ピクシブ百科事典

ソニックブーム

そにっくぶーむ

物体が超音速移動する時に生じる衝撃波。もしくは格ゲーの必殺技である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 物体が音速を越えて移動する際に発生する衝撃波のこと。本項で解説。
  2. サイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。→ソニックブーム(ニンジャスレイヤー)
  3. ポケモンのわざ。→ソニックブーム(ポケモン)
  4. カートゥーンネットワークで放送されているソニックシリーズのアニメおよびそのメディアミックスとしてSEGAから発売されたゲーム「SONIC BOOM」→ソニックトゥーン


解説

物体の移動速度が音速に近づくにつれ、物体に押された大気が前方に集中・圧縮される。これがいわゆる音速の壁である。この壁はコンクリート壁に匹敵する硬度を誇り、その壁を突破したとき発生する衝撃波がソニックブームと呼ばれている。
また音速の壁を突破すると物体の周囲に真空の膜が形成され、それによって周囲の大気を押しのけ、以後の音速飛行を安定させることができる。そしてその真空の膜によって押しのけられ大気が周囲に暴風となって襲いかかる現象も一般にはソニックブームと呼ばれている。

ちなみにこの空気の壁を突破するために音速戦闘機などには従来の強度を遥かに超える機体強度と、出来るだけ空気抵抗を抑えるためのスマート化が図られた。なぜなら空気抵抗が大きいとその部分を音速の壁に持っていかれるからだ。

また格闘ゲームやRPGにはソニックブームという技がしばしば登場する。これを額面通りに受け取ると音速の壁を突破した衝撃波を飛ばして攻撃するということになるが、音速の壁は前述の通りかなりの硬度を有しており、もし人間が素手で(基本的に不可能だが)ソニックブームを起こした場合、肉体が耐えきれずにその部位が大破する。(例:漫画範馬刃牙愚地克巳の技 真音速拳)

なお、実在の生物では陸上棲の竜脚類でも特に尻尾の長い種類やキラーマシーンとして有名なシャコが、それぞれの攻撃の際にソニックブームを発生させられるというが、これがいかにヤバいことかご理解いただけるだろうか。

格闘ゲームにおける「ソニックブーム」

 ブーメラン状の衝撃波を、手(または腕など)から撃ち出す飛び道具系の必殺技の一種。
 コマンドは『←(溜め)→+パンチ』で、いわゆる『溜め技』と呼ばれる方向キーを一定秒数押し続けるコマンドの二大巨頭の一つ(もう一つは『サマーソルトキック』)。
 使用者はカプコンの有名格闘ゲームストリートファイター』シリーズのキャラクター、ガイル
 ガイル自身、アメリカ空軍大佐であり、技のネーミングもそのあたりに関連して付けられたものと考えられる。この「ソニックブーム」と、もう一つの必殺技である「サマーソルトキック」を絡めた『待ち戦法』が非常に強力で、「ソニックブーム」で相手を牽制し、それを越えて懐に潜り込むとすれば「サマーソルトキック」で撃墜する。通称『待ちガイル』。
 この戦法で初参戦となった『II』で猛威を振るい、ダイアグラムでも上位に君臨している。現在ではシステムや性能の多様化で、この戦法もあまり猛威をふるうことはなくなった。
 いまとなっては、『波動昇竜』の対として、このコマンドやガイルのコンセプトを引き継いだキャラクターが、必ずと言っていいほど格ゲーには登場している。

関連タグ

物理学 戦闘機 衝撃波
格ゲー 必殺技
ストリートファイター
ガイル 待ちガイル

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニックブーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380938

コメント