ピクシブ百科事典

ソーマ(アルトネリコ3)

そーま

ゲーム「アルトネリコ3」のヒロイン、フィンネルに宿る人格の一人。
目次[非表示]

僕をどうするっていうの?

概要

CV:喜多村英梨

ピエロのような着ぐるみを身につけた謎多きクラスタニアの刺客の暗殺者。刺客の中でもかなりの実力派で、大牙の人々から恐れられている。
その正体はフィンネルに宿る人格の一人で、フィンネルを監視している存在。フィンネル蒼都に引き合わせた張本人でもある。
最初こそ敵組織の一員であるために警戒されたり、フィンネルがソーマの人格を持つことに否定的になるが、彼女なりにフィンネルを想っており、その信念はとても強い。

容姿

暗殺稼業などの任務を請け負っている時はオッドアイのピエロのような着ぐるみを愛用する。露出度皆無のその服装ゆえにその中身は窺えないが、中の人は黒髪長髪のスレンダー美人。ジト目で、前髪が長く不敵に微笑む時は髪で目が隠れたりする。

着ぐるみの中はとても暑いせいで常に汗まみれであり、脱いだ時は足元に水たまりが出来るほど汗をかいている。そのためか、着ぐるみの下に着ているワンピース服は透けており、白黒の可愛らしい下着がはっきりと見える何ともけしからん姿になっている。
そのおかげでフィンネルが羨む程のモデル体型なスタイルを持っている。本人も自らのプロポーションに自信を持っており、ほぼ下着姿のような薄着でも平気で行動している。
戦闘時は最初はピエロの姿をしており、最初は被り物だけを脱ぐ。脱ぐ度になぜかM字開脚をしているが、2段階目からが本番。問題の服装ゆえに、下着が透けているワンピース姿(最終的には下着姿)で恥じらいながらM字開脚をするというエロさを発揮する。元々の服装といいこれといい後述の問題シーンといい、ある意味では本作がCERO:Cで通ったのを疑いたくなるキャラともいえる。

業務時の得物として、錫杖のようなものと合体させたようなを持っている。
しかしこの鎌は意外と重く、何度も使うと疲れるうえに着ぐるみの中が酸欠状態になるらしい。

性格

一人称は「僕」といういわゆるボク少女
暗殺家業を営むだけに一見冷徹だが、実際は「可愛い」と言われたりすると戸惑ったりもするツンデレキャラ。すぐにキレる様子から作中ではキレデレと称されている。運動神経は良いものの、フィンネルに負けず劣らずの隠れドジっ子でもある。スナックやハンバーグといった子供が好む食べ物が好物など、何かと可愛らしい面も。嫌いなものはうすくちうどんでフィラメントとは真逆の様子。暗殺の他にVボードを得意としている。

さりげなくフィンネルに対して一生懸命な蒼都には好意を抱いており、自らのプロポーションを活用して何かと気を引こうとすることも。

問題のシーン

服装の時点で既に危なく、戦闘中のパージシーンの迫力もなかなかのものだが、それよりも一部で話題になっているシーンがある。

ソーマは他の人格と違い、任意に顕在できるようにクリスタルがインストールされており、フィンネルの意識を無視して表へと出てこれる。作中でこのクリスタルはアンインストールされるが、そのシーンで「これなんてエロゲ?」と突っ込まざるを得なくなるようなCGとセリフ(※ボイスあり)が用意されている。元々の服装もあってか大変素晴らしい……もとい、けしからんシーンといえよう。
一応首筋に手を突っ込んでるから挿入はしてるけどな!

詩魔法「かぼたつ」

ソーマとかぼたつ


ハロウィンのカボチャみたいなのに乗っている小さな魔女みたいな子。攻撃範囲内に入った敵に特攻する。ソーマの最終パージ時にはカボチャの中に敵を吸い込み、そのまま「だいばくはつ」を起こして諸共消炭にする。
ソーマの友人的なキャラであり、最初は彼女がアオトに呆れるとそのたび「バーカーバーカ!!」と罵ったりしているが、彼女のピンチにはアオトをすぐに頼ったりと、彼女のためなら色々なことをしようとする献身的な性格。しかし、その考えは子供っぽく、かなり大雑把な提案をするときもある。

関連タグ

アルトネリコ3 フィンネル ユリシカ スズノミア 暗殺者

pixivに投稿された作品 pixivで「ソーマ(アルトネリコ3)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88582

コメント