ピクシブ百科事典

ゼットン

ぜっとん

ウルトラシリーズに登場する怪獣で、別名宇宙恐竜。初代『ウルトラマン』の最終回に登場し、あろうことか圧倒的な実力でウルトラマンを斃した歴代でも随一の強豪。 現在もなお、ウルトラ怪獣における怪獣部門『最強』の代名詞として君臨する人気怪獣。
目次[非表示]

概要

初代

勝利


ウルトラマン最終回に登場した。
ゼットン星人の切札。
ウルトラマンの攻撃を一切受け付けない凄まじい戦闘能力を持ち、放つ火球(メテオ火球)は一兆度というムチャな火力を誇る(ちなみに現実でそんな温度の炎を放つと地球そのものが一瞬で焼失する)。
さらにバリヤー、テレポート、光線を吸収して反射するなどの多彩な能力を持っている。
ウルトラマンの放ったスペシウム光線を吸収・反射することで彼を殺害したが、その直後『こんなこともあろうかと』用意されていたペンシル爆弾によって爆死した。
小説版では『早く育てゼットン』というゼットン星人の台詞があり、ウルトラマンを倒すために生み出された怪獣であるのかもしれないと推察できる。
漫画版ではゼットンの養殖も行われていたようで星単位でのゼットンが量産されていた。
が、戦闘力は落ちるのかゾフィー隊長によって薙ぎ払われて全滅させられた。

モチーフはカミキリムシ(漫画「ウルトラマンSTORY0」ではクワガタムシモチーフのゼットンが登場する)。黒・銀のカラーリングは、メフィラス星人と同様、ウルトラマンに対するアンチテーゼである。
ネーミングは、ラテンアルファベット最後の文字である「Z」と、ひらがな最後の文字である「ん」の合成。
最強・最後の怪獣に相応しいネーミングである。

明確な鳴き声はなく、「ゼットーン」という唸りのような声と「ピポポポポポ」という電子音のような声を発する。
その表情を読み取れない無機質な顔と圧倒的な戦闘能力も相まって強烈な印象を残した。
「初めてウルトラマンを倒した怪獣」というインパクトは強烈で、数多のウルトラ怪獣の中でも屈指の知名度、人気を誇る。

2代目

ゼットン2代目


帰ってきたウルトラマン」最終回にも別個体が登場。
かつての最強怪獣を倒し、最強のヒーローとなる新マンにとっては重大なシーンだったのだが……

この2代目ゼットンの着ぐるみは造形がたいへん悪く、太っちょな体型になっているうえに色も初代の深みのある黒と異なり、薄汚れたグレーっぽくなってしまっている。
そして何より角にいたっては芯が入っておらず、動くたびにぶよぶよと揺れるという、シャープな初代ゼットンの不気味な強さとは程遠い醜態をさらすハメになってしまった。

実際の戦闘ではウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)と互角に渡り合う……と思ったらすぐに劣勢になってしまった。
その後、バット星人がジャックの足を引っ掛けて転ばせたことで一時的に追い詰めるも、すぐにバット星人が倒されあっさり形勢逆転。
そしてウルトラハリケーンで上空に投げ飛ばされた後、初代ゼットンには効かなかったはずのスペシウム光線で粉砕された。
……ちなみに、後付けながら「パワーを強化しすぎてバランスが崩れ、戦闘力が落ちてしまった」という情けない設定が付けられている。

ファンからの蔑称は「ゼッ豚」・「ゼットソ」など。
「ゼットン」の肩書とその実態とのギャップから見事なまでのヘタレキャラを確立しており、「ダメな子ほどかわいい」ということか、一部から妙に愛されてしまっている。

