ピクシブ百科事典

ツチノコルテス

つちのこるてす

一ノ四乗のオリジナルキャラ「コルテス」が変身し、ツチノコになった姿の事である。
目次[非表示]

ツチノコルテスとは

一ノ四乗のオリジナルキャラ「コルテス」が変身し、ツチノコになった姿の事である。

一ノ四乗の設定によると、
「神としての能力を殆ど失い半神となったコルテスが、更に力を無くした状態」
という設定である。
しかし、それ以外にもツチノコ化する原因はあるようにも見られる。

白い体に羽を生やし、額には赤い宝石が埋め込まれ、
背中には赤い二重丸模様のある、つぶらな目をしたツチノコである。
体長についての表記はないが、イラストを見る限り手乗りサイズらしい。

意外と食欲旺盛なヤツで、ワンポンドステーキを一瞬で平らげたり、酒を平気で飲んでいたりしている。
(しかし酒を飲んだ後酔っ払って一瞬だけケツァルが登場した)
足も速く、一ノ四乗の設定によると時速200km。
その上ジャンプ力も強く、絵茶等で画面の下から上にジャンプして去る現場が目撃されている。
ツチノコだが恒温動物であり、平熱は38度。
その為よく絵茶Twitter内の会話等でカイロ代わりに使用されている。


ツチノコルテスの誕生

ツチノコルテスに関する過去最古の絵は、
企画「ぴくポプ」(pixiv pop'n music)に投稿された
「コルテス」のキャラシート内の漫画3P目であった。
この頃はまだ作者である一ノ四乗本人も「つちのこ」としか表記しておらず、
コルテスとツチノコルテスの間に名称による差異は無かったと見られる。

しかしコルテスのキャラシートが投稿されて間もない頃、
ぴくポプ参加ユーザーを中心とした絵茶が開催された。
一ノ四乗は自身が初めて経験する企画内絵茶でなんと
集合絵の中心をつちのこで陣取りやがったのだ。

普通は遠慮するだろ、とかいきなりそれはねーよ、とか文句はあるだろうが、
自他が認めるほどつちのこは人気であった。
そしてその集合絵の製作の最中に「ツチノコルテス」という名称が完成したという。

ちなみに、この絵茶の数日後に開かれた別の絵茶では
ツチノコルテスの名台詞ともいえる
「(・0・)いいぞー」が誕生した。
そこでは大量のツチノコルテスの分身がダンボールに詰められ
ご自由にお取り下さい状態であったらしい。
(なお、このツチノコルテスは全て後述の「分身ツチノコルテス」である模様)

なお、この絵茶で描いた集合絵は現在は削除されているらしく、確認は不可能と見られる。

ツチノコルテスとツチノコではないコルテス

【ぴくポプ】伸び



ツチノコルテスタグは大抵、ツチノコルテスが画面上に確認されているイラストであれば、
メインとして描かれていなくても付けられている事が多い。
これに対して、ツチノコではないコルテスというタグがあるが、
これはメインに描かれているのが人間体のコルテスであり、
なおかつイラストのどこにもツチノコルテスが確認されない場合に用いられる。

分身ツチノコルテス

【ぴくポプ】分身ツチノコルテス【ランドXmas】


「俺の分身ツチノコルテスは、まあ、何と説明しようか。……まあ、分身だ。」 byコルテス

ツチノコルテスは何故か分身する
しかもそのうちの一部が他の御家のキャラ様達の所に住み着いている
ちなみに分身のツチノコルテスはツチノコルテスのままであり、
コルテスやケツァルへは変身しないので安心して愛玩用動物として飼育できる。

分身ツチノコルテスを飼育している(と思われる)方々と飼っているツチノコルテスの特徴

  • ユンタオ様

 絵茶内で遭遇。親睦の証に花を渡しに行き、以後仲良しに。
 飼い主に貰った緑のマフラーをしている。

  • ラグナロク君
 絵茶内で遭遇。コルテス本人の恋人であるヘリオス君に借金を渡すパシリにされる。
 ワンポンドステーキを平らげたのもコイツ。
  • 黄昏惟良彩様
 絵茶内で遭遇。突然目の前に落ちてきた。以後ペット兼カイロとして扱われている。
 ジャンプしては着地失敗するのでよくたんこぶが出来ている。
  • キュア様
 クリスマス企画中のプレゼント交換で注射器と交換された。
 飼い主が飼い主だけに(?)震えている。
  • エドヴァルド様
 クリスマス企画中におまけでプレゼントした。
 飼い主も手のひらサイズなので抱き枕にされている。
  • i様
 Twitter内で遭遇。試供品のごとくすんなり渡された。
 修行の末、頼れる自宅警備員となった。鉢巻がトレードマーク。

ちなみに分身ツチノコルテスはいくらでもいるので、いくらでも貰って(・0・)いいぞー!


関連タグ


ぴくポプ 一家四乗 ツチノコ ノコッチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ツチノコルテス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2030

コメント