグーンを見つけた時もそれを利用して反旗を翻すどころか、スタースクリームに代わってナンバー2になれると喜び、早急にメガトロンにこの泉の居場所を報告していた。

2010』では、スタースクリームがユニクロンとの取引で、彼をセイバートロン星に接続して復活させようとした際、スタースクリームがボディとしていたダイナザウラーの内部を破壊し、ダージやバトルチャージャーらと共に復活を阻止した。
たまにはやるじゃないか!

ビーストウォーズⅡ

漫才コンビの黄色い方



CV:実近順次
ダージとコンビを組む戦士で、ダージ共々関西弁で喋る。黄色いジェット戦闘機(YF-22)にトランスフォームする。武器は銃のスラストガン。

突撃隊長スラストール


後にサイボーグラプトルに変形するスラストールにパワーアップする。

マイクロン伝説

スラスト


CV:遊佐浩二

本作ではデストロン軍の策士を務めており、スタースクリームを差し置いて実質ナンバー2の地位を占めている。ビークルモードはYak-141風の戦闘機。
玩具はパートナーマイクロンの「サンダー」を合体させる為に機体後部がスッカスカになっているが、アニメでは垂直尾翼が斜めになっていたり、機体後部のスッカスカ度が緩和されているなどF-35のデザインに近づけられている(元々インテークの形状だけはF-35に近いデザインであった)
初登場後しばらくは作戦会議時に星占いを行い「おぉ、これは吉兆…!」と言うのが通例だったが、基本的にその作戦は失敗する(この辺は歴代のスタスクやメガストーム等、同ポジキャラに通じるところがあるかも)。

後半ではいつまでも野望を果たせないメガトロンを見限り、ダブルフェイスの勧誘に乗せられ、ユニクロンに仕えるべくデストロンを離反するも、結局は利用されただけで当のユニクロンからは全く意に介されなかった。
最期はユニクロンの変形機構に巻き込まれ、直前のやり取りで罵倒したメガトロンに対し、舌の根も乾かぬうちに助けを求めるも、完全に見捨てられた挙句スパークごと潰され死亡した。

しかし日本国内の玩具シリーズ『ユナイトウォリアーズ』では、別次元のユニクロンと、主君ガルバトロンの復活を目論むタクティシアンサイクロナスによって召喚され、スクランブル合体能力を備えた姿で復活を果たしている。
しかし別次元の存在とはいえ一度自分を滅ぼしたユニクロンに再生された事実に対して複雑な感情を抱いており、自らの新しいスクランブルボディを用いて復活させたグランドガルバトロンを利用し、密かにユニクロンへの復讐を計画している。

劇中ではイカトンボと呼ばれ、しかも敵味方問わずこのアダ名が浸透。
メガトロンには某侵略娘のごとく「~イカ」口調でからかわれ、最終戦ではシリアスなシーンにもかかわらずサイバトロン達には本名で呼んでもらえず、最後までイカトンボの呪縛から逃れることは出来なかった。(正確には死の間際でメガトロンは終始本名で呼んではいたが)
そんな彼自身もメガトロンに対してクワガタンクなどと呟き、1人ほくそえんでいた事も。

スラスト「イカトンボって言うなぁ!!」

因みに中の人は同作でアイアンハイドの吹き替えも担当している。
どちらも演じ方が違うがアイアンハイドはオッサン声、スラストは胡散臭く甲高い声と所謂「イケボ」とはかけ離れた最近の遊佐氏にはあまりみられないない演じ方となっている。

ビーストウォーズリターンズ

バリバリバリバリよろしくー


CV:加藤賢崇

前作『ビーストウォーズメタルス』に登場したデストロン戦士ワスピーターのスパークを宿した、バイクに変形するトランスフォーマー。同型の戦闘型ドローン達のリーダー(ジェネラルドローン)。
口癖は「ぶ~ん」「ばりばり~」等。

原語版ではジム・バーンズが担当。実は元々シルバーボルトとワスピーターは同じ声優が演じていた(スコット・マクニール)ため、ブラックウィドーに彼のスパークを宿していると勘違いされるという公式声優ネタによる展開だった。
日本語版では岩浪美和の判断(正体隠してもつまんない)で、ワスピーターと同じく加藤氏が演じている。

ワスピーターのスパークが宿っている為か、やられ役になる事が多い一方で最後まで生き残った。
後半ドローン軍団が小型化したことから着想を得て、加藤氏がアドリブっでドローン軍団のことを息子と呼び、適当に名前を付けていた(さらにそれ以降ドローンがスラストのことを「パパー」と呼ぶようになった)。

関連タグ

トランスフォーマー
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー トランスフォーマー2010
ビーストウォーズⅡ マイクロン伝説 ビーストウォーズリターンズ
デストロン ディセプティコン

ジェットロン
スタースクリーム サンダークラッカー スカイワープ
ラムジェット ダージ サンストーム スリップストリーム

pixivに投稿された作品 pixivで「スラスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37384

コメント