ピクシブ百科事典

ダンバル

だんばる

ダンバルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.374
ぶんるいてっきゅうポケモン
タイプはがね / エスパー
たかさ0.6m
おもさ95.2kg
とくせいクリアボディ


他言語版の名称

英語 Beldum
イタリア語Beldum
スペイン語Beldum
フランス語Terhal
ドイツ語 Tanhel


進化

ダンバルメタング(Lv.20) → メタグロス(Lv.45)

3メタ



容姿

青い鋼鉄の体であり、球体の頭部に三本のの脚部分と胴体が一体となった外見をしている。
また、頭部には赤い眼が一つだけある。

概要

所謂600族であるメタグロスの元になるポケモン。
ミニリュウヨーギラスなどと同様な大器晩成型で、最終進化形態が非常に強い半面、そこに至る迄の道のりは非常に険しい。
しかも、前者2種と異なりとっしんしか自力では覚えないため育成には非常に苦労することになる。

初登場のルビー・サファイアではチャンピオンのダイゴの切り札がメタグロスとなっているが、元になるダンバルは野生に存在しない。エンディング後にダイゴの家に行くとプレイヤーへのメッセージと共にダンバルが置かれているのである。
HGSSでもダイゴから交換してもらえる。ちなみにこのときこちらが交換に出すのはフォレトスなのだが、このときフォレトスのなつき度が最大だとはがねタイプについて熱く語る姿が見られる。毎日ぎゅーっとダンバルを抱きしめるらしい。

ちなみに捕獲率がむっちゃくちゃ低い事でも有名。
その捕獲率は驚きの3。早い話が伝説ポケモンと同等の最も低い捕獲率である。
(参考までにミニリュウ45である)
そのうえ技が「とっしん」であるため自ら体力を削り自滅してしまうことが多々ある。
技の都合上ゴーストタイプになす術がない為、さいみんじゅつで眠らせれば捕獲を狙いやすくなる。

なお、この捕獲率である為ヘビーボールにダンバルは入らない
(ヘビーボールは対象が軽いと捕獲率にマイナス20の補正がかかる為、元が3しかないダンバルの捕獲率はこの時点で0になってしまう。つまり絶対に捕まらない)
ただ捕獲率0は1扱いされる説もある。もしそうだとしても天文学レベルの超絶低確率なので無理なのだが。




関連イラスト

猪突猛進

 

ダンバルの重さは95.2kg


チャンピオン ダイゴ



関連タグ

ダイゴ:彼の愛用のポケモンとしても有名。
厨ポケ600族:最終的にはここに行き着く。
ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンバル」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317437

コメント