ピクシブ百科事典

タイムボカンシリーズ

たいむぼかんしりーず

説明しよう!タイムボカンシリーズとは、タツノコプロが制作したテレビアニメのシリーズ総称のことである!
目次[非表示]

概要を説明しよう!

1975年10月の「タイムボカン」から始まった、ギャグバトルアニメのシリーズ。男女のコンビもしくは男1人の正義のヒーローと、1人の女をボスとする三悪が対決するという流れが基本。
SFテイストを入れたり戦闘ロボットが多数登場するが、デザインはギャグテイストが濃い。
また「イタダキマン」までは殆ど三悪の女ボスがお色気担当となっており、服を破られてパンティ一枚になったり、パンモロを披露することもよくあった。但し「きらめきマン」以降は時代的に自主規制が厳しくなったためお色気成分は抑えられている。
昭和時代は「イタダキマン」までの7作が作られ、フジテレビで放送された。その後インターバルを置きつつ新作やリメイク作、実写作品が作られている。

シリーズ一覧を説明しよう!

タイムボカン
シリーズ第1作。1975年10月4日76年12月25日まで放送。シリーズの基礎を作った作品。
一作目という事もあり、唯一ヒーローが活躍するアニメではない(この作品は、どちらかというと冒険アニメ)。
ヤッターマン
シリーズ第2作。1977年1月1日79年1月27日まで放送。
ここから、タイトルに「タイムボカンシリーズ」の名が冠された。
シリーズの代表作であり、放送期間が最も長く、放送終了後に最も復活回数が多い作品でもあり、現在でも人気が高い。
ゼンダマン
シリーズ第3作。1979年2月3日80年1月26日まで放送。
この作品から、主題歌や劇判の作曲を担当した山本正之が声優として参加。
シリーズはこの作品から4年間、毎年約50話のペースで放送されるようになった。
オタスケマン
シリーズ第4作。1980年2月2日81年1月31日まで放送。正式タイトルは「タイムパトロール隊 オタスケマン」。
この作品以降のシリーズは、ストーリーが進むにつれてシリアスな展開なる内容となっており、それまで作品よりもキャラクターの深みが増した作品。シリーズのターニングポイントとなった。
ヤットデタマン
シリーズ第5作。1981年2月7日82年2月2日まで放送。
この作品から、善玉が男女2人組から男一人になり、巨大ロボット「大巨神」が登場。
逆転イッパツマン
シリーズ第6作。1982年2月13日83年3月26日まで放送。
この作品は、主人公がそれまでの少年から青年になり、その主人公の声を富山敬が担当する事からナレーターが変更され、さらには悪玉が初めて勝つといった話(第30話)まで登場するなどで、シリーズ最高傑作との声が高い。放送期間は、ヤッターマン、タイムボカンに次いで、3番目(当時)に長い。
イタダキマン
シリーズ第7作。1983年4月9日~同年9月24日まで放送。
この作品は、突然放送時間が変更された事や、急激にコミカル路線に戻された事などが裏目に出てしまい、超低視聴率となり、シリーズごと打ち切られた不遇な作品。
それが直接の原因となり、タツノコプロは2年後の1985年に、フジテレビと絶縁した。結果として、この作品を最後に、シリーズはフジを離れる事になってしまった。
そして同時に、前作の持ちキャラである コン・コルドーをはじめ、シリーズに時々出演していた肝付兼太が、その後のシリーズ作品に一切出演しなくなった。
タイムボカン王道復古
OVA作品。1993年11月26日1994年1月1日に発売。
シリーズの悪玉トリオが共演するなどファンは必見の作品。
事実上シリーズにおける富山敬の遺作
・平成タイムボカン
ラジオドラマ作品。のちにCDで発売。1996年4月~同年9月、1996年10月~97年3月の2度に渡って放送。主役はドロンボーの三人組。
怪盗きらめきマン
シリーズ第8作。2000年4月5日~同年9月27日まで放送。正式タイトルは「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」。善悪が逆転しているのが本作の特徴。
ファンの復活要望の声が大きいながらも、イタダキマン19話打ち切りがスポンサー獲得を困難にしていた同シリーズにあって、玩具メーカースポンサーなしの強行発車、テレビ東京での低空飛行ながらも26話完走を実現。シリーズの域をつないだ。
また、シリーズの売りの1つでもあるアドリブは、完全に禁止されている
・ヤッターマン(新)
事実上のシリーズ第9作。2008年1月14日09年9月27日まで放送。リメイクであるためかタイトルに「タイムボカンシリーズ」が冠されていない。
制作局は読売テレビで、キーステーションは日本テレビ。放送休止がかなり多かった事で有名。
また、放映期間中に、アニメ映画や実写版映画(また違ったストーリーラインで)も公開された。
事実上シリーズにおける滝口順平たてかべ和也の遺作。
夜ノヤッターマン
2015年冬アニメ2015年1月11日~同年3月29日まで放送(これは東京都の「TOKYO MX」におけるもの)。スピンオフであるためか、やはりタイトルに「タイムボカンシリーズ」は冠されていない。
遠い未来の世界はなんとヤッターマンに支配された『ディストピア』だった!そんな中ドロンボー一味たちの子孫が反旗を翻す!
三悪の声優が交代してから初の作品。
タイムボカン24
前シリーズ共通の製作会社であるタツノコプロの55周年記念作品として、2016年3月25日に発表された2016年秋アニメ。「妖怪ウォッチ」などで知られるレベルファイブと共同製作される事などで話題となっているが、たてかべがこの世にいない今、三悪の新たな声優がどうなるのかが最大の難問と言えたが三悪は夜ノヤッターマンの新生ドロンボーを演じた3人に引き継がれた。

