ピクシブ百科事典

セリアス人

せりあすじん

企画「PRW2」などに登場する種族。 ロボット生命体。その体躯は20メートル以上に達する。
目次[非表示]

主にgpix/古淵工機@阪急中毒氏の手による、PRW2に登場する種族。

セリアス人

辺境の惑星からイデアに流れてきた機械生命体。
金属を食料としているが、有機物も食物とすることができ、
第2章では遊星解放軍が投入した生体兵器、アイアンメイデンを食べ尽くしてしまった。
いわゆる獣人の姿をしているが、身長は20メートルを超える。非常に大柄の生命体である。

セリアス人一覧

本編に登場するセリアス人

女性型の獣人が多い。

アルテミス
オオカミ形のセリアス人(犬は禁句)。ビームカタナを使用する、接近格闘タイプ。通称アルティ。
セリアス星滅亡を目の当たりにしており、同じ悲劇を繰り返させないために民間義勇軍へと身を投じる。
第2章中盤で左腕を一度失うが、改造の末アルテミス・エクステンドとなる。
余談だが、幼少期はすごくカワイイらしい。
また、彼女をデフォルメしたぬいぐるみがイデア各地で販売されているとか。

PRWXOにおいてはオーバー・ブレイカーズに所属。ふん捕まえた敵メカで傘回しをやってのけるなどその破天荒な人柄は健在。

セクメト
サーバルキャット形。ホーミングビームボウを用いた遠距離攻撃を基本とするが、
緊急時の格闘戦にそなえククリナイフ(アドヴァンス改造後は超振動マチェーテ)を装備する。
手術が嫌いであり、サクヤに改造された際には死にそうな悲鳴を上げた。パワーアップ形態はセクメト・アドヴァンス。
ほか、PRVにおいて、フルアーマー・セクメトとよばれる形態の存在が公開されている。
超がつくほどのブラコンであり、兄であるラーのことが大好き。
また、スサノオとも付き合い始めた様子。

…戦争終結後、こっそり別の惑星に派遣されていたりする。
PRWXOにおいてはオーバー・ブレイカーズに所属。

サクヤ
フェネック形。グランノヴァに乗ってイデアに滞在している間にセリアス星が滅亡し、
帰る場所をなくしてしまったため、そのままイデアに残ることになった。
セリアス人の中ではきっての医者である。つまりは修理要員だが、
注射器形のマシンガンを携えており怒らせると結構怖い。

PRWXOにおいてはオーバー・ブレイカーズに所属。敵勢力のボゥリキに容赦ない一撃を食らわせた。

スサノオ
柴犬形。サクヤの実弟で、かつて銀牙団という軍団を率いてレッドヘルムと呼ばれる怪物を倒した。
成人こそしていないがセリアス星の中でも歴戦の勇士だった。
最近、セクメトと付き合い始めた。

ヘケート
アルテミスの姉で、虚竜軍の一員としてアルテミスの前に立ちはだかった。
しかし真相はセリアス星をアルカムルドに滅ぼされ、
復讐を果たすために潜伏し、アルカムルドに近づくのが目的であった。
アルテミスとの激戦により一度は死亡するが、
その魂は剣と盾になり、アルテミスがそれを使ったことで復讐は果たされた。
以後はアニマロイドの肉体を獲得して復活、アルテミスらと行動をともにしている。

本編終了後に登場したセリアス人

主に第二次侵略戦争編から新たに登場したセリアス人。

ラー
ジャガー形のセリアス人でセクメトの兄。イデア連合軍に協力している。
主力武装はビームライフルだが、接近戦用にアックスも備える。
遠近ともバランスが取れた戦士。

PRWXOにおいてはオーバー・ブレイカーズに所属。

ナワルピリ
クロヒョウ形。セリアス星滅亡時に虚竜軍の戦力として戦っていたが、
アルカムルド戦役時に瀕死の重傷を負い、そこを通りがかった泰牙丈に助けられて以来、彼に付き従うようになる。
普段は寡黙だが戦闘になると残忍。武装はビームマカナ。