また、唯一このゼットンのみ「ゼットーン」と上げず、「グオー」という唸り声を上げる。

パワード版

パワードゼットン


ウルトラマンパワードでは、パワードゼットンとしてアレンジされたものが登場している。
体が細くなった代わりにやたら頭が大きくなっており、背中からは硬そうな翼が生えている。
設定では大きさが99mだが、どう見てもそんなにでかくない。
サイコバルタン星人がパワードとパワードドラコとの戦闘データを元に調整を施し、光線吸収・反射能力を付与されている。しかしパワードドラコが前面にしか光線攻撃を受けていなかったため、背後(背中)には光線の吸収、反射能力が備わっていないのが弱点。
劇中、得意の光線吸収・反射でパワードを苦しめるが、上記の弱点を突かれ掟破りの光線連射によって敗北する。
敗れはしたものの、結果的に相打ちに追い込んだのでウルトラマン抹殺の仕事はこなしている。また演出面ではパワード怪獣特有のゆっくりとした動きがゼットンの威圧感を高めており、飛び掛かるパワードを掌底で軽く弾き飛ばす仕草は武道の達人を思わせてラスボスの威厳は十分にある。

マックス版

ウルトラマンマックスでは、再びゼットン星人に操られて登場。
バリヤーに「ゼットンシャッター」という名前が付けられており、初代に勝るとも劣らない強さでマックスを苦戦させる。
その戦闘シーンは絶望感あふれるBGMや夜に映える爆炎の演出など評価が高い。
ウルトラマンゼノンの介入で最終的には(新アイテムを使った真っ向からの力押しで)倒されることになるが、ゼットンとの戦いはあくまで前半戦だったりする。
後半戦の相手は……

メビウス版

ウルトラマンメビウスでは本物は出ておらず、プログラムデータとして登場する。
新たなマケット怪獣の候補として初代のゼットンのデータを元に作られたが、暴走したことでバーチャル世界でメビウスと対決。
バーチャル空間とはいえ戦闘能力は健在であり、マケット怪獣の他の候補であったグドンを倒したりもしている。
デジタルデータ化して立ち向かうメビウスも苦戦させたが、同じくデジタルデータ化したマケット怪獣ウィンダム、ミクラスのサポートを受けて次第に劣勢になり、最後は至近距離から光線を直接叩き込む必殺技、ライトニングカウンター・ゼロによって撃破された。
暴走した原因は、トリヤマ補佐官がプログラムが入ったカプセルを床に落っことしてしまったことだったりする。
(ただし落とした程度で暴走してしまうという時点で遅かれ早かれ暴走していたことが予想され、何者かの策謀が介在していたという説もある)

ちなみに本物のゼットンがメビウス本編に登場することは最後までなかったが、代わりに映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の前日談ストーリーという設定のPSPソフト『ウルトラマン Fighting Evolution 0』の通常ルートにてヤプールの協力者の1人であるババルウ星人ウルトラ兄弟地球へ誘き寄せるために地球へと派遣され、プレイヤーとなるウルトラ戦士たちを一網打尽にし、その後、プレイヤーと対決する。
そして敗北後、ババルウ星人に最強の力としてその力を吸収されてしまった。

ギンガ版

ウルトラマンギンガの番外編に登場。マグマ星人が隠し玉として闇の支配者に黙ってくすね取っていたスパークドールズ。マグマ星人がダークライブした後、降星町を一兆℃の火球で消し飛ばそうとするが、ウルトラマンにウルトライブした千草とウルトラマンティガにウルトライブした健太に阻止され、まで運ばれ対峙する。

当初は2人の息の合った連係攻撃に終始劣勢だったが、ライブしていたマグマ星人が分離し、加勢したことで優位に立った隙を突き、彼の命を受け再び宇宙空間から降星町を一兆℃の火球による超遠距離砲射撃で襲おうとするが、またしても2人に阻まれて失敗してしまった。
最終的には駆けつけたギンガのギンガクロスシュートをマグマ星人共々浴びせられ敗北。スパークドールズに戻った後、ギンガによって宇宙に運ばれていった。

