ピクシブ百科事典

タケコプター

たけこぷたー

「ドラえもん」に登場するひみつ道具のひとつであり、もっとも代表的なものの一つ。装着すると空を飛ぶことができる。

藤子・F・不二雄漫画ドラえもん』に登場するひみつ道具。身に着けることでを飛べるようになる。

仕様など

『ドラえもん』の第1作から登場するひみつ道具の代表格であり、読者にもなじみ深い。
大きさや形状は、日本の伝統玩具の竹とんぼとほぼ同じである。タケコプターの仕組みは大きくわけて2つあり、1つは柄の先に吸盤のようなものが付いており、それを頭(被るタイプの道具を着けている場合は背中(ドラえもんの場合は尻尾近く)等)にくっつけてスイッチを入れると宙に浮かぶことができる。
もう1つは柄の内部に特殊な装置が埋め込まれており、けん引ビームで装着場所とタケコプターが離れないように密着させ、「飛びたい」という意思を読み取って自動的に浮かび上がることが出来る。
現在のアニメ版等では後者の仕組み(設定)が主流とされている。
名称は「竹とんぼ」と「ヘリコプター」を組み合わせたものであり、初期には「ヘリトンボ」という呼称で呼ばれていたこともある。初めてのび太に使われたときは半ズボンに付けられた(セワシとドラえもんは頭に付けている)。そしてズボンが脱げてのび太が落ちてしまうと言うオチだった。
中期以降では作品内ですっかりおなじみの存在となり、読者に使用法の説明すらされなくなった。と言うかドラえもんに頼むまでもなくのび太のポケットに入っていることさえある。

ちなみに動力源は電池らしい。その為、電池が切れるとそのまま真下へと真っ逆さまに落下してしまうという、おなじみの道具でありながら使い方次第では命を落としかね無い道具でもある(22世紀では、重力を操作出来るシステムがある為こういう事態は対策されている模様。尤も上記のズボンエピソードだとギャグ補正により絆創膏一つで済んでいるが)。ドラえもんも、この事を知ってるのか、日々の定期点検を欠かさず行っている…筈なのだが映画だと物語の都合から電池切れすることが多い。一応この場合は軟着陸をするので怪我をする事は無いが。
目安として、時速80kmで8時間連続飛行するとバッテリーが上がって使い物にならなくなる。しかし4時間飛行するごとに20時間休めれば長持ちさせることが出来る。




余談

  • アニメ版『ドラえもん』のオープニング曲「ドラえもんのうた」には

 「空を自由に飛びたいな/はい、タケコプター」
 という歌詞がある。

  • 千葉大学では、高校2年生を対象とした入試(飛び級入試)で「タケコプターを使って飛ぶことができるかどうか論述せよ」という問題が出題されたことがある。
  • 柳田理科雄氏がプロペラが生む風圧の反作用によって飛翔すると仮定し考察を進めたところ、
「頭部などタケコプターを貼り付けるであろう部位に対しプロペラが小さすぎるため、プロペラの風は殆ど身体に吹き付けられ非常に効率が悪い、数十キロの人体を持ち上げるためにタダでさえ強力だった風はこれを解消するためにさらにすさまじいものとなる、しかもその大部分は身体に吹き付けられる。
音速を超えた風を叩きつけられ(タケコプターが)飛び立つころには僅かな頭皮しか残っていない」
とのこと。この考察には揚力が含まれていないため、実際には多少マシかも知れないが、大した差はないだろう。これを防ぐにはタケコプターを大きくする必要があるのだが、それだけではプロペラの慣性で体がキリモミ回転を始めてしまうため、これにも対処しなくてはならない。また、直径数センチの円に張り付いた部分の頭皮だけで全体重を支えると、それだけで頭部には激痛が走り、最悪頭皮が引きちぎられる恐れもある。
課題は山積みである。
  • このため、「プロペラは飾り」というのがSF好きの間の定説。
  • そもそも公式設定では、(初期の書籍で揚力によるタイプもあると言及されたり、一部大長編で反重力で飛んでいることをドラえもんが否定していたりするが)プロペラを回転させる事で反重力を発生させ、地球の重力を断ち切って浮かび上がっているため、反重力が存在しない現代科学では事実上考察不可能である。

pixivに投稿された作品 pixivで「タケコプター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 501977

コメント