ピクシブ百科事典

ゼク・アイン

ぜくあいん

RMS-141「ゼク・アイン(XEKU-EINS)」は模型企画「ガンダムセンチネル」に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

概要

地球連邦軍教導団の青年将校を母体とする反乱軍・ニューディサイズが使用した汎用量産型MS
アインは独語で数字の「1」の意味であり、ゼクシリーズ(Xシリーズ)1番目の機体。行き着くところまで行ってしまったザクの設計思想をもう一度採用することで新世代の汎用量産機を目指す、というコンセプトで開発されている。
かつてペズン計画が行われていたジオンのMS工廠、小惑星ペズンで設計・開発されたためジオン系の技術色が強く、モノアイやブレードアンテナなどにそれが反映されている。しかし、胸部に重点的に装甲を施すなど、いかにも連邦らしい設計も垣間見える。
機体構造こそ無骨で派手さのないオーソドックスな技術でまとめられているものの、骨太で洗練されたクリアランスの機体性能はトータルバランスに優れ、高い完成度を持つ。そして何よりもオプション兵装の豊富さは当時においては群出しており、換装によって種々の専用機並みの性能を得られ、1機種で幅広い運用が可能となるのが本機体最大の特徴である。

基本兵装

  • 第1種兵装:通常ビーム兵器携帯仕様。両肩にプロペラントタンクやランディングデバイスを装備。主兵装はグレネードランチャー付きのビームライフル。かなりの軽装。
  • 第2種兵装:長距離攻撃(遠射ガンナー)仕様。左肩にディスクレドームをセットし、ビームスマートガンを持つ。劇中でも数万kmの距離でFAZZと射撃戦を繰り広げた。
  • 第3種兵装:要塞戦仕様。実体弾を使用。マウントラッチ兼用シールド、マシンガン(肩部ドラム弾倉から給弾ベルトで弾を供給するタイプ)、クレイバズーカなどを装備。
  • その他:ビームカノン搭載用、マインレイヤー用、月面降下用などの兵装があり、ミッションによってミサイルランチャー、スモークディスチャージャー、クラブなどのオプション武装を使い分ける。


この『換装による多機能性』というコンセプトは当時としては非常に斬新で、後の宇宙世紀ではガンダムF90の換装システム、また別軸では「機動戦士ガンダムSEEDストライクガンダムのストライカーパックや「機動戦士ガンダムSEEDDESTINYインパルスガンダムのシルエットシステム等に多大な影響を残している。

関連イラスト

ゼクアイン


ちなみに、これは第3種兵装である。

後継機

RMS-142 ゼク・ツヴァイ
RMS-143 ゼク・ドライ

関連タグ

ゼク・ツヴァイ ゼク・ドライ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼク・アイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37165

コメント