ピクシブ百科事典

タラン

たらん

オリジナル『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ、及びリメイク『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場した人物。デザイン変更されており、左が後期デザイン(リメイクでは弟)、右が初期デザイン(リメイクでは兄)となっている。
目次[非表示]

概要(新旧纏めて)

宇宙戦艦ヤマト

‐タラン:CV矢田耕司

宇宙戦艦ヤマト2199

‐ヴェルテ・タラン:CV青山穣、ガデル・タラン:CV中村浩太郎

 宇宙戦艦ヤマトに登場するガミラス陣営のキャラクター。デスラー総統の副官的な存在であり、特に『さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~』以降、その存在感を増している。当初はマゼラン防衛司令官から始まったが、実はあまり印象の強いキャラクターとは言い難い
 だが、その存在感を増したのは、ガミラス帝国崩壊後からであり常にデスラーの傍にあって彼の支えとなっている右腕とも言うべき存在になった。その忠誠振りは固く、デスラーの身を案じ、さらには武人としての職責を全うしていることから、デスラーからの信任も厚いことが伺える。さらに作戦立案、白兵戦、戦闘機操縦等をこなす万能軍人でもある。
 また、ヤマトシリーズでは、顔のデザインが変更されたキャラクターの一人であることは、ファン間でも有名である。因みに劇場版からTV版に移り変わる際、顔デザイン変更されたのはタランだけではなく、白色彗星帝国の艦隊司令長官ゲーニッツは顔と体格が変更され、艦隊司令官バルゼーも顔の表情が修正されている。
 この顔デザイン変更は、後のリメイク作品宇宙戦艦ヤマト2199にて生かされており、兄弟として設定されている。初代デザインの頭脳派を思わせる方が、兄のヴェルテ・タラン。変更後の武人派を思わせる方が弟のガデル・タラン。という設定で形づけられた。
 兄のヴェルテは、軍需国防相という二つの役職を兼務するエリート系軍官僚として登場。テクノクラートでデスラーの信任も厚い軍官僚である。対する弟のガデルは、忠義に厚い軍人気質のガミラス人で、大本営参謀次長の職にあって軍事作戦立案等の仕事を手掛けている模様。二人とも揃って良識派に属しており、親衛隊や秘密警察の横暴には賛同できない立場にある。
 

宇宙戦艦ヤマト

‐所属:大ガミラス帝国(後にガルマン・ガミラス帝国)
‐階級:将軍
‐役職:大マゼラン雲防衛総司令官

経歴

大ガミラス崩壊まで

 大ガミラス帝国の大マゼラン防衛総司令官として登場。ヤマトに対する迎撃案として、デスラー機雷による妨害作戦を立案した。防衛線を突破されたことについては、何らかの責任を問われたわけでもないらしく、その後も防衛総司令官として務めていた様子である。
 とはいえ、その後の活躍らしい活躍は見せておらず、ドメルの軍法会議の席では参加して責任追及をしている程度であった。本土決戦に際しても姿は見えておらず、結局未登場のまま完結を迎えるに至る。続編設定では、決戦後に脱出していることなっているが、デスラーと行動を共にしているという明確な描写は無い。

ゲーム版での逸話

 ただし、携帯ゲーム機ワンダースワン『宇宙戦艦ヤマト』では、別エンドルートにおいてタランは大マゼラン雲の防衛戦力を掻き集めるべく、本星を離れていたが間に合わなかったとされている。そしてデスラー総統の娘であるジュラ(PSゲーム設定『永遠のジュラ編』にて)と丁度鉢合わせした。
 タランは、デスラーの血を引くジュラに対して、ガミラス民族を束ねる新総統として立ってくれるよう説得し成功している。その後は、タランは残るガミラスの同胞を掻き集めて艦隊を構成、帰還途中のヤマトを暗黒物質の漂う宙域で待ち伏せた。デスラーの弔い合戦として、ジュラ自身も戦闘に参加している。
 ヤマトとの戦闘に敗北すると、ジュラは戦闘の停止を命じた。ヤマトと戦う事よりも、生きてガミラス民族の為に生きることを選んだ彼女に、タランは半ば悔しげだったが賛同した。その後、残った残存艦を引き攣れて途方もない旅を始めるのである。

白色彗星帝国(劇場版)

