ピクシブ百科事典

チェ・ゲバラ

ちぇげばら

キューバの革命指導者。異名 『赤いキリスト』。
目次[非表示]

概要

Che Guevara 
異名 『赤いキリスト』
アルゼンチン生まれの共産主義革命家。(1928~1967)
本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna)。「チェ」はアルゼンチン語で「やぁ」を意味しており、ゲバラ自身が「やぁ(チェ)。エルネスト・ゲバラだ。」と挨拶する為に、キューバ人達が「チェ」の発音を面白がって愛称としてそう呼ぶ様になった。性格としては革命戦士トロツキーと同じく、一人で突っ走り、人の言うことを聞かない。戦争能力は高いが※、政治は出来ない感じのようだ。

※ただしキューバ革命時の戦闘指揮は、殆ど副官であるカミロ・シエンフェゴスが執っており、カミロが別部隊に移動し不在の時、ゲバラが直接指揮をとった結果大損害を出したこともある。また、ボリビア革命運動の際には、キューバからの支援が一切受けられず、さらに地元のボリビア共産党の支援を得られず、また敬虔なクリスチャンが多く、無神論を唱える革命論は地域住民に浸透しずらいにも関わらず革命を起こそうとした姿勢から、旧日本軍同様に兵站を軽視していたのではないかという指摘もある。実際に彼の日記からは、武器弾薬は最初に持ち込んだ物以外政府軍からの鹵獲を前提とし、食料も現地調達(親政府派からの略奪も含む)を前提にしていたことが裏付けられている。

生涯

1928年にアルゼンチンで裕福な家で誕生したが、未熟児で肺炎を患い、2歳の時には喘息を診断された。持病のために引越しの繰り返したが、それでも活発な子供時代を過ごし、ラグビーを好んだ。
青年期には1948年に医学の道に進み、バイクで放浪の旅もした。グアテマラで医師となり、1955年に結婚もしたが、共産主義に感化され、グアテマラの革命政権がアメリカの工作によって崩壊したことで革命家を志した。
グアテマラを追われたゲバラは1596年にメキシコフィデル・カストロと出会い、彼に共感してキューバを支配する独裁的な親米派のバティスタ政権打倒に協力。1959年にキューバ革命を達成し、カストロ政権で要職(国営銀行総裁、経済委員)を務めた。
この年に通商交渉に日本を訪れ、様々な企業や工場を視察し、当時通産相の池田勇人とも会談。予定外で広島を訪れ、原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館も見学。その時に原爆の恐ろしさに衝撃を受け、また通訳に「なぜ日本はアメリカにこんなひどい目に遭わされても従うのか?責任を問わないのか?」と問うたいう。帰国後ゲバラは広島の惨劇や原爆の恐ろしさをキューバに伝え、それ以来キューバの小学校では広島・長崎への原爆投下が教えられている。
1964年に国連総会で演説。その後は政治の一線から退き、コンゴボリビアで革命運動に参加するもうまくいかず、1967年に元ゲシュタポクラウス・バルビーの薫陶を受けたボリビア政府軍に捕らえられて銃殺された。

赤いキリスト的革命戦士

ゲバラの肖像写真は、反体制の象徴と建国の英雄の一人としてばかりではなく、世界中でも『赤いキリスト』として大いにカリスマ的崇拝を集め、「世界一かっこいい革命戦士」の姿を作り上げた。
1960年代後半に流行し、現在の南米でも、アメリカ合衆国からの独立という理想を追い求めたカリスマとして敬愛の対象となっており、彼の姿をあちこちで見ることができる。南北アメリカ大陸以外の地域では政治的な意味合いは薄く、ファッションのデザインの一つとして利用されることが多い。

語録

  • 「バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家など想像出来ない」(インタビューでの「革命家にとって重要なこととは?」への答え)
  • 「私のことを冒険家というのなら、たしかにそうだ。しかし、私は違うタイプの冒険家だ。自分の真理を証明するためなら、命も賭ける冒険家だ」
  • 「祖国か、死か!」
  • 「僕を導くものは、真実への情熱だけだ。あらゆる問題について、僕はこの点から考える。
  • 「世界のどこかで誰かが被っている不正を、心の底から深く悲しむ事の出来る人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから」(自分の子供たちに遺した手紙の一部)」
  • 「もし私達が空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう、『そのとおりだ』」
  • 「どこで死に襲われようと、我々の戦いの雄叫びが誰かの耳に届き、我々の武器を取るために別の手が差し出され、他の人達が立ち上がるなら、喜んで死を受け入れよう!」
  • 「落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ」(処刑時の最期の言葉)


関連タグ

アルゼンチン キューバ 革命家 フィデル・カストロ

pixivに投稿された作品 pixivで「チェ・ゲバラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65448

コメント