ピクシブ百科事典

タランス

たらんす

タランスとは、ビーストウォーズシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:長島雄一 (現:チョー)
紫色の蜘蛛(タランチュラ)に変身するデストロン忍者兵。
原題での名前はタランチュラス(Tarantulas)

日本語版ではいつもウヒャウヒャ楽しげに笑っている事から剽軽者のようにも見えるが、本性は極めて陰険なマッドサイエンティストであり、「悪巧みにかけてはメガトロン以上」とも言われる(劇場版パンフより)。ラットル曰く「ビョーキ」ブラックウィドー曰く「変態」、シルバーボルト曰く「女を平気で締め上げるカス野郎」、千葉トロンからは「笑い蜘蛛」など、周囲からの評価も散々である。
基地から離れた場所に専用のラボを設けており、常に何かを企んでは単独行動をとっている。メガトロンに対して含むところがあるようで、前述のラボでダーツの的にされたメガトロンの写真が貼られているシーンがある。
他方、一流の化学および科学技術を持っている事からメガトロンも彼を手放せず、互いに利用し利用されの関係を築いている。

蜘蛛らしく奇襲に長けており、ビーストモードで忍び寄って手製のウィルス兵器をお見舞いする事もしばしば(その被害の大半がイボンコ)。ウィルス兵器からメカの発明、クラッキングまで、専門分野は幅広いようだ。

一人称は「アタチ」で二人称は「チミ」、語尾は「〜ッス」。銃を撃ちまくる際やなにかを企んでるときは「ウヒャヒャヒャヒャ」と奇妙な笑い声を上げる。何かにつけてお便りを欲しがる。

ワスピーターほどではないがかなり不死身であり、黒焦げにされたりバラバラになったり、挙句の果てにはマグマの海に落とされても次の回では大抵復活している。逆に言えばしばしばヒドイ目に遭っている。

玩具はビーストウォーズ企画段階初期で開発されており、こいつの玩具のおかげでビーストウォーズの企画が通ったという逸話がある。

メタルスタランス

ビーストウォーズ終盤でインフェルノに丸焼きにされたが、メタルス第2話にてメタルス化して復活を遂げる。新たにビークルモードを手に入れるなどパワーアップを果たした。
ビークルモードは車輪で高速移動可能で、その際に「パラリラパラリラ〜」と暴走族のような声を出す。
蜘蛛のイメージアップのために、次回予告では蜘蛛の益虫っぷりをアピールしていた。

寄生者を遠隔操作する蜘蛛型ロボットや歌を歌いたくなるウィルス、序盤でブラックウィドーを苦しめたサイバーリンクなど、メタルスでも数々の驚異的な発明で活躍している。
前作と同様、単独行動が多くメガトロンとの協力、離反を繰り返し、遂に公然とメガトロンに反旗を翻した。その正体は・・・

正体

その正体はデストロン評議会トリプティコン評議会から送り込まれた密偵であり、背後にはユニクロンと繋がっている。
同じくトリプティコン評議会の密偵であったジャガーの戦死後は、メガトロンの部下を装いつつユニクロンの眷属(ユニクロンズスポーン)として全トランスフォーマーの抹殺という最終目的のために暗躍を続けた。
終盤ではエイリアン/Vokから送り込まれたタイガーファルコンを捕えてタイムパラドックスを起こそうとしたが、タイガーファルコンから離脱したエイリアンの反撃を受けて装置が暴走、足だけを残してあえなく爆死してしまった。

しかし数々の暗躍の裏で、実は初代デストロン達が使用していた戦艦ネメシスを修復していた事が判明。終盤では形勢逆転の切り札としてメガトロンに使用され、サイバトロンを未曽有の窮地に陥れる事となる。

リミックスでは

OPの大合唱では何故か仕切っており、エビチャーハンを探していたメガトロンが怒っている。
しかし肝心のリミックス本編ではほとんど出番がなく、本人も気にしていた。
ものまね合戦ではヤカンの湯が沸く音という細かすぎるモノマネを披露。宇宙空間にまで届く熱演をした後に爆発した。

コミカライズ版

愛情というものを愚かだと見下す性格で、タイガトロンにウィルスを植え付けて洗脳、彼の恋人であるエアラザーを殺害に追いやった。
直後に駆け付けたコンボイによって粉々にされ死亡するが、ランページのスパークを受けてゾンビ化し復活する。

関連タグ

ビーストウォーズ ディセプティコン
メガトロン スコルポス テラザウラー ワスピーター ブラックウィドー インフェルノ クイックストライク 
ランページ ダイノボット

pixivに投稿された作品 pixivで「タランス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14287

コメント