ピクシブ百科事典

ゼロレクイエム

せかいをだましたせかいいちやさしいおおうそ

ゼロレクイエム。それは、世界一優しい嘘つきがついた……大嘘
目次[非表示]

※以下、『コードギアス反逆のルルーシュR2』本編の重要なネタバレを含みます!閲覧注意!




















概要




シャルルとマリアンヌの計画を阻止し、皇帝になったルルーシュとナイトオブゼロに任命されたスザクが画策した計画。その全容はルルーシュ自身の命を賭して行うものであり、ルルーシュが世界を掌握して独裁することで人々の憎しみを一身に受け、最後はスザクがゼロとしてルルーシュを討ち、人々の憎しみの連鎖を断ち切るというもの。
ルルーシュの信念の一つであり、一話から繰返し表現されてきた

『撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ』

という言葉を体現したものであるといえよう。
この計画を完遂前に知っていたのはC.C.ロイドセシルジェレミア咲世子ニーナと数少ない。ただしルルーシュ討伐直前にカレンは「ルルーシュではないゼロ」が登場したことで(中の人がスザクであることも含めて)計画に気がついたが、拘束されていたため止められなかった。完遂後も知り得る者はルルーシュ=ゼロであったことを知る者に限られる。

(以上、wikipediaより転載・加筆)

具体的には、ルルーシュが「ゼロ」として作った「超合集国」と、シュナイゼルとナナリーから勝ち取った空中要塞「ダモクレス」及び「フレイヤ弾頭」を大きな鍵とした計画である。
「超合集国」は、加盟国全ての軍隊を解体し、独立した軍隊「黒の騎士団」に編入させることで、加盟国間の戦争を回避させる組織体である。「黒の騎士団」は、「超合集国」の最高評議会の依頼の元で軍事的に動くことになっている。この最高評議会の意思決定は、加盟国の代表者の投票によって行われる「民主主義」となっており、加盟国の有効票数は、人口の数によって決まる。
ルルーシュが治める神聖ブリタニア帝国は、20を超える植民地からなる膨大な人口数をもち、「超合集国」に加盟すると、票の過半数を神聖ブリタニア帝国が一手に握ることができる。ルルーシュはこれを利用し、「超合集国」を掌握。その第二代最高評議会議長に就任するとともに、「黒の騎士団」のCEOに就くことで、世界最大の軍事力を手にする。
そして、その優れた軍略と、衛生軌道上から戦略兵器「フレイヤ弾頭」を世界中のどこへでも発射できる空中要塞「ダモクレス」による脅しで、世界中の国々を「超合集国」に加盟させていく。
最終的に、最大の抵抗勢力EUが「超合集国」に下ったことで、ルルーシュは、名実ともに世界をその掌中に治める「魔王」となる。
その過程や、その後の騒乱において、ルルーシュはその権力を振るって独裁を行い、世界中の「憎しみ」を一身に集めた。「ルルーシュ憎し」の言葉と感情のもと、国家・民族・宗教の間にある「不理解」は制された。ルルーシュという絶対的な悪、敵、強者の下では、それ以前の者たちの行った悪事や惨劇など、罰することさえ不要な些末なものとなった。

独裁者。悪逆皇帝。魔王。
嘘と言う名の仮面に隠れ、
手にした反逆の果実は、
怒りと悲しみ。絶望と憎悪。
その全てが、俺のものだ。
世界よ、見ろ。そして、待つがいい。
真実の瞬間の訪れを。

果たして、その瞬間は訪れた。
世界生中継のパレードの最中のこと。文字通り、世界の目の前で、絶対悪「魔王ルルーシュ」を、消えたはずの伝説の英雄「ゼロ」が、手に持つ剣の一突きにて討ったのだ。

ルルーシュは、贖罪としての死を望んだ親友に、「贖罪として、永遠に世界にその身全てを捧げて、生きろ」という願い(ギアス)を託すと、玉座から、最愛の妹ナナリーの元へと転げ落ちた。
今しがたまで憎き敵ですらあった兄の手をとった彼女は、全てを悟り、「愛しています」と、心の底に押し込めていた言葉をかける。ルルーシュは、その声に応えるように、ある誓いの言葉を呟くと、19年の怒濤の生涯の幕を閉じた。
その背に、祖国ブリタニアの国旗と、ルルーシュ自身の血で描かれた、深紅の十字架を負って。

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアは、人々の「明日を望む」願いという名のギアスに自らかかり、「魔王」として、大切な者たちに、そして世界の人々に、命をかけて、「平和な明日を迎えろ」という願い(ギアス)をかけたのだった。

彼の最期の言葉がなんであったかは、是非、本編をご覧いただき、あなた自身の耳で聞き届けていただきたい。

その後の世界には、『世界中の全ての国が加盟した「超合集国」』という「世界が着ける話合いの席」と、『ゼロの指揮する「黒の騎士団」』という「世界でただ一つの正規軍隊」が遺された。
そのゼロの正体は、ルルーシュと志同じくした親友「枢木スザク」であり、彼の在る限り、「黒の騎士団」が道を間違うこともありえない。ルルーシュと同等以上の戦略家である野心家シュナイゼルは、「ゼロに仕えよ」というギアスをかけられ、ゼロ=スザクに下っている。
世界に渦巻く憎しみや悲しみや怒りは、ルルーシュの血とともに清算された。
もう一つの世界の罪の象徴「ダモクレス」は、太陽に廃棄された。

「これで世界は、軍事力ではなく、話合いと言う一つのテーブルにつくことができる。

 明日を迎えることができる。

 それが、ゼロ・レクイエム。」




一人の少年がいた。
彼は世界を変える力を得て、新たな秩序を打ち立てた。
世界は彼を恐れ、憎んだ。
しかし、私は知っている。
彼が、微笑みを浮かべて逝ったことを。
為すべきことを為した者にしか知り得ない、深い満足とともに去っていったことを。
だから、これは悲劇ではないのだ。
それでも、時に、抗いようのない悲しみとともに、涙溢れる夜が来たのなら。
私は謳おう。鎮魂の歌を。

『ゼロ・レクイエム』を。





他媒体にて

第2次スーパーロボット大戦Zにおいては、再世篇正史ルートで再現される。
本作は破界篇から通して、ルルーシュの見せ場がかなり多く、その集大成となる本シナリオも、破格のこだわりが込められた内容となっている。
オリジナルキャラクターの演出、戦闘前会話、グラフィック……そしてその衝撃のラストは、是非実際にプレイして、体感していただきたい。

関連タグ

コードギアス ルルーシュ スザク 世界一優しい嘘つき

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロレクイエム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1785520

コメント