ピクシブ百科事典

ダットサイト/ドットサイトとは

銃用の光学照準器の一つであり、パラボラアンテナ(オフアクシスパラボラアンテナ)の特性を用いてハーフミラー上に投影した光点(もしくは図像)で照準を行う。
近中距離用の照準機器で、スコープと違い等倍のものが一般的。
慣れればアイアンサイトに比べて格段に早い照準動作が可能なので、軍民問わず欠かせないアイテムとして広く普及している。

ダットサイトのハーフミラーは僅かに湾曲しており、投影像が無限遠で結像する仕組みとなっている。
実際にサイトを覗いてみると、あたかも遥か彼方の宙空に、光点がポツンと浮かんでいるかのように見える。
対物側のレンズには光点を見やすくするためのコーティングが施されており、光量次第とはいえ光点はほとんど見えない。
(初期の物は対物側が塞がれており、片目で光点を見つつもう片目で対象を見ることで映像を合成して照準をしていた。現在でもダットサイトの使い方に慣れるために同様に対物側を塞いで練習する者も居る)
従来のアイアンサイトは、照星(フロントサイト)と照門(リアサイト)とを一直線に目標と結ぶ必要があるために、正確な照準が難しく慣熟に時間がかかっていたが、ダットサイトは光点ひとつを目標に重ねるだけで正確な照準が可能であり、比較的短時間で慣熟することが出来る。
また、薄暮時に暗く霞んでしまうことが無い点でも、通常のアイアンサイトより優れている。
(実際にアメリカのノリッジ大学にて拳銃でダットサイトとアイアンサイトの比較実験を行った結果、射撃経験のないものでも光学サイトを搭載した銃の方が効果的であるという結果が出ている)
ただし、ダットサイトの多くは電源を必要とし、故障の可能性もゼロではないことから、不意に使用不能に陥る危険性がある為、バックアップサイトとしてアイアンサイトとの併用は重要となっている。
弱点としては、大気の状態などから零点規正(ゼロイン)が僅かにズレることがある。
また、銃口からアイアンサイト以上に高い位置に照準装置がある事が多い為、ゼロインに使用した距離と違う距離で射撃した場合は着弾位置にずれが生じる。
銃口位置を気にせず使用した場合、サイト上では問題無く視認出来ていても射線は障害物に遮られていた、という事もある。
光点により目標が隠れる為、精密射撃分野には適さず、その分野では精密射撃用のピープサイト(アイアンサイト)や等倍のスコープに劣るといえる。

ダットサイトにはオープンタイプとチューブタイプの二種があり、用途や使用状況に応じて使い分けられている。
前者は軽量コンパクトな一方、外力によって破損しやすく、剥き出しの光源部に埃やゴミなどが詰まって使用不能となる場合がある。ガイドとなるチューブがないために光点を見失いやすく、特に拳銃などのストックのない銃では光点を見失いやすい(対策としてアイアンサイトを併用する取り付け方法にする、もしくはダットサイトにリアサイトが一体となっている物を使うと言った方法がある)。
後者は、光源やグラス部分が頑丈なチューブで守られるため外力や汚れに強いが、価格を抑えにくく、重くなりがちである。筒というガイドがある為か、比較的光点を探しやすい。

光源は主にLEDであるが、蛍光物質とトリチウムガスを封入したトリチウム発光チューブ、自然光を取り込んで光源とする集光チューブといったものを使用した電源不要なものも存在する。
ホログラフィック・ウエポン・サイト」などもダットサイトと同様の効果を発揮する照準機器であるが、レーザーホログラフを利用しているため原理・構造は異なる。
また、軍・法執行機関向けのダットサイトの中には、パッシブ(受光)式のナイトスコープ(暗視装置)と組み合わせ可能な光量を抑えたモードを持つ、上位モデルがある。
今ほどイルミネーションレティクル(何らかの光源を用いて照準線が光る。暗所や黒い目標を狙う際に照準線を見やすくする機能)スコープが普及していなかった頃にはスコープの前に取り付けるといった事も行われていた。
チューブタイプであっても軽量化している現在、拳銃の稼動部分であるスライドに搭載可能なものも登場しており、銃のモデルによってはアダプタを介さずに直接搭載可能なものも登場している。
大変便利な道具ではあるが、実際に使ってみるまではその性能が実感しにくく、取り付けると銃器のフォルムを崩してしまうものが多いせいか、日本の作品で登場する頻度は(標準搭載の銃はともかく、そうでない銃では)いまのところ低い。
これに対して、海外、主にハリウッド映画などでは定番のアイテムとなりつつある。
ちなみに、撮影時には光らせていないのか、海外の映画等でも前後逆搭載したままということがたまにある。

ダットサイトはその多くが等倍ではあるが、像を拡大するテレスコーピック機能を付加するテレコンバージョンアダプター等と呼ばれるものがあり、主にチューブ型のダットサイトに対応している。
ほぼ機種を問わず使用できるブースターやマグニファイアと呼ばれるスコープ状のものもあり、ナイトビジョンのようにタンデム装着して使用する。
フリップ機能もしくはクイックリリース機能が付いたマウントを使用することで必要のないときはどかすことができる。
スコープと併用するためにACOG等の上部に搭載するいわゆる2階建て、斜め位置にもレールのあるレールシステムやそれ用のマウント等を用いて45度位置に搭載(使う際は銃を傾けて狙う)する場合もある。それぞれ一長一短のある取り付け方法のため、どのように取り付けるかは射手の好みによる。
また、ELCAN社のSPECTER DR(SU-230/PVS)のようにプリズムを用いて4倍と等倍を切り替える事が可能、というものも登場している。

ちなみにダットサイトの「ダット」とはもちろん「dot(点)」のこと。「ドット」でも構わない筈だが、日本の銃・エアガン業界ではより本格的な気分になれる「ダット」とされることが多い。(実際のところ「dot」の発音は「ドット」の方が近いので、正しく呼びたいなら「リフレックスサイト(反射鏡照準器)」が正解)

ダットサイトの製造メーカーはスウェーデンのAimpoint、イスラエルのITL Ltd.、日本のサイトロンジャパン(旧名タスコジャパン)、東京スコープ、カナダのRaytheon ELCAN Optical Technologies、アメリカのRaytheon Company、C-MORE Systems、Bushnell、Trijico.Inc.、ホロサイトを製造しているアメリカのL-3 EoTech、Bushnell等が国内でもよく知られている。

関連タグ

ドットサイト スコープ ピカティニーレール

pixivに投稿された作品 pixivで「ダットサイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36940

コメント