ピクシブ百科事典

セシウム

せしうむ

原子番号55の元素であり、周期表の1族に属する元素。元素記号はCs。
目次[非表示]

やわらかく黄色みがかった色のアルカリ金属カリウムナトリウムなどといった他のアルカリ金属と同様にと激しく反応するが、爆発的な激しい反応をし、とは-116[℃]でも反応する。また非常に酸化しやすく、酸素に触れると金色を帯びてくる。
そのため、保管は水分を含まない状態の鉱物油などの炭化水素を満たした容器を使用し、取り扱いはアルゴン窒素など不活性ガス下で行わなければならない。また、消防法では危険物(第3類)に指定されている。
安定同位体はセシウム133のみで、それ以外の同位体はすべて放射性物質である。

放射性セシウムは、核分裂の際に生成されることで知られており、核爆発原子力発電所の事故の際に環境中に放出される。なお、核分裂時に主に発生する放射性セシウムはセシウム137であり、セシウム134は核分裂時に発生した非放射性のセシウム133に中性子が当たることによって生成されるため、核兵器の爆発の際にはほとんど検知されない。

物性

融点28.4[℃]
沸点671[℃]
比重1.93[g/㎤]


単体の金属としては水銀フランシウム(推定値)に次いで融点が低い。
セシウムとカリウムナトリウムからなる合金には、すべての合金の中で最低の融点である−78[℃]のものがある。

用途

  • 真空管のゲッター(酸素を吸着して真空管の劣化を遅くする)、陰極のコーティング
  • 光電管や光電子倍増管、撮像管などの光電機器
  • シンチレーション検出器(放射線計測器の一種)のシンチレーター(放射線を受けて蛍光を発させるもの)
  • 金属蒸気レーザー
  • 蛍光灯のグローランプのガス
  • 原子時計(初期のもので140万年に1秒、改良されたものでは3000万年に1秒のずれしか生じない)
  • 掘穿用の泥水(ギ酸セシウム水溶液を使う。刃先の潤滑・冷却と採掘坑の崩落防止)

放射性同位体

  • 産業用γ線源(セシウム137。長期間使えるが、水溶性なので食品や医療品の殺菌には不向き)
  • 特定の種類の癌治療(セシウム137と塩素の化合物。現在は使われていない)

関連タグ

金属 元素 ヨウ素 セシウムさん

pixivに投稿された作品 pixivで「セシウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2921

コメント