ピクシブ百科事典

ダース・モール

だーすもーる

ダース・モールは、映画「スターウォーズ」六部作のうちのエピソード1「見えざる脅威」(ファントムメナス)に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

見えざる脅威」に登場した、ダース・シディアスの弟子。人間に近いヒューマノイド種族・ザブラクのシス卿
ただしザブラクの母星イリドニア出身のイリドニアン・ザブラクではなく、惑星ダソミアで人間の女性混血を重ねたナイトブラザーと呼ばれるダソミリ・ザブラク(ダソミリアン・ザブラク)である。
ザブラク特有の頭頂部の何本かの角と、全身に施されたシスの刺青が特徴。
EP1最大の強敵として、共和国から送り込まれた二人のジェダイの前に立ちふさがった。
演者はレイ・パーク

人物

フォースを操る魔女達が住む惑星ダソミア暗黒面のフォースを操る魔女ナイトシスターに仕えるナイトブラザーという戦士の部族に生まれ、幼少時シディアスに見出されてシスとなった。
非常に寡黙な人物であり、初登場したエピソード1では台詞は全くといっていいほど台詞がないものの、その身振りや表情からは、シディアスに対する強い忠誠心とジェダイへの強い闘争心は窺える。

非常に高い戦闘力を誇り、ライトセーバーのフォームの中でも最も難易度の高いフォーム7・ジュヨーを使いこなしていた。また肉体の内側からフォースを引き出す惑星バンドゥキの格闘技「テラス・カシ」も彼の得意技であり、劇中でもライトセイバーの剣技にキックなどを織り交ぜてジェダイふたりを翻弄している。
フォースの扱いにもそこそこ長けているようで、ジェダイ同様物を持ち上げたり、相手を吹き飛ばす技を使用している。
戦闘時には柄の双方から刃を発生させるダブルブレード・ライトセイバーを使用する。

これほどの実力者でありながら、師ダース・シディアスからの弟子としての評価は高くはなく、アニメクローンウォーズで再会した際、忠誠を誓おうとするモールに対しシディアスは容赦なく刃を向けている。
ジェダイを滅ぼすため戦闘に特化した訓練を施されたダース・モールは、強烈な憎しみに支配された戦闘・殺戮マシンとして完成してしまっており、時に狡猾さや利己心が必要とされるシス卿としては不完全な存在であった。ダース・モールはダース・シディアスに対する忠誠心が非常に高く必要とあらば自らの命さえ投げ出すほどであったが、怒りや憎しみなどの利己的な欲望から根ざす感情を源とする暗黒面の力を原動力としそのためなら師匠や弟子を殺害することも珍しくないシスにとってモールの忠誠心は言い換えれば独立心や向上心の無さとも言えたのである。
そのため、シディアス卿はエピソード1終了時点で既に新たな弟子候補としてジェダイ・マスタードゥークー(後のダース・ティラナスことドゥークー伯爵)に目星をつけ、次なる計画に向けて動き始めていた。

劇中における活躍

シディアスの命に従い、アミダラ女王を捕らえ、アミダラを警護するジェダイ、オビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジンの抹殺のために出撃。
タトゥイーン脱出の手はずが整ったクワイ=ガンの前に現れるも、この時は取りのがしてしまう。
そして映画後半で最登場し、クワイ=ガンとオビ=ワン二人を相手取り互角の戦いを演じる。そして死闘の末クワイ=ガンを殺害し、怒りに震えるオビ=ワンの攻勢の前にセイバーの片側を失ってしまうが、一瞬の隙を突いてフォースで弾き飛ばし、溶解孔に追い詰める
溶解孔にオビ=ワンのセイバーを叩き落とし勝利を確信するも、一瞬の機転で師のセイバーを使って武器を取り戻すと共に溶解孔から脱出したオビ=ワンに一撃を加えられ、上下真っ二つとなって溶解孔に転落し姿を消した。
映画後半におけるセイバー戦は挿入歌の「Duel of Fates」と、スタントマンであるレイ・パークの熱演もあってシリーズ中1、2を争う激しいセイバー戦となっている。旧三部作の老人対半機械による静かなセイバー戦、半機械対新人ジェダイの荒削りなセイバー戦とはまた違ったアグレッシブな剣戟の応酬が目に焼き付いた方は多いのではないだろうか。

アニメ「クローン・ウォーズ」ではダース・モールの弟サヴァージ・オプレスが登場している。死亡していたと思われていたモール自身も下半身をドロイドに置き換えた姿で生存していた事が判明し、因縁の相手であるオビ=ワンやアサージ・ヴェントレスと互角以上の戦いを繰り広げた。
しかし、最終的には戦いに敗れて弟共々仮死状態で宇宙船ごと宇宙を彷徨う事になり、マンダロリアンの分派の一つであるデス・ウォッチに拾われる。
モールとサヴァージはデス・ウォッチやいくつかの犯罪組織と手を組み、新たな犯罪組織「シャドウ・コレクティヴ」を設立。
その圧倒的な戦闘能力によって銀河系最大級の犯罪シンジケートであるブラック・サンの一部勢力やジャバ・ザ・ハットの組織さえも旗下に加え、当時のマンダロリアンの主流派である新マンダロリアンに対してクーデターを起こして惑星マンダロアを支配下に置いた。
しかし、モールの急速な勢力の拡大を危惧した元マスターのダース・シディアスがモールらを急襲し、サヴァージを殺害してモールを捕縛した。

「クローン・ウォーズ」の未放送に終わった脚本を基にした正史(カノン)のコミック・小説では後日譚が描かれており、投獄されたモールはその後デス・ウォッチの助けにより救出されたことが語られている。
そしてモールはシャドウ・コレクティヴの残った勢力や、グリーヴァスに滅ぼされたナイトシスターの集落の長でモールの母親でもあるタルジンと共謀し、シディアスと独立星系連合の打倒を企てるが失敗。
シャドウ・コレクティヴは壊滅し、タルジンの集落も生き残りであったアサージとタルジンが殺害されたことで全滅。モールは裏社会への影響力だけでなく家族さえも奪われる事となった。

続編である「反乱者たち」でもシーズン2最終話から登場。この時はシスでは無い為只の「モール」と名乗っている。
全てを奪ったシディアスに復讐する為、惑星マラコアに眠る超兵器を利用しようとする。

役者について

映画で彼を演じたレイ・パークは本来スタントマンであり、格闘シーンでのスタントのみを担当する予定だったのだが、カメラテストで実際にダース・モールの服装をした彼の姿をジョージ・ルーカス監督が気に入ったためにそのままダース・モール役として起用したという経緯を持つ。声はピーター・セラフィノスが吹き替えを行っている。
そのためか映画では初期段階の脚本の時点でさえ少なかったダース・モールの発言シーンがさらに削られることとなり、結果的にダース・モールの寡黙な殺人マシーンとしてのイメージを観客に印象づけることに繋がっている。ちなみに、劇中で瞬きをするシーンはオビ=ワンに切り付けられたシーン一回のみである。

関連項目

STARWARS シス(STARWARS) ダース・シディアス
イース・コス エージェン・コーラー:同じザブラクのジェダイ騎士。
サヴァージ・オプレス:弟にして、同じくシス卿に仕えるダークサイダー。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダース・モール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68842

コメント