ピクシブ百科事典

ゾフィス

ぞふぃす

「金色のガッシュベル!!」に登場する魔物の子。
目次[非表示]

概要

CV:藤田淑子
石板編における全ての元凶で、シェリー曰く『最低最悪の魔物』。火炎及び爆発系の術を使い、人の心を操る事が出来る特殊能力も持つ魔物。丁寧な口調で話すが性格は残虐そのもので、相手をじわじわ痛めつけて追い詰めたり、シェリーの親友であり自らのパートナーであるココを操りブラゴと無理矢理に戦わせていた。徹底して卑怯な手段を好むが、多数の呪文を操り素の実力自体もかなり高い。

経緯

戦いが始まってから暫くはココと共に影を潜めていたが、千年前に起こった前回の王を決める戦いに於いて、ゴーレンの術で「本」もろとも石化されてしまい魔界に帰れないまま野晒しとなっていたのべ40体以上にも及ぶ千年前の魔物達を月の光で復活させて支配し、操り自らはロードと名乗って戦いに勝ち残ろうとした。

呪文

同じく炎の呪文であるエムルをギラ系の呪文だとすると、彼の呪文は差し詰めメラ系といった具合である。

・ラドム:着弾時に爆発する小型のファイヤーボールを高速で飛ばす。連射してれば村一つくらいなら火の海に出来てしまえる火力を誇る。
・ロンド・ラドム:鞭状の火炎放射。絡みついたところから次々に誘爆。
・テオラドム:ラドムをより高速に、かつ燃やす範囲を広げたワンランク上の呪文
・ディオガ・テオラドム:上空から巨大な火球を降らせ、あたり一面を大炎上させる。
・ギガラド・シルド:渦巻く炎の壁を作り相手の攻撃を焼き尽くし、消し炭にすることで防ぐ。シェリーの動揺もあったことにも助けられ、あのブラゴのディオガ・グラビドンを防いで見せた。
・オルガ・ラドム:螺旋状の火炎放射で、薙ぎ払うように焼き払う
・ギガノ・ラドム:より高熱かつ大型の火炎弾を発射。スピードが落ちる分、爆発の威力は大きい。
・ディガン・テオラドム:上空から火の玉を無数に降らせ、一面を焼け野原にする。

結末

デポロ遺跡でブラゴに「自分(ブラゴ)が怖くて逃げていた」事を看破され、その凄まじい形相での脅しに竦み上がってココの記憶を消去することを約束。その後はブラゴへの恐怖を刻まれつつ無残に魔界に帰る事となった。

その他

歩くことは殆どなく、主に空中を浮遊しながら行動する。その言動や移動方法から、一部の読者から性別や足の有無についての質問があったが、れっきとした男で、見えないだけで足もある。

なお、アニメ版ではシルエットからチェリッシュの家を放火した犯人である事がわ分かる。

NeoApoでの検索数では第1位となっている。

関連タグ

金色のガッシュベル!!
ココ シェリー ブラゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾフィス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124715

コメント