ピクシブ百科事典

チーズケーキ

ちーずけーき

クリームチーズ・カッテージチーズなどを用いて作ったケーキの事。
目次[非表示]

概要

発祥はギリシャであるが、当時はプリンのようなものだったという。
中世ポーランドあたりで今で言うベイクドタイプのものが出来上がったらしい。

種類

チーズケーキ


ベイクドチーズケーキ

チーズ牛乳などを混ぜて焼いたもの。基本的に全体を焼いたタイプである。
しっかりと詰まった食感と濃厚な味わいで食べごたえがある。「ニューヨークチーズケーキ」もこれの一種。

スフレチーズケーキ

卵をよく泡立て加え蒸し焼きにしたもの。
全体が均一にふくらんでいて、表面だけ焼き色がついており、土台はない事が多い。
軽く、しっとりとした口当たり。
海外では「ジャパニーズスタイルチーズケーキ(japanese style cheesecake)」と呼ばれる。

レアチーズケーキ

火を通さずクリームチーズに生クリームを混ぜ合わせたものをゼラチンで固め冷やしたもの。
土台のタルト生地やスポンジなどは焼いてあるが、メインのチーズ生地は焼かない。土台がない場合もある。
クリーミーでさっぱりとした味わい。

広義

イタリアでは、チーズを使用したお菓子はみな、チーズケーキといわれる事がある。
イタリアのチーズケーキはマスカルポーネやリコッタチーズを使用しているが、そうしてつくられたお菓子は、日本でもティラミスズコットなどのように固有名詞が使われている事が多く、チーズケーキとは銘うってない事が多い。
最近ではフロマージュ(フランス語でチーズの意味)という言い方もある。

歴史

日本に初めてケーキが伝来したのは、1543年にポルトガル船が種子島に漂着した事が始まり。
このとき伝わったケーキはカステラである。1922年(大正11年)、ショートケーキが誕生。
不二家によって全国に広まる。これはスポンジを使って日本人向けに改良されたものだった。
チーズケーキが流行するのは、その30年後も先になる。
洋菓子を扱う「トップス」(赤坂)「モロゾフ」(神戸)を発売し、普及に一役買った。

今では、ケーキ屋さんの店頭には必ず置いてある定番商品となった。
近年はどんどん種類が増え、クッキーを織り交ぜたものや、りんごブルーベリーバナナかぼちゃマロンなど、色々なフルーツを合したチーズケーキが登場。
使用するチーズの種類や焼き方にもこだわったりと、そのアレンジは多彩である。

関連イラスト

チーズケーキ

チーズケーキ
チーズケーキ(練習)


オリジナル

花言葉は幸福、約束
チーズケーキのせい


版権

幻想水滸伝 ゲオルグ
至福の時
今日は僕の誕生日です!
ベア子とチーズケーキ



関連動画

作り方


関連タグ

お菓子 / 洋菓子
料理 洋食 食べ物
チーズ ケーキ チーズ蒸しパン
ストロベリーチーズケーキ チーズスフレスフレチーズケーキ / ジャパニーズスタイルチーズケーキ) チーズタルト ブルーベリーチーズケーキ ベイクドチーズケーキニューヨークチーズケーキ) レアチーズケーキ / レアチーズタルト
おやつ スイーツ
不二家 ギリシャ

チーズケーキが好物のキャラクター


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「チーズケーキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414692

コメント