ピクシブ百科事典

セシリー・フェアチャイルド

せしりーふぇあちゃいるど

セシリー・フェアチャイルド(Cecily Fairchild)は、アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場した架空の人物。 本名(または旧名)はベラ・ロナ(Berah Ronah)。
目次[非表示]

CV:冬馬由美
年齢は『機動戦士ガンダムF91』では17歳、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』では28歳。

劇中での活躍

コスモ・バビロニア建国戦争期(『機動戦士ガンダムF91』)

落書きセシリー
セシリー


フロンティア総合学園普通科に通う17歳の少女。
父であるシオ・フェアチャイルドが営むパン屋の看板娘で学園のマドンナ的存在ではあるものの『普通の少女』として登場したが、実はクロスボーン・バンガードカロッゾ・ロナ鉄仮面)とナディア・ロナとの間に生まれたベラ・ロナである。4歳の頃よりナディアと駆け落ちした『シオの娘のセシリー・フェアチャイルド』として育てられていた。

【17】ビギナ・ギナ


祖父・マイッツァーの掲げるコスモ貴族主義に反発したナディアに連れられ、フロンティア・サイド(旧サイド4)のコロニー「フロンティアIV」に移住してきた。
類い希な美貌と美しい美脚の持ち主であり、十数年ぶりに再会した祖父マイッツァー・ロナから、コスモ・バビロニアの象徴としてロナ家に迎えられ、友達であるシーブック・アノーが死んだと思っていたこともあり、ベラ・ロナとして生きる道を選ぶ。

新型MSビギナ・ギナを与えられ、ザビーネ・シャル率いる「黒の戦隊(ブラックバンガード)」に随伴していたが、戦場にてシーブックと再会し、ベラではなくセシリーとして生きることを選び、そしてラフレシアを駆るカロッゾに戦いを挑む。
カロッゾ自身にコクピットをこじ開けられ宇宙空間に飛ばされるもののシーブックに助けられた。
これらの経緯などにより、シーブックとはより親密になっていったようである。

木星戦役期(『機動戦士クロスボーン・ガンダム』)

【37】ベラ・ロナ


その後の消息については『機動戦士クロスボーン・ガンダム』において語られており、演説でコスモ貴族主義を否定、宇宙世紀0128年、シーブックらと共に新造艦バビロニア・バンガードの処女航海に参加。
しかし同艦はその航海中、事故が発生し乗員全員が行方不明になったと記録されており、セシリー・フェアチャイルドの名も記録上はここで消えている。
だが、実際には健在であり、木星帝国の野望を知ったセシリーはベラ・ロナに名を変え、自らが指導者となり新生クロスボーン・バンガードを組織、戦艦マザー・バンガードの艦長として木星圏で帝国との戦いを行っていた。
なお、この頃からシーブックは本名ではなくキンケドゥ・ナウという偽名を名乗り、ベラを支えていた。

宇宙世紀0133年、新生クロスボーン・バンガードはついに地球侵攻を開始した木星帝国を追撃して地球圏に舞い戻るが、ベラの従妹シェリンドン・ロナの策により連邦軍との交戦を余儀なくされる。
だが、トビア・アロナクス、キンケドゥ・ナウの活躍により木星帝国総統クラックス・ドゥガチの野望に終止符を打っている。
戦役終結後は再びセシリー・フェアチャイルドに戻り、恋人であるキンケドゥ(戦役後には元の名前シーブック・アノーに戻っている)の手を取って地球の緑の中へと消えて行った。

その後、シーブックと結婚、一児の母となり、パン屋を営んでいることが『機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート』で明かされている。更にその続編である『鋼鉄の7人』では二児の母となった。

なお彼女はベラ・ロナとセシリー・フェアチャイルドの名前を都合5回変えているが、最終的にはセシリーの名前に落ち着いている。シーブックが一時期キンケドゥ・ナウと偽名を名乗ったのは彼女がベラ・ロナとして戦う事を選んだためとされる。

関連項目

機動戦士ガンダムF91 機動戦士クロスボーン・ガンダム
ベラ・ロナ シーブック・アノー キンケドゥ・ナウ
トビア・アロナクス
ザビーネ・シャル カロッゾ・ロナ

pixivに投稿された作品 pixivで「セシリー・フェアチャイルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62546

コメント