ピクシブ百科事典

ソヨン

そよん

ソヨンは、「獣の奏者」の登場人物。 作中にはヒロインであるエリンの実母と、完結編で登場する”残された谷”出身の女性の2名が存在するが、ここでは、主に前者について説明する。
目次[非表示]

CV:平田絵里子
イラストは、霧の民時代。

緑の目のソヨン



概要

闘蛇村では非常に珍しい女性の獣ノ医術師。
元は霧の民で、16歳の時に一族の掟を破り、闘蛇衆の頭領の息子であったアッソンと結婚したことで一族から追放された。その後17歳の時にエリンを産んでいる。
その直後、夫であるアッソンに先立たれてしまうが、十年以上経っても彼に対する愛情は薄れておらず、娘のエリンが彼の顔立ちや明朗な性格を受け継いだ事を心底喜んでいる。
医術師として非常に優れた腕を持っており、その腕を買われて<牙>の世話を一任されていたが、霧の民である事から村人達とは幾ばくかの距離を置いていた。
ある日、彼女が世話をしていた<牙>が全滅した事で罪に問われ、監察官らの責任逃れからスケープゴートとして処刑される事になる。自分はもう助からないと気付いていたが、助けに来てくれたエリンに感激し、娘だけは助けようと大罪とされる<操者ノ技>を使ってしまう。そして自身は闘蛇に引きずり込まれ、二度と上がって来なかった。没年齢は27歳。アニメではエリンに形見の腕輪を託している。
(ちなみに本来過失で闘蛇を死なせた場合は、利き腕を切り落とされるだけだった)
『探求編』では彼女の日記が発見され、「<残された谷>へ行ってみたい」との記述を残していた。また、<牙>大量死の原因が判明した時、同時に生前の彼女の真意も知ってしまったエリンは大いに苦悩することになる。
一方、外伝『刹那』では、彼女をアッソンの元に走らせた決定的な理由として、母が娘である自分の身を全然案じてくれなかった事と、子供や孫には顔や体を隠す格好はさせたくないと言う願いが挙げられている。
アニメでは原作より若干男勝りの印象を受ける。エリンやサジュ同様アケ村でのシーンが長くなり活躍が増えた事や、キャラクターデザインもあって、非常に人気が上がったキャラの一人である。

容姿・性格等

瞳は霧の民の証しである緑色。髪の色については原作では言及されていないものの、エリンの髪が麦わら色と言う事は、恐らくほぼ金髪だと思われる(ちなみにアニメでは灰緑色)。
また、純血の霧の民だけに長身である。作中では「アケ村の他の女性より頭一つ分背が高い」と表記されている。
聡明で好奇心や探究心が高い一方で、我慢強く、優しい性格の持ち主でもある。
その為、幼い頃から一族の中でも「賢く、辛抱強く心良き子」と評判だった。嫁いでからも瞳の色に慣れた村人達から、その人柄も大いに評価されていた事が『探求編』で明らかになっている。

関連タグ

獣の奏者 エリン

pixivに投稿された作品 pixivで「ソヨン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61116

コメント