 ガミラス帝国崩壊後、タランはデスラー共々白色彗星帝国に身を寄せている。既にガミラス人は彼ら2人だけであり、他の同胞は存在していなかった。ヤマトへの復讐の念に燃えるデスラーに付き従い、遂に決戦の場に出る。
 瞬間物質移送機によって駆逐艦を送り込むという襲撃戦法で、ヤマトを完膚なきまでに叩きのめし、あと一歩という所まで来た。しかしヤマトのワープ突撃戦法の前にデスラー砲は虚しく回避され、強制接舷を許してしまった。
 タランは機械化兵を操作してヤマトの空間騎兵隊を迎撃、デスラーの指示もあって善戦したものの、古代進に中枢コントロール装置を破壊され無力化された。有人兵のいないデスラー艦は瞬く間に空間騎兵隊に占領されていき、敗北を悟らざるを得なかった。
 デスラーから労いの言葉を掛けられ、涙するタランだったが、その直後に被弾の余波が艦橋に及んだ。この爆発に巻き込まれ、さらには瓦礫の下敷きとなってしまい、息絶える結末を迎えてしまうのであった。

白色彗星帝国(TV版)

 ガミラス帝国崩壊後、デスラーと共に白色彗星帝国に身を移している。(デスラーだけが救助され、蘇生手術を受けていたことから、タランは後々に合流していた可能性が高い)また、大マゼラン星雲、小マゼラン星雲から来たガミラス残存艦隊を再編し、デスラーの機動艦隊として機能する事となる。
 タランはデスラー右腕的存在となっており、デスラーもタランに作戦等の立案を任せている様である。最初の宇宙ボタルによる襲撃が失敗に終わったが、タランは失敗後のこともきちんと考慮している。しかも宇宙ボタルによるヤマトの損害状況を把握したうえで、空洞小惑星を仮設ドックとしてヤマトをおびき寄せてから、強力な磁力で動きを拘束するという用意周到さが垣間見えた。
 だがそれも、白色彗星帝国の幹部(サーベラーゲーニッツ)の策謀で台無しにされてしまった。タランは不満を漏らしており、それはデスラーも同じ思いであったが、いざ召還命令に従ってみると、サーベラーから危険分子としてデスラーは監禁されてしまう。タランは監禁されなかったが、その無念ぶりは真に気の毒に見えてしまうものだった(白色彗星帝国のパーティーの席では、一層残念そうなタランの顔が拝見できる)。
 それでくじけず、タランはデスラーを救出すべく脱出計画を着々と進行させていた。しかもデスラーが単独でサーベラーを出し抜き、人質をとして逃走を図ろうとしたタイミングに参上。何ともタイミングの良い時に現れ、そのまま戦闘機のある格納庫へ。そこで戦闘機に乗り換え、ギリギリのところで脱出に成功する。
 その後はヤマトへ再度の復讐戦に参加。瞬間物質移送機による巧みな戦法で戦闘不能に陥れたものの、やはりワープで回避された挙句強制接舷を許した。その際にはタランが白兵戦の指揮を執っていたが、やがて不利を悟った彼はデスラーに退艦を進言。またデスラー自身がヤマトへの復讐は消え去ったと悟ったため、その進言を受け入れられる。第一空母(三段空母へ旗艦を移してその場を離れる事となった。

新たなる旅立ち

 残存艦隊を率いるデスラーと共に、ガミラス星へと立ち寄る。そこで遭遇した暗黒星団帝国と初の戦闘へ突入する事となる。その戦闘の影響でガミラス星が完全に消滅した際は、デスラーと同じく落胆している。
 その後の戦闘でもタランはデスラーを補佐していく。時には艦隊とデスラーの身を案じている場面も見られているが、イスカンダルを重視するデスラーの意志に従い危険を冒してまでも追跡を続ける事になった。
 たとえデスラーが命を投げ打つ命令(ゴルバへの特攻)を下されても、タランは黙々とそれに従い、忠誠心の厚さを見せていった。

新たなる旅立ち(PS2版)

 PS2版でも流れは殆ど同じであるが、こちらではタラン自身が艦隊を率いる任務がある。またアニメ版以上に熱い男として描かれており、デスラーとイスカンダルのために奮闘する。因みに周りの兵士達からは「タラン様」と呼ばれている。敵の分析能力も長けており、暗黒星団帝国の無人戦闘艇テンタクルスの能力を見抜いたりもしている。

ガルマン・ガミラス帝国

 登場は遅く、役職も明確にされていない。一説には、参謀長キーリングの登場が原因の様で、この新キャラが頻繁に出てきたためにタランの存在が忘れられていたようである。とはいえ、やはりデスラーの副官として立場にあるのは、放浪していた時代から変わらない様子。
 また最終話にはきちんと登場し、デスラーと共にボラー連邦との決戦に参加している。長年に渡って副官をしているが、デスラーの考えを完全に把握しているわけではないようで、「タラン、何年私の副官をしている」と問いかけられて理解できなかったところを、ハイパーデスラー砲の発射準備をしろと叱咤されている。


宇宙戦艦ヤマト2199


 過去作においてキャラクターデザインが異なってしまった矛盾を払拭するべく、本作では、「実は両者は兄弟であり、タランという人物は2人いた」という新たな設定が盛り込まれた。

