ピクシブ百科事典

セルシウス

せるしうす

「テイルズオブシリーズ」に登場する氷を司る精霊(大晶霊)。メインイラストに描かれているのは左がテイルズオブエターニア、右がテイルズオブシンフォニアのセルシウスである
目次[非表示]

概要

 おおよその共通設定として、を司る霊的存在であり、格闘技を得意とし、拳打に凍気を組み合わせた技(魔術)を主な戦法としていることが挙げられる。
 各作品ごとにデザイン・設定が違う。
 ちなみに語源は、温度の単位(セルシウス度と呼ばれ、記号は℃/°C)かと思われる。温度の単位の「セルシウス度」は天文学者アンデウス・セルシウスが由来であり、用語の由来に天文学用語の多いエターニアならではの命名と言えるだろう。

 テイルズオブシリーズに複数存在する精霊の1人であり、マザーシップタイトル作品ではレギュラー要因ではないのだが、彼女のみ非常に人気があり、サブキャラの中でも人気投票での結果が凄まじい。そのためか外伝作品にも多数出演しており、レギュラーかつプレイヤーキャラの座を勝ち取っている。

出演作品

テイルズオブエターニア
CV:野田順子
 この作品で初登場。セレスティアに存在する大晶霊。長髪で人間の少女に近い外見。
 暑苦しいアプローチをしてくるイフリートが苦手としている。しかし彼女はこの事を「大晶霊にあるまじき行為」と恥じているようだ。
 グランドフォールの悪影響で力が暴走していたため氷晶霊の山の麓の町を凍りつかせていたが、リッド一行の活躍により正気を取り戻し力を貸すこととなる。このとき一行にフリーズリングを授けてくれる。
 主な技は凍刃十連撃、獅子戦吼、フリーズランサー。召喚術で呼び出した際は大きな水色の狼(おそらくフェンリル)とともに出現、咆哮で敵を吹き飛ばす。
 余談だが、シンフォニアが出た後の人気投票ではエターニア版のイラストが採用されたり(しかも並みいるキャラクターを押しのけて4位に入る。この人気投票以降もサブキャラクターの立ち位置のわりに高順位をキープ)、なりきりダンジョン2では隠しボスとして登場するうえに女主人公専用の衣装として登場し、声もちゃんと野田女史のものを使うなどかなり優遇されているくらい人気が高い。なんだこの国。
 エニックス出版の4コマ作家陣からも人気が高いようで、頻度高く登場している。

テイルズオブシンフォニア
CV:水城レナ
 テセアラの精霊であり、呼び名は「蒼ざめし永久氷結の使徒」。
エターニアの青いロングヘアから黒のショートヘアとなった。性格はクールで、対をなすイフリートと仲が悪い。
 フェンリルという狼と共に戦う。

テイルズオブレジェンディア

セルシウスちゃん


CV:水城レナ
短髪の女格闘家の容姿をしている。

テイルズオブエクシリア

セルシウス(TOX)


CV:平田宏美
太古に死亡した大精霊の化石から再生された源霊匣(オリジン)。
褐色の肌を持ち、片目が氷に覆われている。

テイルズオブザワールドなりきりダンジョン2(出典設定:エターニア

テイルズオブファンダム vol.2
CV:水城レナ

テイルズオブザワールドレディアントマイソロジー2(出典設定:エターニア
CV:水城レナ
 ガレット村に住まう氷の精霊。世界樹に関わる存在であるために本編で起きる状況を深く把握できる存在でもある。
 古くから行われている「穢れ流し」という「負の想念」を世界樹へ送り込むという儀式に力を貸していた。
 ある日、世界樹の力が弱まっていることと、それによりディセンダーがこの世に現れたことを察知する。ガレット村のアニーにディセンダーの捜索を頼み込む。
 しかしその後、世界樹が傷つけられて「負の想念」の浄化作用が急激に弱まってしまい、セルシウスも負の力に冒されて正気を失ってしまう。やがて駆けつけたアドリビトムのギルドによって助けられ、セルシウスから主人公の正体がディセンダーであることが明かされるようになる。

 ディセンダーのおかげで正気に戻ったセルシウスであったが「負の想念」に冒され過ぎたために人間に近い身体となってしまう。そのために精霊界へと変えることが出来なくなってしまい「負の想念」を送り込む力も失ってしまう。
 帰る場所を失ったセルシウスはディセンダーの所属するアドリビトムのギルドに参加し、氷の精霊としての力を以って手助けをしてくれるようになる。さりげなくその能力を食物冷凍に利用されていることもある。

 性格は至って生真面目であり、口調や態度から文字通りのクールさを見せつける。

テイルズオブザワールドレディアントマイソロジー3(出典設定:エターニア
CV:野田順子

関連タグ

テイルズオブ テイルズオブシリーズ 精霊
TOE TOS TOX

pixivに投稿された作品 pixivで「セルシウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 494585

コメント