ピクシブ百科事典

チチ

ちち

チチは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物。主人公孫悟空の妻で、孫悟飯・悟天兄弟の母。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 漫画『ドラゴンボール』の登場人物。本記事で解説。
  2. 漫画『トリコ』の登場人物。

概要

声:荘真由美渡辺菜生子

牛魔王。主人公・孫悟空の妻であり、孫悟飯孫悟天の母。

エイジ737年生まれ。
12歳の時にフライパン山の火を消すため、芭蕉扇を持つ亀仙人を探して旅をしている途中に出会った悟空におまたをパンパンされたことで、将来お嫁さんになることを勝手に決意。
因みにこの時、きれいな心の持ち主にしか乗れないとされる筋斗雲に乗れており、当時としては筋斗雲に乗れる数少ない人物の一人でもある。

19歳の時、第23回天下一武道会匿名希望と名乗り出場、全然お嫁にもらいに来てくれない(ただしアニメ版では何度か再会している)悟空に会いに行く。予選を余裕で勝ち抜き、悟空と対決。顔を合わせても自分を思い出せない悟空に苛立ちながら猛攻を繰り出すが、長年の修行で大きく成長した悟空にはまるで通用せず敗退。試合に負けたことで本名を明かし、ようやく約束を思い出した悟空の「じゃあ結婚すっか」の一言であっさり機嫌を直し、その場で結婚してしまう。大会終了後、筋斗雲に乗って二人で新婚旅行に旅立つ。その後は東エリアの人里離れた山奥(アニメではパオズ山)に住居を構え同棲したとされる。

その1年後、長男の悟飯を生む。夫が亡くなったセルゲーム後、次男の悟天を生む。
作中、夫には2回死なれ、サイヤ人襲来の折24歳の若さで一年間未亡人となり、二度目は30歳の時(最終的に七年後に夫が生き返る)。

人物像

黒髪のストレートヘアーとドングリのような大きな瞳が特徴の可愛い顔立ちの女性。
性格は前述通り清らかで天真爛漫だが、芯が強く頑固なところがある。加えて思い込みが激しく、こうと思ったら最後まで押し通す。小さな頃から父親である牛魔王の影響で武道にたけていた。父同様、東北弁に似た訛り口調で話す。

また、地球人を遥かに凌駕する戦闘民族のサイヤ人でありどんどん強くなりつつある悟空が力加減を間違えて突き飛ばしてしまっても生存するなど機関銃にもビクともしない父親同様頑丈。
加えて、孫悟空との間に二度にわたって子を宿し出産しながらプロポーションを保ち続けており、亀仙人にスケベな眼差しで見られることも。
明確に描かれていないが夫同様に亀仙流の流れを組む武術を学んでいる為、孫家の強さを誇る上では欠かせない人物といえる。
しかし亀仙人の二番弟子だった父・牛魔王が技より力タイプだったためか舞空術は体得していないため、何かしらの重要な場面には置き去りにされることも多くもっぱら筋斗雲に乗るか、舞空術の使える息子たちに運んでもらっている。

結婚後はまさかの鬼嫁へと変貌。修行にかまけて全く働かない悟空に対してたびたび喝を入れている(因みに夫婦の生活費は牛魔王の財産に頼りっきりであった様子)。
更に母親になってからは異常な教育ママぶりで、息子の悟飯を養育。その態度は徹底しており、ベジータとの初戦後にて、夫の知人が複数死亡し、夫は全身包帯塗れという異常極まりない事態にあってなお「勉強が遅れる」と病室で喚き散らすような一種パラノイアじみた狂態を見せており、この時ばかりは悟空ですらキレかけていた(ゲームで少女時代のチチと大人の悟空を戦わせると、悟空が「昔はかわいかったのに」とぼやいている)。
尤も、Zのサイヤ人編直前の天下一武道会で悟空とピッコロの激しすぎる激闘を見たのがトラウマとなり、悟飯にまで同じ目にあってほしくない、悟飯は戦いとは無縁であって欲しいという見立てもできるかもしれない(事実、ピッコロに嬲られる悟空の姿を直視できなかった描写があった)が、その姿勢が原因で一部のファンから残念がられていた。
しかし、人造人間編では悟飯の勉学に拘る場面こそあったが、悟空が病に倒れた際には治療薬を持ってきたトランクスに感謝の言葉を伝える場面があったり、病気が治ったばかりの悟空を戦わせようとする仲間を一喝したり、悟空の死を知って泣き崩れるなど夫への深い愛情を示す場面が挿入されていた。
悟空自身も自分が身勝手である自覚があるのかチチには頭が上がらないため、亀仙人から宇宙最強は超サイヤ人の奥さん、ピッコロから超サイヤ人を黙らせるとは侮れないと称されており、悟空の仲間の格闘家たちもまたチチやブルマには頭があがらない。

