ピクシブ百科事典

セッツァー・ギャッビアーニ

せっつぁーぎゃっびあーに

ファイナルファンタジー6のプレイヤーキャラクターの1人。 ジョブはギャンブラー。
目次[非表示]

プロフィール

年齢27歳
身長175cm
体重62kg
誕生日2月8日
星座水瓶座
血液型AB型
職業ギャンブラー
出身不明
宝物ブラックジャック号
好きなもの真剣勝負
嫌いなもの腰抜け
趣味ソリティアー
CV置鮎龍太郎KH2より)

概要

世界で唯一の飛空艇「ブラックジャック号」のオーナー。
正義や悪といった概念よりも自分の興味の有る無しで物事を判断するギャンブラー
世間離れした独特の価値観を持ち、作中でも印象的な名(迷?)セリフが多い。

作中での活躍

オペラ座の花形女優であるマリアの誘拐を計画し、オペラ座宛に予告状を送りつける。
ガストラ帝国への侵入方法を模索していたロックたちは、飛空艇の所有者であるセッツァーへの協力依頼を試みる。マリアと容姿の似たセリス変装させ、(途中で多少の妨害はあったものの)彼をおびき寄せて船内に侵入する。

なんとかセッツァーとの接触に成功するものの「マリアじゃなきゃ用は無い」と聞く耳を持たない彼に対し、セリスはコインによる勝負を持ちかける。表が出ればセリス、裏が出ればセッツァーの勝利というルールだったが、実はそのコインは両面とも表であり、ギャンブラーである自分にイカサマ勝負を仕掛けた豪胆さを気に入り、帝国相手の勝負という賭けにノる。

その後、帝国から魔石を回収し脱出するロックたちを救出しつつパーティに加入する。同時に、以降は彼の飛空艇を自由に使用できるようになる。

その後、魔大陸から脱出する際に愛機ブラックジャックは大破してしまう。
崩壊後はコーリンゲンの酒場にいたところをセリスたちに発見されるが、愛機を失ったショックもあり仲間との再会やケフカの野望の阻止にも興味を示さない。
しかし、仲間たちの激励で気力を取り戻し、彼の旧友であり既に亡くなっているダリルがかつて搭乗していた世界でもう一つの飛空艇「ファルコン号」を甦らせるべく、彼女の墓にセリスたちを案内。墓の奥底で眠るファルコンを復活させ、かつての仲間たちと再開すべく再び大空を駆ける。」
……のだが、ファルコン号を入手して調子に乗って飛び回ってたらいきなりデスゲイズにエンカウントしてレベル5デスで全滅なんてこともありえるので大空を飛び回る前に必ず地上でセーブしよう。

彼にまつわるイベントは基本的に飛空艇関連のみだが、飛空艇入手のために欠かせないキャラクターなのでセリスやエドガーと同様に世界崩壊後においても加入必須である。

戦闘スタイル

専用装備は主に「カード」や「ダイス」、「ダーツ」などを使用。
オリジナルコマンドは、出目によって異なる効果が現れる「スロット」。
専用アクセサリ「へいじのじって」を装備すると、敵全体に定量ダメージを与える「ぜになげ」に変化する。

余談

ギャンブラーというジョブはファイナルファンタジー4のころから導入を検討されていたが、あまりにアクが強すぎるということで見送られていたのだが、キャラの個性とインパクトこそ重要と考えられたFF6でついに導入されたということらしい。

また、彼の登場によりこれまでシリーズを通して飛空艇と縁深かった「シド」というキャラクターが、本作で初めて飛空艇と無関係の人物に設定されている。

バンダナ」を初期装備しているが、これは一度外すと装備できないようになっている。
これはバンダナが既にロックがトレードマークとして使っていたためで、格好に拘る伊達男のセッツァーは他人とかぶるようなマネをしたくない、ということの表現であるらしい。
細かい。

なお、前述のイカサマ勝負で使用されるコインだが、これはエドガーから借りたもので、ここで彼がフィガロ兄弟のどちらが王位を相続するかを決めた際に使用していたことが発覚し、このイベント時にパーティにエドガーとマッシュがいると一部会話が追加される。

関連イラスト

黒と金の
賭博師


ギャンブラーさん
ばくちうち


お前の女じゃないんだろ?
誘拐


セッツァー
某ギャンブラー


関連タグ

ファイナルファンタジー6 ギャンブラー ダリル
セリス ティナ

pixivに投稿された作品 pixivで「セッツァー・ギャッビアーニ」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98101

コメント