ピクシブ百科事典

ソラトロボ

そらとろぼ

日本名称『Solatorobo それからCODAへ』 海外名称『Solatorobo: Red the Hunter』 略称『ソラロボ』 
目次[非表示]

ぼくらもかつてはヒトだった。


ソラトロボとは、日本ではバンダイナムコゲームスから『Solatorobo(ソラトロボ) それからCODAへ』、海外では任天堂から『Solatorobo: Red the Hunter』として発売された作品に関係がある絵につけられるタグ。
略称のソラロボは開発段階での名称でもある。

概要

Solatorobo(ソラトロボ)とは、バンダイナムコゲームスから2010年10月28日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフトである。
正式名称は『Solatorobo(ソラトロボ) それからCODAへ』。ジャンルはアクションRPG。
開発担当はサイバーコネクトツー

浮遊群島、猫耳犬耳の亜人類、上部開放コクピット式ロボなど、知る人が知れば思い出す、プレイステーション用ソフト『テイルコンチェルト』の系譜を受け継ぐタイトルである。
キャラクターデザインは『天空のエスカフローネ』や『ロードス島戦記』アニメ版などのキャラクターデザインを務めた結城信輝、メカニックイラストは『サモンナイト』召喚獣デザインなどを務めた谷口欣孝。
アニメーション制作はマッドハウス

『テイルコンチェルトの続編的なもの』という企画の存在そのものは、2007年からサイバーコネクトツーの公式サイトにて匂わされてきたが、それ以後ほとんど追加情報がなかったために、お蔵入りになったかと思われていた。
しかし、2010年に入り、突如制作が続行されていたことが判明、『ソラトロボ』の名称とともに公式サイトがオープンし徐々に情報公開され、2010年秋、めでたく発売とあいなったのである。

販売形態は通常版(希望小売価格5040円)と、豪華版であるコレクターズエディション(希望小売価格7140円)の2つ。(価格は税込)
 豪華版の内容は、サウンドトラックCD、特製スリーブケース、設定資料集などがソフトに加え付属する。加えて予約特典としては、プレミアムディスク(DVD)が付属する。

ソラトロボは、TOKYO MX(東京のローカル放送局)にてCM100本を放送し、ギネス記録(8時間で同じテーマで48タイプのバージョン違いのCMを放送)を超えることに挑戦している。公式サイトからyoutubeにアップロードされたそれらのCMを直接みられるので、キャラクターごとの解説や、作品世界の文化の予習にもオススメ。
公式ユーザーズサイトにて「ソラトロボ」4コマが見れる。

公式サイト
http://www.solarobo.channel.or.jp/index.html
http://www.cc2.co.jp/solarobo/index.html


ストーリー

空に浮かぶ、大小の浮島からなる国家、シェパルド共和国。イヌヒトとネコヒトという2種類の種族がそこには暮らし、独自の文化を築いていた。イヌヒトの少年レッド・サハランは、愛機の可変汎用ロボ"ダハーカ"に乗り、しっかり者の妹ショコラとともに、様々な依頼を請け負う駆け出しの"ハンター"として生計を立ていた。

ある日、ならずものギルド"クーバース"の貨物船に侵入したレッドは、そこで奇妙なネコヒトのエル・メリゼと出逢う。墜落寸前だった貨物船からエルを救い出したレッドは、エル自身からとある依頼を受けることになり…

登場人物

十七歳のイヌヒトの青年。愛機ダハーカを駆ってハンター稼業にいそしんでいる。

墜落寸前の輸送船ヒンデンブルグでレッドに救出されたネコヒト。冷静な性格で、レッドに対しても辛辣な態度をとる。
レッドの義妹。しっかり者で、レッドのナビゲーターを務める。

クーバース

空賊ギルド・クーバースの首領。ラーレスを我が物にするために動いている。

クーバースの参謀兼開発主任。ブルーノの秘書も務める
クーバースの精鋭部隊である特務室の室長。ブルーノの命令によって暗躍する。
オペラの部下。お調子者で、重要な機密をうっかり口走ってしまうほど天然。
オペラの部下。非常に真面目な性格。
レッドたちの行く先々に出現しては、彼らの行動を邪魔する青年。現在はクーバースに属しているようだが…?

関連タグ

solatorobo
ケモノ
エアロボ
エルの受難
ここが楽園か

pixivに投稿された作品 pixivで「ソラトロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3913568

コメント