ピクシブ百科事典

セレビィ

せれびぃ

セレビィとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.251
英語名 Celebi
ぶんるい ときわたりポケモン
タイプ エスパー / くさ
たかさ 0.6m
おもさ 5.0kg
とくせい しぜんかいふく


※しぜんかいふく:バトル場から引っ込めると状態異常が回復する。

図鑑説明

ポケットモンスター金・ポケットモンスターリーフグリーン・ポケットモンスターハートゴールド
じかんをこえて あちこち さまよう。セレビィが すがたを あらわした もりは くさきが おいしげるという。

ポケットモンスター銀・ポケットモンスターファイアレッド・ポケットモンスターソウルシルバー
セレビィが すがたを けした もりのおくに のこされた タマゴは みらいから もってきたもの らしい。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
もりのかみさま として まつられる。きれいな もりが あるところ そこに セレビィは あらわれる。

ポケットモンスタールビー・サファイア エメラルド
ときを こえ みらいから やってきた ポケモン。セレビィが すがたを あらわす かぎり あかるい みらいが まっていると かんがえられている。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール
じかんを こえる ちからを つかう。へいわな じだいにだけ すがたを みせると いわれている。

概要

名前の由来はローマ神話の豊饒の神『セレス』もしくはロシア伝承の畑の妖精『ポレヴィーク』辺りだろうか。
初代ポケモンのバグ技『セレクトBB』という説もあるが定かではない。

時を渡り歩く力を持ち、未来からやってくるポケモン。セレビィが姿を表すということは単純にそこの未来がセレビィの生きられる「綺麗な森」がある環境であるということである。そういう意味ではある程度約束された緑豊かな未来が待っているのだろう。
平和な時代にだけ姿を見せるらしいが、悪の組織や伝説のポケモンが短い期間で定期的に大暴れしてる現代は果たして平和なのだろうか・・・?
なお、現在の所唯一の「セ」から始まるポケモンである(「ゼ」はゼニガメなど数匹いる)。

時間を越える能力を持つ。アニメ・映画ではオリジナル技「ときわたり」として処理されており、歴史を変えてしまうほどの力を持つ。
だが基本的に二次創作が中心で、『ポケダン時闇』や『ポケスペ』、映画などで描写されていた。本編でその力を発揮したのはハートゴールド・ソウルシルバー』での配信イベントが初である。

基本的に「時」に関する話の時には登場する。同じ「時」に関係するポケモンでディアルガが居るが、「時そのもの」の化身と比較すると任意に時間を操れるわけではないセレビィが下側である描写がちょくちょく見られる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではDXXにモンスターボールから登場。「そらをとぶ」で飛び去っていく途中にフィギュアを落としていく。ミュウと同じく出現確率が非常に低い。

何を元にしたデザインなのかは不明。タマネギ、またはラッキョウのようにも見える。
ハクサイともいわれている。→セレビィ白菜説

ゲーム上の特徴

初登場の『ポケットモンスター』(第2世代)からすでに幻のポケモンなのだが、配信・プレゼントの類が1世代(ほぼ)1回と非常に限られているため、どうも幻のポケモンの中では影が薄い印象がある。

第2世代:次世代ワールドホビーフェアでの配信を中心に一部のみ。
第3世代:「ポケモンコロシアム」(日本版)の予約特典拡張ディスク(無限回収可能)。それを除けば2006年に開催されたイベント「ポケモンジャングルツアーズ」のみ。
第4世代:2010年の映画館配信のみ。
第5世代:なし
第6世代:現在の所「ポケモンバンク」配信記念イベント(2013年12月~2014年9月)のみ。

なお、ポケモンをプラモで再現した「ポケプラ」のセットも再販がなされていない。何か呪いでもあるのか。

ちなみに「ポケモンコロシアム」の拡張ディスクはGBAソフト1ROMにつき1匹受け取れる上に使用期限がない為、実質無限回収が可能となっている。機器自体が10年以上前なので摩耗する可能性がなくはないが。そしてセレビィの受け取りは日本版のみで、北米版はジラーチとなっている。
また、第6世代の「ポケモンバンク」セレビィは配布限定には珍しい親名・IDが固定されていない個体。本体1台につき1体であり、送り先のトレーナー名とIDが設定されるようになっている。ちなみにこの個体、受け取った瞬間に個体値や性格が決まる上に貰うのは一回きりなので個体値はおろか性格すら厳選が不可能である。

