ピクシブ百科事典

タランダ・リーゼロッテ・橘

たらんだりーぜろってたちばな

漫画『からくりサーカス』の登場人物。

概要

猛獣使い。
ドイツ人と日本人のハーフ。通称リーゼ。14歳。
元はアメリカの「グレートロングサーカス」の団員で、双子の姉・ヘレンと共に「シスター・リーゼロッテ」として猛獣使いをしていた。
姉を殺した「ビースト」というを倒すために、ライオンの「ドラム」と共に来日したのだという。
ビーストは多くの猛獣使いを再起不能にした伝説ので、としては異常な身体能力と狡猾さを持っていた。
ドラムは尾に猛毒の棘を持つ伝説のライオンでこの二匹は猛獣ショーの目玉だった。

当時の彼女は「ドラム」しか手懐けられなかったため姉・ヘレンに見下され、リーゼもそんな姉に従う事しかできず、姉に強い恨みを抱いていた。
だが姉がビーストに食い殺されてもその呪縛から解放されず、死に場所を求めビーストと刺し違えるつもりでやって来たのだった。
そんな折マスコミの不用意な行動がビーストを檻から脱走させ大参事を引き起こす。
リーゼは予定通り自らをビーストに捕食させ、その隙にドラムの棘を打ち込もうとしたが、の懸命な言葉に「猛獣使い」としてビーストを倒すと決意。
ついにビーストを命令で下がらせ、瞬間ドラムの棘で倒すことが出来た。

こうしてリーゼは姉の呪縛から解放されると同時に自信を手に入れ、本当の「猛獣使い」となった。
そして猛獣使いとして「魔眼」を開花させ、どんな獣も従わせられるようになった。

事件後との縁で仲町サーカスに入団した。
に好意を持つようになったが、あまり進展はない。

関連項目

からくりサーカス 才賀勝

pixivに投稿された作品 pixivで「タランダ・リーゼロッテ・橘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38955

コメント