ピクシブ百科事典

チブル星人

ちぶるせいじん

『ウルトラセブン』に登場した、知能指数10,000を誇ると言われる宇宙人。
目次[非表示]

概要

人間態:植村謙二郎 操演:中島徹郎
ウルトラセブン』の第9話「アンドロイド0指令」に登場。
・身長:2メートル
・体重:500キログラム
体がひょろい事を考えると、地球人の何倍も重い体重は、
脳に占められていると考えていいだろう。

知能指数はなんと10,000(50,000説もある)。

変身能力を備えているが、ウルトラセブンと戦える程の攻撃・防御能力は持っていない様子で、投げ飛ばされてエメリウム光線であっという間に殺されてしまった。
イカルス星人闇のエージェント)曰く「あんまり強い方じゃない」
このためか、大怪獣ラッシュウルトラマンギンガSに参戦した個体は「チブローダー」と呼ばれる一種のパワーローダーに搭乗している。

知能指数10,000の実力

セブン暗殺作戦

「強力なヒーローであるウルトラセブンを、人間状態のうちに倒してしまおう」と画策。
で、美人アンドロイドゼロワン握手させ、彼女の放電で殺してしまう作戦を立案。
単純かつ明解、最低限のコストで行える無駄の無い作戦だ。
…が、01が握手・放電した相手はフルハシ隊員
ダンくらい教えておけよ…
また、フルハシ隊員が死ななかったことから、おそらくダン相手でも死ななかったはず。
せっかくの作戦も実行できなきゃ意味が無いという良い見本ですね。

地球侵略作戦

チブル星人の作戦は、「玩具に偽装した武器を、ワッペンで洗脳した子供に持たせ、その子供達を尖兵として侵略を行う」というもの。

子供相手なら、大人の軍隊は手出しが出来ないだろう、という企みである。
…ぶっちゃけ催涙ガスでも撒けば簡単に崩せる作戦だと思うが。

結論

以上の作戦を見るに、地球に来た個体は、あんまり頭が良くなかったようである。

また、作戦におもちゃ人形を使ったり、「大人は子供を撃てない」という前提で作戦を進めていた事から、地球に来たヤツは(老人に化けていたとはいえ)実はチブル星人の子供なのではないか、という考察もある。

とはいえ、小さなワッペンで人間を洗脳したり、人間と全く見分けがつかないアンドロイドを開発したり、小学生に扱える大きさ・重さで十分な殺傷能力のある銃器を量産したりと、チブル星全体の科学技術は高いレベルである事が伺える。

仮に、地球防衛軍アメリカ軍の制服を生産している企業に、チブル星人が忍び込んだら…と考えると恐ろしい。

また、後の世ではこの作戦を実行できそうな技術が使われたり似たような作戦を決行した人物が居たりする
時代が時代だったら、案外この作戦で地球侵略も可能だったのかもしれない……時代を先取りしすぎだ。

2051年、チブル星人の逆襲が始まった。



児童誌でのチブル星人

ウルトラマンタロウ』では中盤から過去の怪獣宇宙人が登場するようになるが、これの裏で糸を引いていたのが「怪獣軍団」なる組織らしい。
リーダー格のメフィラス星人の元で、チブル星人参謀本部の議長としてヤプールヒッポリト星人といった将軍たちと共にさまざまな作戦を立案するもすべて失敗に終わったとのこと。ちなみに参謀にはナックル星人クール星人も雇用されていたらしい。

ちなみにゼットンは候補として真っ先に選ばれたが、ウルトラマンジャック負けたため外されたらしい。おのれバット星人!!

