ピクシブ百科事典

ゼニガメ

ぜにがめ

ゼニガメは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する水タイプのポケモン。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.007
英語名 Squirtle
ぶんるい かめのこポケモン
タイプ みず
たかさ 0.5m
おもさ 9.0kg
とくせい げきりゅう/あめうけざら(隠れ特性)

※げきりゅう:自分のHPが最大HPの1/3以下のとき、みずタイプのわざの威力が1.5倍になる。
※あめうけざら:天気が雨のとき、毎ターン最大HPの1/16回復する。

進化

ゼニガメカメール(Lv.16)→カメックス(Lv.36)

ゼニカメカメ



容姿

小さな亀の姿をしたポケモン
基本的には立ち上がった亀の様な姿をしているが、2足歩行も 4足歩行も出来る。
後ろに小さな丸い甲羅り、同じく丸い尻尾を生やしている。
表現されるメディアによって多少変わるが、肌の色は空色などの薄い青系で、甲羅は茶系、お腹の色はクリーム色をしている。

概要

名前の由来は「銭亀(ぜにがめ:クサガメやイシガメの子供のこと)」

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)で初登場したポケモン。
『ポケットモンスター赤・緑』及び『FRLG』
ゲーム開始時に、オーキド博士から貰う事の出来る3匹の内の一匹。
『ポケットモンスターピカチュウ』では、クチバジムのジムリーダーマチスに勝利後、
アニメにおけるジュンサーらしき人物から譲り受ける事となる、この時『いたずらしていた』とも語られている。
『HGSS』においては、クリア後にある条件を満たすとオーキド博士からフシギダネ・ヒトカゲとの三択で貰う事が出来る。

長い首を甲羅の中に入れて、勢いよく水鉄砲を発射する。この甲羅は生まれた時は柔らかいが、すぐに膨らみ、指でつつくと弾くくらいの弾力性のある甲羅になる。ピンチの時は手足も引っ込めて甲羅の中に隠れて、隙をうかがい反撃する。また、この甲羅は身を守るだけでなく水の抵抗を少なくして速く泳ぐのにも便利である。

アニメにおけるゼニガメ

元はトレーナーに捨てられたゼニガメたちによって構成された非行集団、「ゼニガメ団」のリーダーだったゼニガメが自分をロケット団の攻撃からかばったサトシの仲間に加わる。以降多くのバトルで主力として活躍。「きょだいポケモンのしま!?」での一人称は「オレ」で、ひょうきんな一面を見せていた。フシギダネとは特に仲が良く、旅を続けていくうちに無二の親友となっていた。その事はフシギダネとの別れの時のフシギダネの態度や、再会後に喜び合っていた所からも見て取れる。 ちなみに別個体のゼニガメがシゲルの最初のポケモンだったことがシロガネ大会で判明した。

ゲーム上の特徴

『ポケットモンスター』シリーズにおける特徴
最初に選ぶポケモンの中でも、「ぼうぎょ」・「とくぼう」にやや優れている。また最初のシリーズでは
それほどいい技を覚えなかったが、シリーズが増えていく内に「こうそくスピン」、「あまごい」、「みずのはどう」、「アクアテール」などの良質な技をLvアップで習得可能となった。
その上タマゴわざでも「アクアジェット」、「アクアリング」、「だくりゅう」などの技を習得可能で
かなり扱いやすいポケモンとなった。

カントー御三家の中でも、ストーリー進行が比較的に楽な為によく選ばれるポケモン。

大乱闘スマッシュブラザーズX』における特徴
プレイヤーキャラクターの一人・ポケモントレーナーが繰り出すポケモンの一匹として操作できる。
初心者が扱いやすい様になっており、性能としては素早く、体が小さい為攻撃が当たりにくい。
その分吹っ飛びやすくなっている。ただし、空中操作はしやすく、意外と生き残りやすい。
必殺技として、「みずでっぽう」、「からにこもる」、「たきのぼり」と「ポケモンチェンジ」がある。
「みずでっぽう」はタメ可能で、ダメージを与えない代わりに相手を押し出す。「からにこもる」は勢いよく甲羅ごと相手にぶつかっていく技で、一回だけ受けるダメージを無効に出来る。
「たきのぼり」は、水流で斜めに上る技で、画面外からの復帰や相手に当てると長く連続ヒットする。

関連イラスト

ゼニガメ

 

ぜにぃ



主な使用トレーナー


関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ
ポケモン RGBP FRLG
カメール カメックス メガカメックス

カントー御三家
くさタイプフシギダネ
ほのおタイプヒトカゲ

他のみずタイプ御三家
ジョウトワニノコ 
ホウエンミズゴロウ 
シンオウポッチャマ 
イッシュミジュマル
カロスケロマツ
アローラアシマリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼニガメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2032358

コメント