対戦での性能としては、ミュウ等々と同じく種族値がオール100である。
固有の専用技はない。「ときのほうこう」あたりを使えてもよさそうである、使うかどうかは別として。
というか時間を渡るという設定が活かされたことが戦闘面では一切無い。伝説のポケモンも専用技を貰うことが多い近年、いつかスポットが当たれば貰えるだろうか……

専用技がない上にタイプも弱点が最多の7つうち1つは4倍弱点となる「くさ/エスパー」である。
その為様々な伝説ポケモンと比較されがちで、特に同じくさタイプで優秀な専用技を持つシェイミの存在が辛い。
数少ない個性としては、第4世代配布限定個体のみ覚えられるわるだくみほろびのうた」「ふいうちなど。
いずれも他の伝説ポケモンでもできてしまうが、技の揃い自体はよいので技構成や持ち物でどうにか差別化を図りたい。
地味に「つるぎのまい」と「わるだくみ」のどちらも使えるので物理特殊どちらでも戦えたりする。

映画でのセレビィ

2001年の映画「セレビィ 時を越えた遭遇」では主役…だが、初っ端からハンターに捕獲されかけ、時を越えて逃げてもその先の時代でも狙われ、あっさり捕獲されてしまう。
声は「杉山佳寿子」。のちにカントーの四天王キクコ役などを担当。
使用技:まもる(冒頭のストライクに攻撃された時に使用)、やどりぎのタネ(敵意を感じた相手に使用)、サイコキネシス(サトシ、ピカチュウ、ユキナリに使用)、いやしのすず(カスミに使用)、リーフストーム?(セレビィゴーレム化に使用、ただしこの当時この技は存在していない)、はかいこうせん(セレビィゴーレム時に使用)、ときわたり

2010年の映画「幻影の覇者 ゾロアーク」でも狙われ、そして捕らえられる。
しかも両方の映画で殺されかける。この子が何をした。
しかし、セレビィが時間を移動する際に出るエネルギーは膨大であり、双方の映画において主役ポケモンを死の淵から呼び戻している。時間を移動している間は強いということなのだろうか?

ちなみに、2010年の映画のセレビィの声優は、ツンデレキャラを多く演じる釘宮理恵氏。後述のツンデレイメージを加速させることに。
また、映画や『BW』でのイベントからか、ゾロアと仲良しであるイラストが多い。

ともだち



ポケダンでのセレビィ

本編での扱いが不遇な反動か、ポケダンではかなり優遇されている。

救助隊』シリーズでは最終鬼畜ダンジョンと名高い「清らかな森」の99Fにひっそりと住んでいる。
ちなみに99Fに辿り着いても戦闘にはならず、話しかけるだけで仲間になる。

探検隊』シリーズでは主要キャラとして、本編ではまともに手に入りそうもない色違いの「ピンクのセレビィ」がいる。
そのセレビィがツンデレな性格のため、「ツンデレビィ」「デレビィ」とファンから呼ばれている。
その他、詳しい概要は「デレビィ」の項を参照。

桃セレグッズが欲しいんだぜ



超ポケダン』では通常セレビィと上記ピンクのセレビィとの2種類が登場するという優遇ぶりを見せている。
通常セレビィは「神秘の森」に住んでおり、調査団の協力者としてシナリオに関わることになる。
ピンクのセレビィはどうやらある人物が探しているらしいが……。

関連イラスト

びーなっつ



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
ミュウ  ジラーチ マナフィ シェイミ ビクティニ
金銀 伝説ポケモン 幻のポケモン
デレビィ ジュプセレ ゾロア

pixivに投稿された作品 pixivで「セレビィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1982136

コメント