チブル星人エクセラー

宇宙(そら)からの視線


「グレイト!ゲームを始めよう‼」
CV/江口拓也
ウルトラマンギンガの第二期に当たるウルトラマンギンガSにて登場。
グランドマスターと崇める何者かの手によりスパークドールズから実体化したチブル星人の別個体である。

大怪獣ラッシュのチブル星人

大怪獣ラッシュにて星人ハンターの一体として登場。
本作ではプラズマギャラクシー最高の頭脳と呼ばれており、自身の低い戦闘力を補うためにチブローダーというパワーローダーに搭乗している。

チブローダー

青いカラーをしており、「対プラズマ怪獣専用パワードメカ」という二つ名を持つ。
武器はビームレーザーポッドとミサイルポッド。
チブル星人はこの形態を「エレガント」と評している。

チブローダーストロング

CV:粕谷雄太
赤いカラーの格闘戦向けチブローダーで、「パワードメカストロングVER」という二つ名を持つ。必殺技は剣を使った技「ブレイカーストロング」チブル星人はこの形態を「更にエレガントになった」と評している。

CGムービー版にはGUNDER huntingに登場。
プラズマ怪獣となったガンダーに立ち向かいプラズマソウルを破壊することに成功するが、直後に冷凍光線を受け機能を停止。
しかし「このまま撤退するのは割に合わない」とラッシュハンターズに協力し、プラズマガンダーを倒すためのアドバイスをした。

チブローダーリミテッド

ギャラクシーギルドの秩序を守る組織「ギルドガード」の切り札で、上記二つの高性能機。
二つ名は白い悪魔のチブローダー」

余談

  • 名前の由来は沖縄方言でを意味する「ちぶる」から。沖縄を舞台にしたアニメはいたい七葉』でテンペラー星人が登場した回では登場人物の一人が「ちぶるやみぃー(頭痛い)」と言っているシーンの後ろで描かれている。
  • 前述のギンガを始めとした二次創作では知能最強、腕力最低という設定から、陰険な参謀黒幕として登場することが多い。
  • ウルトラ銀河伝説ではベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した。
  • 一峰大二の漫画版では巨大化し、ウルトラセブンと格闘戦を繰り広げるが最後はアイスラッガーで倒された。
  • 内山まもるの漫画「決戦ウルトラ兄弟対11大怪獣」では、ニセウルトラセブンを使ってウルトラマンジャックを倒そうとするも失敗。ゼットンを始めとした11大怪獣を率いて日本に攻め込むが、駆けつけたゾフィー前のウルトラマンウルトラセブンに阻止された。
  • 「小学三年生」1980年8月号掲載の制野秀一の漫画「ウルトラマン80」ロボット軍団の巻ではメガギラスクレージーゴンキングジョーガメロットユートムビルガモ恐竜戦車アイアンロックスのロボット軍団を率いて、ウルトラマン80と戦った。
  • ウルトラマンSTORY0」ではダダ共々ザラブ星人配下としてアイアンロックスに搭乗していた。
  • ウルトラ忍法帖」では朧党の怪獣忍者「血風流」として第1話に登場した。少女漫画のように変化させた目で相手を犬にして操る忍法「犬傀儡」を使うが、原典の知的な面は一切ない。料理の皿に一服盛られた将軍を医者に変装して暗殺しようとするが、頭でっかちの異様な風貌をマンに突っ込まれ、胴斬りにされた上半身から正体を現した(家老は騙されていた)。しかし頭の重さで逆さまになってしまい、錘で身体を固定するも今度は身動きが取れない所をマンにボコボコに殴られる。苦し紛れの犬傀儡でマンを操り将軍を噛み殺させようとするが、セブンのドッグフードに気を取られたマンはエメリウム光線で正気に戻ってしまう。手下のケムールアイスラッガーで一掃され、最期は忍法(笑)ガムテープで目を塞がれた所を八つ裂き光輪で真っ二つにされて倒された。将軍も解毒剤で助かったが、マンに掛けた犬傀儡は完全に解けてはいなかった…
  • 声優水橋かおりが好きな宇宙人として挙げている。
  • 『セブン』第9話は、本編班(人間ドラマを撮影する班)のみで撮影され、特撮班は参加していない。過密スケジュールに追われる特撮班の負担軽減のために取られた措置で、脚本も最初からそれを前提として作られた。チブル星人の作戦が地味なことや、都市破壊やウルトラホークの空中戦、セブンの巨大化戦がないのはそのためである。
  • 人間態を演じた植村謙二郎は、帰ってきたウルトラマンにてメイツ星人の人間態・金山を演じた。


関連項目

ウルトラ怪獣 ウルトラセブン ウルトラマンギンガS ウルトラシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「チブル星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95701

コメント