如何せんギンガ世界のお話だったこともあり、強豪であるはずのゼットンが終始劣勢だった点はブラックエンドに共通するものがある。まあ最初はウルトラマン2人がかりというハンデキャップ戦だったのでまだいい方だが、それを抜きにしてもギンガにはマグマ星人と2人がかりでも終始圧倒されていた。ほかにも、マグマ星人が自分の身を護るために盾にするもバリアがあっさり破られたりと、なんかしまらない活躍だったこともあるが…。

ザ・ウルトラマンメビウス版

メビウスが地球へと赴任する前の出来事を描いたメビウスのDVD付属のイラストノベル『ザ・ウルトラマンメビウス』(何故かばら売りのみにしか付属していない‼何故だ!?)では養殖物のゼットン軍団が登場する。

設定によればジャックの最終回の後、光の国に仕掛けた戦争で大敗を喫した(全然懲りていない)バット星人(ウルトラマンサーガに登場したエリートではなく一般(?)のバット星人)たちが再びウルトラの星を襲撃するため、最も厄介なウルトラ兄弟を不意打ちするため、大量に生産したそうで、手始めに一人で宇宙空間をパトロールしていたメビウスに多数で襲い掛かるというゼットンの強さを知っている者にとっては悪夢のような展開に戦慄を覚えた……。

と、ここまでは良いのだが、帰ってきたウルトラマンの最終回を知っている人たちは、引き連れているのがバット星人で、しかもゼットンが養殖物ということで、一抹の不安が過ったのも確か。

そして案の定、所詮養殖物、この悪夢の危機にさっそうと駆けつけたウルトラマンに一体が瞬殺されたのを皮切りに、次々に救援に駆けつけたウルトラ兄弟たちによって倒され全滅してしまうというバット星人の無能っぷりかつゼットンの名を汚すという大罪まで犯してくれやがりました‼
ゼットン涙目どころか、何ともやりきれなさを感じさせる…。

大怪獣バトル版

ケイトが操る中で最強の怪獣として登場し、本作のラスボスを務めた。
従来の能力に加え身軽な動きで格闘を行い、2代目とは別の意味で初代ゼットンのイメージを覆した。
また、続編のNEOではナックル星人の操るガルベロスが、質量があるとしか思えないゼットンの幻影を作り出していた。
さらに大怪獣バトル版以降、「EXゼットン」というゼットンの強化形態が登場するようになる。
後に『ウルトラ銀河伝説』に百大怪獣の一角として出現するが、ウルトラマンゼロのゼロスラッガーで倒される。

EXゼットン

EXゼットン


身長:66メートル
体重:3万3千tトン
出身:不明(※炎の谷)
※OVDゴーストリバースの個体

初出はアーケードゲームである「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」シリーズのオリジナル怪獣でレイブラッド星人との戦いと決着を描いたストーリーのラスボスにあたるゼットンの強化形体。

ちなみに大怪獣バトルに登場するEX怪獣は元々はゲーム「ウルトラマンFER」に登場したものの使いまわしだが、EXゼットンは登場しておらず、大怪獣バトルオリジナルの強化バージョンである。

オリジナルのゼットンよりも更に重厚かつ、ボリューム感あふれるデザインとなっており、昆虫のような外観はさらに虫様な部分が強調された上に、人間に近いようなフォルムが禍々しく、さらに頑丈さを増した甲殻と鋭利なクロー、発光体の数の変化など全身のスタイルが思いっきり変わってしまったため、初代のシャープかつシンプルな姿が好みのゼットンファンは少し抵抗を覚えるか、黒歴史になったかもしれない。

その代り、その戦闘力はオリジナルよりも大幅に上回っており、一兆度の火球が連射可能となったり、それすら上回る百兆度の火球(一体どんなもんやねん)「トリリオンメテオ」及び「100トリリオンメテオ」までも発射可能というチート強化が施されており、その他、飛行能力や背中からのジェット噴射で猛スピードで飛びまわる能力、ジェット噴射で飛んだ際に体当たりしながら放たれた炎で敵を焼き尽くす「ゼットンバックファイア」という技まで追加されるというまさに至れり尽くせりのチート性能っぷりを披露してくれた

