ピクシブ百科事典

ダイオウデメマダラ

だいおうでめまだら

ダイオウデメマダラとはピクミンシリーズに登場する原生生物である。
目次[非表示]

生態

和名ダイオウデメマダラ
分類イヌムシ科

データ

重さ20〜30(2のみ。1では回収不可)
ペレット(1のみ)「5」×5
価格(2)20ポコ


概要

ピクミン及びピクミン2に登場する。

ピクミン1では最終ステージ「最後の試練」の最奥に潜んでおり、事実上のラスボス扱いである。他の生物と比べ圧倒的な大きさ、体力を誇る。
最後の宇宙船パーツであるへそくり金庫を食べてしまっている。へそくり金庫は回収しなくても一応エンディングを迎えることが出来るが真エンディングを迎えるためには回収しなければならない。

ピクミン2でも登場するがピクミン1の時と比べると小さい個体で大幅に弱化している。
おそらく1で登場したのは、齢を重ね成熟した個体であったのだろう。

性質としてはピクミン1でも2でもほぼ共通でありイヌムシ科で最大の生物。
普段は目又は背中以外を地中に埋めて隠れているが、獲物が近くを通ると身体を起こし、粘着性の舌で絡め取って食べる。
食物連鎖の頂点に立つ生き物であり、巨体を生かし単独行動で狩りをするイヌムシ科最大最強の生物。劇中では、一匹一匹では弱いが集団で協力することにより生存競争を生き抜こうとするピクミンの対極に位置する生物であり、アンチーゼ。またオリマーの冒険に対する集大成として描かれている。
背中の皮膚は盛り上がって角質化しており岩のようになっている為、他のチャッピー系と異なり背中への攻撃は無効である。なので背後を取り優位に立ち回ることは不可能で、危険な真正面から戦いを挑まなければならない。
長年生きている個体の背中には苔やキノコ(ダメマダラダケ)が生え、もはや大きな岩にしか見えない。
ルーイメモによればタンシチューが絶品らしい。

攻略法

ピクミン

上述のように舌を使ってピクミンを食べたりジャンプをして踏み潰すのが主な攻撃手段。
どちらも迂闊に攻撃を食らうと一気に大量のピクミンを失う事も珍しくない。

顔面が弱点であるが、反撃を受けてしまうことがままあるので、バクダンを食べさせ気絶している間に攻撃するのが良い。
この時黄ピクミンも一緒に食べられると犠牲が出る上、気絶時間が短くなってしまう為タイミングがシビアである。
また、体力が多いので下手すると日没による時間切れでドローに持ち込まれる場合もある。
その為かなりの強敵であり長期戦を覚悟しなければならない。

ちなみに、移植版である「Wiiであそぶ ピクミン」では笛を吹いて黄ピクミンが持っているバクダン岩を置かせる技が修正されてできなくなっているため、犠牲を出さずに倒すのがさらに難しくなっている。タイミングを計って黄ピクミンを投げるか、犠牲を出して倒すかはプレイヤーの判断に委ねられる。また、やろうと思えば黄ピクミン抜きで倒すこともできる。

ピクミン2

デメマダラの王国、混沌の魔窟、百戦錬磨の穴、デメマダラの巣窟(チャレンジモード)で登場。地上マップでは登場しない。
前作と比べると若い個体なのか、背中のダメマダラダケも無くなり体が小柄になっており弱体化している。
背中への攻撃が無効なのは変わらないのだが、紫ピクミン白ピクミンゲキカラスプレーゲキニガスプレーなどの優秀な攻撃手段の増加で撃破は容易である。代わりに「デメマダラの王国」以外では複数匹登場する。しかし、「混沌の魔窟」と「デメマダラの巣窟」(チャレンジモード)では、バクダン岩が出現するので、これを食わせると、犠牲を出さずに容易に倒せる。このほかにも地中にいる間に目と目の間に紫ピクミンを連続で投げると瞬殺できるという裏技も存在する。

関連イラスト

マジで道連れ五秒前


関連タグ

ピクミン ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイオウデメマダラ」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10123

コメント