ヴェルテ・タラン

声 - 青山穣
 タラン兄弟の兄。デザインは変更前のものを踏襲している。年齢は地球年齢に換算して42歳相当。ガミラス帝国の軍需国防相。軍需生産面を統括する軍需省の長官と、国防総省のトップを兼任する優秀なテクノクラートで、デスラーからの信任も厚い。ガル・ディッツ提督一家やエルク・ドメルとも交流があり、車内で談笑する場面もある。
 特にエルクの場合は、何かと無茶難題を頼まれていることがあったようで、七色星団出撃前の整備中において、ドメルに苦労を洩らしているのが伺える。それでも無茶な注文には慣れているようで、タランも苦笑していた程度である。とはいえ、兵開発局から試作兵器を譲り受けるのは並みならぬ説得があったのではないかと推察できる。また、機動都市第二バレラスの建設や、デスラー砲の開発、デウスーラⅡ世の建造にも関わっていた様である。
 親衛隊の傍若無人には呆れており、力による圧制は危険であると認識していた様子で、閣僚会議の時にもオルタリア殲滅のやり方等に危機感を抱いている。同時にヤマトが出現してから、各地で反乱行為が頻発していることからも、帝国内部の亀裂には相当心配しているのが伺える。
 ドメルが戦死した後に行われた壮大な国葬では、デスラーの命令で先に第二バレラスに移っており、完全ではないデスラー砲の整備を急ピッチで進めていた。やがてヤマトが侵入してきた時は、デスラー砲発射の直接指揮を執り迎撃。その際にシステム障害を報告したものの、第2射目の準備を命じられ修復に専念する。
 その後、デスラーが予定通りに帝都を脱出し第二バレラスへ移動してきた際には、強制アクセスによる分離コマンドで一部区画が分離。これに唖然としたタランはデスラーに問い詰めるが、全ては第統合の為の儀式であると知って愕然とする。なお、小説版ではデスラーが腐敗する官僚達や、危機感のない臣民を目覚めさせる為に、事前から計画されていた事だと悟った。
 しかし、波動砲によって迎撃されると今度はデスラー砲で帝都を狙撃しようとしたため、デスラーに再考を強く求めたものの却下されてしまう。発射を強行しようとしたが、寸前のところで波動コアが暴走、素早い対応でワープによる離脱を行い嘉禄も生き延びた。
 脱出後、デスラーがヤマトに固執して捕獲しようと目論んでいるのを不思議に思い尋ねる。「ヤマトを手にすることで、宇宙に統一と平和を与えられるのは自分しかいない」と答えられ反応に窮した。
 亜空間ゲート内におけるヤマトとの戦闘の際に、機械化兵のコントロール指揮を執るものの、真田志郎らのコンピューターウィルスで無効化されてしまい驚愕。その後、帰還してきたデスラーが、デスラー砲発射を命じたが無謀であると忠告したが止められなかった。発射体制を終えようとした刹那、ヤマトの実体弾による砲撃でデウスーラⅡ世は大破。タランや他の幹部、兵士諸共、艦橋の被弾で意識を失った。
 そのまま強制的に発射しようとしたため、艦は暴発に耐えきれず爆発。デスラー共々、運命を共にしたと考えられる(ただし、『さらば』と『ヤマト2』で再登場したデスラーの例もあるため2017年に公開予定新作劇場版の情報解禁までは建前上はMIA)。

ガデル・タラン

声 - 中村浩太郎
 タラン兄弟の弟。デザインは変更後のものを踏襲している。年齢は地球年齢に換算して40歳相当。大ガミラス帝星大本営参謀次長。階級中将。彼の上司にはダール・ヒステンバーガーがいる。昔ながらの軍人気質で忠義に熱い人物。閣議の席や、状況報告の為に良く姿を見せている。
 また、ガミラスの征服した惑星オルタリアで反乱が起きた時に、ギムレー率いる親衛隊がその星の住民を移民団ごと無差別に虐殺した際には、「親衛隊はやりすぎだ」と不快感を露わにした。このことからも、タカ派の多いガミラスの首脳陣の中では比較的珍しい人徳者でもある(元々親衛隊の横暴な振る舞いを快く思っていなかったというのもあるが)。
 ドメルの国葬の際にも、兄がこの場にいない事をセレステラに問われ別の所にいる旨を言うと、ギムレーが「それは残念です、ご親友だったのでしょう?」と如何にもワザとらしい言い方と、不吊り愛な笑みで返している為、ガデルは目線で睨み返している。
 帝都防衛戦では、デスラーによる都市区画の落下作戦に唖然としていた。その後デスラーが行方不明になったが、収容所惑星に捕われていたガル・ディッツ提督が帰還してきたのを出迎えている。なお、兄とは異なりガミラス本星に残っていたため無事であった。


関連項目

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス デスラー 
ガル・ディッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「タラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73166

コメント