主な活躍

ゲームの設定では「自身の後継者を選ぶレイオニクスバトル(大嘘)」において自身の復活が万が一果たされそうにない事を想定し、その保険として予備の肉体とするために、カネゴン(RB)のバトルナイザーに『ウルトラギャラクシー』でケイトが操っていたゼットンの遺伝子を密かに組み込み、プレイヤーである主人公達(マンガでの名称はアサマ・アイ)の戦いで生じた莫大なエネルギーを吸収させることで進化させ誕生させた存在として登場。

そして「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO」のストーリーモードの終盤において遂にレイブラッド星人の手により降臨、星人が憑依した状態で主人公達に襲いかかる。
しかし、返り討ちに遭ってしまい、自棄を起こしたレイブラッド星人は最後の手段として一兆度の火球で平行世界を滅ぼそうとする(えええええっ!?)暴挙を行おうとするが、レイモンと共に現れたかつての主人だったケイトの声で正気に戻り、通常のゼットンに戻りながらケイトと共に光の中へ消えていった。
なお、憑依していたレイブラッド星人はその影響で融合をキープできなくなってしまい、消滅、今度こそ完璧に滅び去った。

OVD「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」に登場した個体は怪獣墓場にある「炎の谷」に封印された「ギガバトルナイザー」を守るガーディアンという設定で登場。
炎の谷へ「ギガバトルナイザー」を求めてやって来た者には問答無用で百兆度の火球「トリリオンメテオ」を武器に襲いかかってくる。

何故にこんな普通では産まれてこないゼットンEXがこんな所にいるかというと、詳細は不明だが一説にはウルトラマンキングによって配備されたらしい。多分キングの力で強化された個体か、レイブラッド星人が使役していたのを引っ捕まえてきて無理やり炎の谷の番兵にでもしたのだろう(どっちの理由でも流石は3大チートラマンの一角、何でも出来る)。そんな出自が有るためなのか、その存在はウルトラマンメビウスにも知られていたりする。

「ギガバトルナイザー」を得るためにやって来たメビウスとメカザムに襲いかかり、その圧倒的な力とフィールド効果で2人を追い詰めるが、メビウスとメカザムの連携プレーによってギガバトルナイザーが解き放たれことで、炎の谷に張り巡らされたていた特殊なフィールドが消滅したことで形勢は逆転。最後はメビウスのメビュームブレードとメカザムのソードザンバーによる2段攻撃前に敗れ爆砕し果てた。

ファイヤーゼットン

宇宙超絶恐竜ファイヤーゼットン


別名は「宇宙超絶恐竜
小学館の児童誌連合企画で行われた「ゼットン強化アイデアコンテスト」の最優秀作品である。
その名の通り、炎を思わせるデザインとなっており、左腕が鎌になっているのが特徴。
初代ゼットンよりもEXゼットンに近いデザインである。

ハイパーゼットン

ハイパーゼットン参上!


同名キャラが2種存在するが関連は特にない。
一方はウルトラマン超闘士激伝に、もう一方はウルトラマンサーガに登場する。
詳細はハイパーゼットンの記事を参照。

高田裕三

漫画作品「ウルトラマン THE FIRST」では、バルタン星人の最終兵器として改造されたゼットンが登場する。下半身は蜘蛛そのものであり、その巨体はウルトラマンや護衛艦を遥かにしのぎ、拳一発で数百mに渡ってビル群を倒壊させるなど強さは群を抜いている。
ウルトラマンを強力な火球により葬り去るが、無防備な顔面に科学特捜隊の新型ミサイルを受け爆死した。

