ピクシブ百科事典

チェルノブ

ちぇるのぶ

チェルノブ(ATOMIC RUNNER CHELNOV 戦う人間発電所)とは、データイーストが開発したアクションゲームとその主人公キャラのことである。
目次[非表示]

ストーリー

炭鉱夫チェルノブは原子力発電所の事故に巻き込まれ、体に浴びた放射能の影響で異常能力が身についてしまった。
そして、その能力を狙うべく魔手を伸ばしてきた謎の組織・デスタリアンとチェルノブの死闘が始まろうとしている。
レッツ・ランニング!行け!チェルノブ! 「我が前に敵はなし!!」

概要

チェルノブの名前の由来は勿論、ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所のことであり、事故の半年前にこのタイトルにしたと後に語られている。
前述のストーリーに、タイトル画面の「ソ連国旗」そして、副題の「チェルノブ 戦う人間発電所」と、当初からチェルノブイリ原発事故を連想させる不謹慎ゲームと多方面から非難された。
しかし、当のデータイーストは…
『チェルノブは先に開発した「カルノフ」の従兄弟という設定であり、原発事故とは全く関係ない』
と、釈明している。どう考えても苦しい言い逃れだったようだが…
なお、「スラブ神話にカルノフとチェルノブという兄弟神がいるらしい」という説が少し前まであり、Wikipediaのチェルノブの項目にもその旨が一時期書かれていたが、この説はとあるスラブ神話研究サイトがこの二柱神の解説で「兄弟?」と曖昧ながら明記した所から広がったらしい。
よって現在ではこの説は信憑性を失ったと言える。
(スラブ神話はキリスト教共産党の影響でほぼ断片的にしか情報が現在残っていない)

しかし、「チェルノブイリ」という地名がその「チェルノブ」という神由来であることは明確であり、その神から取られたというのならば不謹慎さは和らぐのではないだろうか。
…などと一部のデコファン擁護していた時からしばらくして、

「当時企画段階までタイトルが決まらず、たまたま最近聞いたチェルノブイリ原発の名前の響きをスタッフが気に入り、そのままタイトルとした、その後本当にチェルノブイリ原発が事故を起こし槍玉に挙がってしまった」

と当時の開発スタッフが語った。
…どっちにしろ「原発が事故を起こして主人公が被曝」「タイトルがチェルノブ」という時点で多かれ少なかれ槍玉に挙がっていたのではなかろうか。

1992年に発売されたメガドライブ版は原発を連想させる設定等は一切排除され、ストーリーも「さらわれた妹を助ける為に父親が遺したコンバットスーツを身に着けて戦う」という話に改変された。
2011年に発生した東日本大震災福島県の原発事故により、より一層、シャレにならないゲームと化してしまったのが何とも言えないところである…

操作方法

ゲームは強制横スクロール型のアクションゲームであり、8方向レバーと攻撃、ジャンプ、振り向きの三つのボタンを使用する。
「強制横スクロール」だけあって、チェルノブはレバーを離していても走り続け、ボス戦時以外は後退することが出来ない。(左にレバーを倒してもスクロールに引きずられながら立ち止まるだけ)
攻撃は正面(直立&しゃがみ)と斜め45°の方向に撃ち分け可能で、背後から敵が現れた時は振り向きボタンを使って対処する必要がある。
ジャンプはレバー入力の有無によって垂直ジャンプと回転ジャンプに派生し、垂直ジャンプは攻撃方向が正面のみに限られるが、敵を踏みつけてダメージを与える事が可能。
ジャンプと同時にレバーを入力する事で飛距離が長い回転ジャンプとなり、この間に攻撃ボタンを押すと回転しながらショットを乱射するが、この状態では踏みつけ攻撃は行えない。

演出

奇ゲーに定評のあるデータイーストだけあって、色々と異彩。
敵キャラや背景は言うまでも無く、赤城山ミサイル「重力分銅」といった武器に加え、得点アイテムの名前も当時の時勢を反映した「円高コイン」「ドル安コイン」などと珍妙極まりない。
また、チェルノブの走り方がやけに気合の入ったスプライトアニメーションで表現されている。

そしてそのエンディングも独特である。

ラスボスを倒すと自由の女神が爆発炎上

そしてローマ字で表示される『OWATTE SHIMATTA』の文字

エンドロール中も走り続けるチェルノブ。そしてスタッフロールが終わって画面外へ消えていく

敵の軍用ヘリが追いかけてきて画面外へ

銃撃音とチェルノブの死亡時のSEが連続で響く

画面にデカデカと映し出される『エンド』の文字

・・・・・ん?


まさかのバッドエンドに多くのプレイヤーが驚愕し愕然としたと思われる。

データイースト作品におけるチェルノブ

以降のデータイースト作品にもチェルノブは出演している。

トリオザパンチ:ステージのボスとして登場。巨大なハンマーを振り回す。

ドラゴンニンジャ:途中のステージの壁画に描かれている。

ファイターズヒストリー 溝口危機一髪!!:ラスボスとして登場。「グニャグニャのたこハリボテが大嫌い」という理由で大阪たこ焼き屋からタコの看板を盗んで溝口に追いかけられる。「愛と正義の使者」を自称しているが、「崇高な目的達成の為には些細な犠牲はやむを得ない」という持論や前述のような所業からやっている事は偽善者そのもの。また、『チェルノブ』のエンディングでデスタリアンの残党に襲われ死亡したと思われたが、実は瀕死の重傷を負いながらも生き延びたという設定になった。

関連タグ

データイースト DECO アクションゲーム アーケードゲーム レトロゲーム メガドライブ X68000
カルノフ

pixivに投稿された作品 pixivで「チェルノブ」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144876

コメント