カリカ
カラカル形。遊星解放軍、虚竜軍と渡り歩き、数多くの戦士を葬ってきた。
現在の所属はネオ・イデア。残忍な手口で相手を葬り、破壊と殺戮を好む歪んだ性癖を持つ。
武装は超振動ジャマダハル。

フリガータ
ペンギン形。イデア連合軍に所属していたらしく、
アルカムルド戦役時は後方支援を担当したが、第二次侵略戦争の際にソルファング隊に所属。
武装は140mmライフルなど。

しかし、彼の出身部族は防人気質が強く、また彼自身、先の大戦でPTSDに近い症状を患ったためにソルファング隊を離脱、以後は潜水士として活躍している様子。
最近はカリカをナンパしているようだが?

ディスノミア
コヨーテ形。虚竜軍に所属しており、敵対する勢力をいたぶりながら回っていたが、
アルカムルドが倒されたことで居場所がなくなり彷徨っていたところカリカと出会い、
そのままネオ・イデアに所属する。

ニケ
アルテミスの古い友人でオオカミ形。ビームハンドマシンガンとビームナギナタを使いこなす。
今回の第二次侵略戦争で、同胞の危機に駆けつけた。民間義勇軍所属。

遊星解放軍所属のセリアス人

民間義勇軍に所属する者の活躍が目立つセリアス人だが、
中には遊星解放軍に所属している者もいるようだ。

アレス
おそらくキツネ形。「稲妻の巨人騎士」の名乗りを上げていることから、遊星軍騎士であると思われる。
第2章終盤、僚機を引き連れクシリナ砂漠に出現しているが、その後の戦績は一切不明。
出オチ臭溢れる悲しk・・・もとい、色々と謎の多いセリアス人である。

イドゥン
詳細不明。遊星解放軍幸福家庭計画局が、遊星軍騎士アルクス・クリフォンに紹介した相手。

スノトラ
イドゥン同様詳細不明。遊星解放軍幸福家庭計画局が、遊星軍騎士アルクス・クリフォンに紹介した相手。

セリアシップ

セリアス人が外宇宙へ向かう際に乗り込む宇宙船の総称。

グランノヴァ
大戦前にサクヤが乗ってきたセリアシップ。
イデア到着後に改修されて武装類が取り付けられた。

ソルファング
ラーが乗ってきた戦闘用のセリアシップ。
イデア連合軍により改修され、戦闘母艦としての機能を与えられた。
ソルファング隊の部隊名はこれに由来する。

セリアス人がイデアに与えた影響

元々が巨大な機械生命体ということもあり、
そのポテンシャルの高さに着目したイデア人の手により、
様々な分野でセリアス人の身体構造や、セリアス人由来の技術等が応用されている。

例えば、民間義勇軍に出資する巨大企業連合のひとつ、天翔寺コンツェルンでは、
サクヤが持ち込んだセリアス人の身体構造を解析した結果として、
ダイドランなどの特機や、セレーネやネフェルトゥムといった次世代型量産機が生み出されている。
他、タキオンを利用した各種ビーム兵器の実用化にも、影響を及ぼしているようだ。

PRW3における登場

なお、PRW3においては、本企画中に登場することはなかったが、所謂アフター企画(PRW3アフター)においては先述のセクメトが出張している。
が、「ゲスト出演」に近い扱いであり、本格参戦はないだろうと思われた。

…しかし、CC外伝において参戦が確認された。

アストレア
PRW3アフター「CC外伝」参戦。コヨーテ形。ビームクレイモアを操る。

関連タグ

PRW2/民間義勇軍/イデア連合軍/遊星解放軍/虚竜軍/ネオ・イデア/そして食材へ

もしかしたら>ケモノ/巨ケモ/ケモロボ

pixivに投稿された作品 pixivで「セリアス人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47867

コメント