悟飯を溺愛するあまりに悟空をないがしろにしていると捉えられがちだが結婚後も夫の悟空を深く愛している。
原作者が恋愛描写を描くのが苦手なため、原作では淡白な印象があるがアニメではそれを補正するかのごとく手編みのセーターを作る、お姫様抱っこキスなど悟空との仲の良さが描かれている。
チチ同様にサイヤ人を夫としたブルマとは仲が良いが、時には悟空とベジータのこと、悟天とトランクスのことで張り合うことがあり、純粋な強さ以外にも夫のカッコよさでも張り合っている。
また当初は夫を嬲り、息子を誘拐したピッコロを嫌悪していたが人造人間襲来までの三年間の修行の間に親しくなったのか、『ピッコロさ』と呼び、夫と息子同様に無事を祈る場面がある。
悟空の死に思うところがあったのか、その後誕生した次男の悟天には組み手を教えるなど、悟飯の時には嫌っていた武術も少しは教え込んでおり、悟飯に対しても天下一武道会出場を快諾するなど、パラノイア的な学歴崇拝はおさまっていたらしい。劇場版に至っては「勉強に勤しんでいる悟飯がたまには気分転換できるように」と格闘大会に出場させたことすらある。
超サイヤ人金髪不良なので嫌っており、悟飯が超サイヤ人状態で現れた時や悟天が初めて超サイヤ人化した際には「オラの悟飯ちゃん・悟天ちゃんが不良になっちまっただー!!」と大泣きしてしまった。(超サイヤ人になると軽い興奮状態、凶暴性が増すことを考えれば間違いじゃないかもしれないが、実際ただの偏見である…)

大食らいの悟空父子の胃袋を預かるだけあり料理の腕前は高く、悟飯に舞空術を教わりにやってきたビーデル(後の息子嫁)が昼食を御馳走された際は「うちのコックより美味しい」と高く評価されている。ただし山暮らしということもあってか、恐竜や爬虫類などを食材にした料理が多く、『GT』では友人のブルマブラ母子がはじめて食べる肉料理の食材を聞いて硬直する姿もあった。

身長等

身長167cm→163cm 体重49kg→50kg
バスト88cm(Dカップ) ウエスト57cm ヒップ85cm
二次創作ではより大き目の胸に描かれることが多々ある。

実写版「DRAGONBALL EVOLUTION」におけるチチ

演 - ジェイミー・チャン/吹き替え - 小清水亜美
悟空の通う高校の同級生で、学内のマドンナ的存在。
武術を心得ている点は原作と共通するが、田舎育ちではなく、バリバリの標準語で喋る。どちらかというと、魔人ブウ編におけるビーデルに近い立ち位置のキャラである。
悟空にとって当初は高根の花ともいえる存在であったが、後に悟空の実力を知って以降よきライバル兼恋人となる。

関連イラスト

少女期

ヘルメットビキニアーマーマントというちょっと過激な格好。
ヘルメットの部分はアイスラッガーエメリウム光線が出せる。
アニメ版では16歳の時まで小柄であり、この過激な格好をし続けていた。

「神と神」公開記念☆チチ
悟空とチチと牛魔王


ちなみに『超ドラゴンボール』では大人状態でこのカッコになるというサプライズがある。

マジュニア

天下一武道会ではヘルメットや防護服の着用が禁止なためか中華風の格好に変更。カンフー服着用で肌の露出が減る。

匿名希望という名の
悟空さ~ ぎゅっ!


サイヤ人編~セル編

専業主婦となり戦わなくなったため、チャイナドレス着用。

記念写真【年賀状2009】


魔人ブウ編

しーーっ。
孫家.



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改
孫悟空(ドラゴンボール)カカロット) 孫悟飯 孫悟天 牛魔王
ビーデル パン(ドラゴンボール)
悟チチ 孫家 バーダック じっちゃん
ビキニアーマー 鬼嫁 中華娘 チャイナ服 チチの乳

pixivに投稿された作品 pixivで「チチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7108317

コメント