ピクシブ百科事典

スーパーXⅢ

すーぱーえっくすすりー

スーパーXⅢは、東宝映画『ゴジラVSデストロイア』に登場する陸上自衛隊所属の機動兵器で、『ゴジラVSビオランテ』に登場したスーパーX2の後継機。
目次[非表示]

データ

型式名称:DAG-MBS-SX3
全長:38.5メートル
重量:220トン
飛行速度:マッハ1.7
動力:レーザー核融合炉
材質:超耐熱合金NT1S
装甲:人工ダイヤモンドミラーコーティング
乗員:通常三名


概略

スーパーX2の後継機。対ゴジラ作戦の担当が自衛隊からGフォースに移行していたので、本機はゴジラ用兵器ではなく、原発事故やテロ等への対策として建造された。初代スーパーXが一度はゴジラを倒した「カドミウム弾」、スーパーX2の人工ダイヤモンドミラーコーティング等、スーパーXシリーズの集大成である。
最大の特徴は装備が火器ではなく冷凍兵器であることが挙げられる。これは本機が戦闘機ではなく。原発事故を想定して開発されたことによる。
スーパーXシリーズで初の有翼V/STOL機で、戦闘時はホバリングがメインであった前二機と比べても高い機動性を持ち。動力炉にはメカゴジラMOGERAと同じくレーザー核融合炉が採用された為、出力も前二機を大きく上回る。

一度はバーニングゴジラを氷漬けにして活動停止に追い込み、デストロイアにもトドメを刺すなど、東宝自衛隊」で唯一怪獣を完膚なきまでに倒した兵器である。

装甲

メカゴジラMOGERAの装甲素材であった「超耐熱合金NT1」の改良型、「超耐熱合金NT1S」を採用し、メカゴジラ同様に人工ダイヤモンドミラーコーティングを施している。
機体面積の差などを考慮しても、短時間ならばメカゴジラとほぼ同等の防御力を誇り、劇中ではバーニングゴジラ赤色熱線にも2発耐えている(ただしこれはスーパーメカゴジラと違って、ミラーコーティングが万全な状態であったと同時に、飛行中であったので赤色熱線が命中した時間が短かったなど、スーパーメカゴジラの時と比べて好条件が重なったというのもある。実際、パイロットの1人が「以前よりも熱線の威力が上昇している」と発言しているため、これらの好条件が重ならなければさらなるダメージを受けていた可能性は高い)。

武装


関連タグ

機械 兵器 武器 
東宝自衛隊 スーパーX スーパーX2 黒木特佐
ゴジラ バーニングゴジラ デストロイア

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーXⅢ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29635

コメント