ザ・ウルトラマン

漫画作品『ザ・ウルトラマン』では大魔王ジャッカル閣下が変身したという設定で登場。しかも登場したのと同時にウルトラマンをいきなり殺ってくれるという悪夢の展開は、当時の読者のちびっ子たちにとっては(多分)トラウマになったに違いない。
その後、OVDの『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』の後日談である『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス ジャッカル軍団大逆襲』においても「大魔王ジャッカル(2代目)』変身した個体が登場し、その雄姿っぷりを見せ付けてくれた。

ゼットン(変異種)

身長:60m
体重:3万t

ニンテンドーDSソフト『怪獣バスター』およびその完全版『怪獣バスターズPOWERED』に登城するゼットンの強化パワーアップ形体。

時空の歪みから発生する莫大なエネルギーを吸収することにでより強力に進化した個体で、通常のゼットンよりも体色が暗くなり、黄色の発光器官がオレンジ色へと変化、重力操作能力を備えている。

さらにオリジナルとの外見的に一番異なる点は、角がヘラジカのような形になり肥大化し、背中や腕に無数の棘が生えていることである。

更に攻撃方法も一兆度の超高熱火球でなはくブラックホールを生成し、それをプレイヤーに放ち吸い寄せて攻撃する方法に代わっており、乱射されると攻撃が非常に避けにくいといった厭らしさは、その強敵っぷりをプレイヤーに見せ付けてくれる。

最強の怪獣

ウルトラシリーズのどの作品に置いても『最強の怪獣』として位置づけられており(二代目を除く)、ヒーロー物なのに『ヒーローに最低でも一回は勝つことをファンから求められている悪役』という不思議な立ち位置にいる。
ヒーロー物で「無意味に強い敵」というのは基本的にファンの反感を買うのだが、ゼットンに限りそれが許されており、圧倒的な力でウルトラ戦士を追い詰めるシーンが必ず入る様になっている。
逆に、二代目のようにあっさりと打ち倒されてしまう方がファンから反感を買い、ついには偽物扱いまでされてしまうという珍事も発生している。

ネタ

  • 最終回で子どもたちにトラウマを植え付けていったインパクトから早50年近くが経過したが、上記のことも相まって現在でも非常に人気の高い怪獣である。2013年に行われた「ウルトラ怪獣総選挙」でも、あのバルタン星人僅差で勝利して堂々の1位に輝いている
  • 前田日明がプロレスラーを志す動機となった存在であり、何気に日本におけるプロレス総合格闘技の発展に貢献したキーパーソンである(詳しくは当該記事参照)ことに加え、ワイルドアームズシリーズの隠しボスラギュ・オ・ラギュラもゼットンをモチーフとしたモンスターとしてファンの間では一つの語りぐさとなっているなど、各界への影響も計り知れない。
  • 白と黒の体色にオレンジ色の発光器官というパトカーに通じるカラーリングのためか、かっとび!ランドウルトラマングラフィティといったディフォルメ作品では警官役をやっていることが多い。
  • 一方で人気ゆえにいじられやすく、最強の座にいながらイベントや四月馬鹿ではコミカルな面を見せてくれる。
    • ウルトラゾーンでは数話に渡って自らの強さゆえの孤独に嫌気がさし、地球で一高校生として青春しているという不良怪獣ゼットン君が見られる。初見の人は目を疑うだろうが、よくよく見ると学ランとマッチしたカラーリングで、なかなか似合っているような……いないような……。
    • 現在進行中のウルトラ怪獣擬人化計画でもちゃんとラインナップされており、なんとフィギュア用とクリアファイル用で2通りのデザインが用意されている(左がフィギュア用、右がクリアファイル用)。あなたはどちらのゼットンさんがお好みですか?
ゼットン!!ゼットン!!
【どうあがいても絶望】



関連タグ

ウルトラシリーズ ウルトラ怪獣 
ウルトラマン 帰ってきたウルトラマン ウルトラマンパワード ウルトラマンマックス ウルトラマンメビウス ウルトラマンサーガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼットン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 906867

コメント