ピクシブ百科事典

センコロール

せんころーる

漫画家、イラストレーターの宇木敦哉監督による劇場用個人制作アニメーション。アルファベット表記で『CENCOROLL』。
目次[非表示]

概要

漫画家イラストレーターアニメーター宇木敦哉氏の原作監督脚本によるアニメ映画2009年8月22日に公開され、平成21年度第13回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/短編に選ばれた。
劇場公開版とは別にトレーラーバージョンが存在し、劇場版と登場人物・基本設定は同じようだが、世界観や絵柄の雰囲気など若干印象が異なる作品になっている。

題名の由来は「センコ」を「コントロール」で「センコロール」。作中の舞台は北海道札幌市がモデル。
続編の企画の話はされていたが、2014年3月に正式に『センコロール2』が発表され、7月に公開予定。

ストーリー

街の高層ビルの上に突如巨大な「怪獣」が出現し、街中は騒然とする。時を同じくして、女子高生・ユキは同じ学校に通う男子生徒・テツの秘密を知ってしまう。彼は謎の生物「センコ」をペットのように連れていた。
かれらに興味津々のユキだったが、同じように謎の生物を従えた少年・シュウが現れ、テツとシュウの戦いが起こる。巻き込まれたユキは自らも彼らの戦いに深入りしていく。

登場キャラクター

  • センコ

テツが飼う謎の怪物。ワゴン車ほどのサイズの大福みたいなやつだが、テツが人目を避けるために変身させていることが多い。自転車に化けていたところ、目玉をユキに見られて正体がバレる。
食べたものに変身することが出来るため、テツに物騒な物も与えられているらしい。



常にけだるそうにしている少年。名字はアマミヤ。
センコの飼い主で、ビルに現れた怪物を従えようと行動を起こす。
肝は据わっているようで、喧嘩を売られても怯まない。自身の目論見に図らずもユキを巻き込んでしまい、センコとの関係にも変化が……

てつとせんこ



好奇心旺盛で活動的な少女。
ひょんなことから怪物・センコと飼い主のテツに出会い、センコのことを黙っている代わりに「口止め料」を要求する図太さをもつ。テツやセンコといるところをシュウに見られ、不本意ながらも怪物同士の戦いにかかわることとなる。

内部



怪物を連れた少年。目つきの悪さはテツと大差ない。
他の怪物を探しており、目ぼしい相手をおびき出すためにマメタンを目立つ場所にワープさせた。釣られてやって来たテツが従えるセンコを狙って、荒っぽい手を使う。

シュウとかに



  • カニ(仮称)
シュウの飼う怪物。四足のUFOのような見た目で、大きな口にシュウを収めて人知れず街中を移動する。光学迷彩のように姿を消すことが出来る。

シュウ



  • マメタン(仮称)
シュウの飼うもう一匹の怪物。とても巨大で、ビルの屋上を座っただけで占有できる。ワープ能力を持っているが、劇中では他にこれといった活躍は見られない。

ユキの友人で同級生。やや変わった趣味のユキと仲良くやっており、センコに出会って落ち着かないユキを訝りながらも、突っ込んだ事情は聞かない。

センコロール



スタッフ

監督・脚本・作画 - 宇木敦哉
シナリオ・スーパーバイザー - 山下卓
音楽 - ryo(supercell)
音響監督 - 岩浪美和
エグゼクティブプロデューサー - 竹内宏彰/岩上敦宏
プロデューサー - 清家希/南成江
制作 - シンク
製作 - アニプレックス/動画革命東京

関連動画

トレーラー1



トレーラー2



外部リンク

センコロール公式サイト
センコロール - Wikipedia

関連タグ

アニメ アニメ映画 宇木敦哉 札幌市
センコロール100users入り センコロール500users入り センコロール1000users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「センコロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1985524

コメント