ピクシブ百科事典

チェック・メイト

ちぇっくめいと

チェック・メイトとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マンⅡ世』の登場人物。
目次[非表示]

一般的な意味(チェスの「詰み(王手)」)については「チェックメイト」の記事を参照。

概要

CV:遠近孝一 幼年期:木内レイコ

モナコ出身の超人d.M.p悪魔超人軍首領(ヘッド)サンシャインが手塩にかけて育てたナイトメアズNo.2として登場。

大阪にてレックスキングと共にゴージャスマンを破り、レックスがテリー・ザ・キッドに敗れるとキン肉万太郎と対戦した。礼儀正しい口調と身のこなしをするが、慇懃無礼な傾向がある。

ネガティブ感情を教わらずに育てられたため痛みを感じないという強みを持っていたが、それを本人は「どんな技でも耐えられる身体を持っている」と勘違いしており、万太郎の攻撃をかわさずに受け続けたためにに大ダメージを負ってしまい、それが要因となり敗北する。

KKD修得編にて再登場し、万太郎の試合を観戦しながらときにアドバイスを送るなどしていた。
万太郎のKKD修得以降は正義超人へ転身。「第22回超人オリンピック」にもモナコ代表選手として参戦するが、最終予選「二人三脚でZEI ZEI!」にて自分のパートナーに立候補したファンの青年シンヤの身を案じリタイアした。結果は残せなかったものの正義超人としての精神の成長が見られた。

その後、今現在まで作中でまともな試合が組まれていない。
(Vジャンプ版では洗脳されたHFの超人と対戦していた)


また、d.M.p時代には茹で卵の白身と鶏肉しか食わせてもらえなかったせいか、前述のKKD編において試合会場の京都湯豆腐沖縄料理に舌鼓を打つシーンがあり、二次創作では食いしん坊キャラ(もしくはグルメキャラ)のイメージが定着した。他にも公式で、Vジャンプ版では「おでんリング」に興味を示したり、アニメ第一期EDでは師であるサンシャインと串カツを食べるなど、食べ物がらみの描写が多いのも起因しているかもしれない。

容姿

普段の王冠をかぶった顔「キング)」に、右肩に「ナイト騎兵)」、左肩に「ルーク)」とそれぞれチェスの駒を模した三種類の頭部を持ち、「チェス・駒(ピース)・チェンジ」により頭部を交換することで肉体および戦闘スタイルを

  1. 知恵に長けた明晰な頭脳を持つキング(通常形態)
  2. 半人半馬のケンタウロススピードと体格を持つナイト
  3. スピードはないものの煉瓦の強固な重い体を持つルーク

の3形態に変化させる事ができる。さらに、3つの頭部の特徴をすべて兼ね備えた究極形態「グランドスラム」が存在する。

そろそろ・・・チェックメイト・・・いっちゃおうかね?


また、背面側の腰部には普段使わない「ポーン歩兵)」が付いており、それを奪った万太郎が彼に対抗して「チェス・駒(ピース)・チェンジ」を試みるが、脚部がチェスの駒(底面)のような形に変形してしまい、まさに歩兵のように一歩ずつしか歩けなくなってしまった。
結局のところ能力を使いこなせるのも本人だけと見て良い。

漆黒の騎士」の異名を持つにもかかわらず鎧の色は赤だったが、第二部『究極の超人タッグ編』以降では、黒い鎧に白い肌と、名前通りチェスを意識したカラーリングに変更された。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「チェック・メイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103074

コメント