お蔵入りした作品を説明せねばなるまい!

タイムボカンエクスプレスダレダマン
「蒸気機関車と超近代的なメカを融合させたタイムマシン「タイムエクスプレスH.G」が完成し、観光と研究を兼ねた初飛行が始まった。乗車出来るのは高額な乗車賃を払った大富豪と国の依頼で乗り込んだ研究員だけのはずだったが、その中に場違いの三悪トリオの姿があった。彼らも謎のスポンサー「ソンデモンデ」によって条件付きで搭乗していた。その条件とは、世界中の財宝と富とを自由に操ることができる“悪魔の蹄鉄”を探し出すことだった。三人は手を組み、メカ内部に秘密基地を完成させるが、家族の前では態度を変えねばならない上に、探偵やルポライターの目もあってなかなか自由に動けない。そこでソンデモンデは、乗客をマインドコントロールして操り、様々な事件を引き起こすが、そこに謎のヒーロー「ダレダマン」が登場する。」というストーリーで、タイムボカンシリーズの8作目として企画されてたが、シリーズの打ち切りにより、お蔵入りとなる。
タイムボカンウォーズサッパリマン
「科学者のナンデーモ・マニア博士が、実験中に偶然発見した動物縮小液「チジマール」をめぐる争奪戦。主人公の「サッパリマン」こと「札間イモ吉」は、勉強や運動がサッパリであるどころか、悪とも戦わない。敵に遭遇すると『ヒーロープロジェクト』と呼ばれる組織に連絡が入り、アミダコンピューターで選ばれた歴代のボカンシリーズのヒーローが助っ人としてやってくる。」というストーリーで、タイムボカンシリーズの9作目として企画されてたが、「ダレダマン」と同じ運命をたどる。

本日のびっくりどっきり関連作品~!

・戦国武将列伝 爆風童子ヒッサツマン
ボカンシリーズのスタッフが制作したOVA作品。
ドテラマン
タツノコプロ制作のテレビアニメ。脚本はシリーズを手掛けた小山高生氏。
キャッ党忍伝てやんでえ
同じくタツノコプロ制作のテレビアニメ。脚本は小山高生氏の弟子であるあかほりさとる氏。
NG騎士ラムネ&40
VS騎士ラムネ&40炎
あかほりさとる氏が脚本を担当したテレビアニメ。コミカルなノリは本作と共通している。
六門天外モンコレナイト
あかほりさとる氏が脚本を担当。あかほり氏いわく「シリーズ第7.5作」。
一発必中!!デバンダー
タツノコプロ50周年記念OVA(2012年)。監督笹川ひろし&メカデザイナー大河原邦男の最強タッグが、タツノコらしい世界観で彩ります。
ガンバード
敵キャラの中の人が完全に三悪であるシューティングゲーム。
タツノコvsカプコン
タイムボカンシリーズの中でヤッターマンと逆転イッパツマンが参戦。

実写映画『ヤッターマン』で櫻井翔がヤッターマン1号を演じ、主題歌に「Believe」が使用されたことで、曲のプロモーション映像の中で、他のメンバーも大野智がタイムボカンの丹平くん、相葉雅紀がオタスケマン1号、二宮和也がヤットデタマン、松本潤がゼンダマン1号にそれぞれ変身してドロンボー3人組と闘うアニメが作られた。

関連タグだコロン

タツノコプロ
山本正之 笹川ひろし 大河原邦男 小山高生
富山敬 滝口順平

三悪
小原乃梨子八奈見乗児たてかべ和也 - かつてシリーズで、全ての三悪の声を担当した声優であり、三悪といえばこの3名であった。

シリーズに関係する他作のタグだべぇ~

ロケット団ムサシ、コジロウ、ニャース) - アニメ「ポケットモンスター」シリーズの悪役トリオであるこの3人組は、三悪のオマージュである。後に、ソーナンスが+αに加わった。
カメさんチーム - アニメガールズ&パンツァー」に登場する生徒会の女子3人組。実はこの3人のメンバー構成は、三悪が事実上のモデルとなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムボカンシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236354

コメント