ピクシブ百科事典

セリエA

せりえあー

セリエAとは、イタリアにおけるプロ一部リーグの総称である。
目次[非表示]

概要

セリエAとは、先に記述した通り、あらゆるプロスポーツの一部リーグの事を指す。以降、セリエB・セリエCとなっている。
日本においては、サッカーのセリエAが特に有名で、それ以外のスポーツでもセリエAが用いられている事を知る人は少ない。
かつては豊富な資金力とイタリア人気質の超放漫経営が組み合い、世界オールスター軍団ともいえる最高峰のリーグだったが、イタリア国内の根深いマフィア問題とも無関係ではいられず八百長問題の発覚と放漫経営のツケにより低迷、経営健全化途上のクラブも多いがそれでも欧州3大リーグに数えられる名門リーグである。


歴代の名選手

ジュゼッペ・メアッツァ:現在のインテルに所属していた、初代サッカーセリエA得点王。その功績を讃えてインテルのホームスタジアムは、ジュゼッペ・メアッツァと呼ばれている。

ミシェル・プラティニ:かの大皇帝・ナポレオンになぞらえて、将軍と呼ばれたフランスサッカーの中でも、屈指のファンタジスタ。MFでありながら、リーグ得点王に輝くなどそのプレーは今でも語り草。

マルコ・ファン・バステン:90年代のACミランにおいて、ルート・フリット、フランク・ライカールトと共にオランダトリオとして、伝説的な活躍をした。

ロベルト・バッジョ:今も至高のファンタジスタとの呼び声の高い、ポニーテールと口周りのヒゲがトレードマークのイタリア人。数少ない、インテル・ACミラン・ユベントスのイタリア3大名門クラブに全て所属経験のある選手。

パオロ・マルディーニ:高額の移籍金が発生する昨今のサッカー界において、数少ない単一クラブで選手生活を全うした、ACミランの生ける象徴。現役時代での背番号は現在欠番扱いだが、下部組織に所属する息子がプロデビューする際に、受け継がれることが内定している。

主なチーム

インテル

ミラノに拠点を置く強豪。ユニフォームのカラーになぞらえて、愛称はネッラズーロ(黒と青)。長友佑都が所属している。サポーターの総称はインテリスタ。
イタリアのクラブチームなのに、イタリア人選手が極端に少ない。酷い時はスタメン11人全員が国外選手という時も。

ACミラン

インテルと同じスタジアムを拠点とする強豪。愛称はこれもユニフォームのカラーになぞらえて、ロッソネロ(赤と黒)。サポーターの総称はミラニスタ。インテルとの直接対決はミラノダービーと呼ばれ、ファッションの街が赤と青の2色に染め上がる。
現在UEFAチャンピオンズリーグの制覇回数が、全所属クラブの中でも第2位。(第1位はスペインのレアル・マドリー)
2013年、ACミランのフロントより本田圭佑がCSKAモスクワより完全移籍する事が述べられた。

ユベントス

2006年のカルチョスキャンダルの発端となった、かつての名門。サポーターはユベンティーノと呼ばれる。スキャンダル発覚前まで、2部転落を経験してないチームだった。

ASローマ

かつて中田英寿も所属した首都ローマの名門クラブ。サポーターはロマニスタと呼ばれる。同じ都市にライバルチームのラツィオが居り、ミラノダービーよりも過激度が上。

関連タグ

サッカー イタリア 長友佑都 インテル・ミラノ

pixivに投稿された作品 pixivで「セリエA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21709

コメント