ピクシブ百科事典

ツバキ=ヤヨイ

つばきやよい

アークシステムワーク制作の2D対戦型格闘ゲーム『BLAZBLUE』(ブレイブルー)の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

身長160cm
体重47kg
誕生日3月14日
血液型A型
出身地第三階層都市「ナオビ」
趣味歌・絵画
好きなもの時代劇
嫌いなもの戦争
CV今井麻美


人物

十二宗家「ヤヨイ家」の次期当主。
憲兵部隊である第零師団「審判の羽根」に所属する統制機構衛士。階級は中尉、CHRONOPHANTASMAでは少佐に昇格する。
名門「ヤヨイ家」に生まれ育ちながらも奢ったところはなく、誰とでも分け隔てなく気さくに接する心優しい女性。文武両道を地で行く優等生で、周囲からもしっかり者で皆のまとめ役として信頼されているが、やや生真面目で融通が利かない面もある。軍人として職務に従事するものの本人は戦争は人を変えるという理由で嫌っており、戦いをなくすためには秩序が必要であると考えている。その為ならば汚れ役を買う事にも躊躇がない。また小説版では大切な人を守れる強さを求めており、十六夜を使って私にも大切な人を守るために戦えないかと思っていた。

士官学校の頃よりノエル=ヴァーミリオンマコト=ナナヤとは親友で、ツバキ自身もノエルやマコトのことを本当に大切な親友(小説版ではかけがえのない親友)だと思っており、ノエルに対してはジンみたいに変わらないで欲しいと思っていた。小説版ではノエルに対して引っ込み思案で大人しくて、人見知りの気弱な女の子だけど、時々驚くほどの行動力を見せたり、素晴らしい術式の適正を持った才能の溢れた子だと、ツバキもノエルと一緒にいるのが好きで、ノエルに頼られるのが嬉しかった。ノエルとマコトと過ごす時間はツバキにとっての宝物だと思っていた。
しかし、ジンの秘書官にノエルが選ばれた事に対してしっとしており、いなくなればいいのにとも思っており複雑な感情を抱いていた。また小説版ではツバキがなりたいと願っていたジンの秘書官にノエルが選ばれた時、少なからず嫉妬を覚えており、それを受け入れ抗議しなかったジンに小さな不満を感じていた。

マコトによると超お節介焼きで勉強ができて、誰にでも優しくて、みんなのことを大切にしてる人とのことで、小説版でノエルとマコトからは真面目で、少し頑固で、とても優しい子だと思われていた。ノエルによるとツバキは成績優秀、品行方正という言葉が良く似合い、誰にでも優しく誰からも好かれる人物で、学校生活に馴染めずにいたノエルに声をかけ、試験前にはマコトとノエルに一緒に勉強を教えたりなど何かと世話を焼いていたという。ノエルにとってはツバキは誇らしい自慢の親友だった。特にノエルからは純粋で真っ直ぐで真面目で潔白な天使みたいな子で、何でもできるツバキに憧れておりツバキの側にいると、自分まで彼女の気高さに照らされているような気がすると、ツバキとはいつまでも一緒にいられると思っていた。しかし、規則や規律に違反するのがで苦手で、そのうえ任されたことはきちんと最後まで片付ける人だとも思われており、マコトからも真面目だから選べない選択肢を両手に乗せたまま、何度も自問しながらカグツチまで来たのだろうと、もしノエルと会ったら任務に従おうとして暗殺命令を受けていたノエルを殺そうとすると思うと思われていた。

また幼馴染であるジン=キサラギのことが大好きで「ジン兄様」と呼び慕っている。小説版ではジンの隣になるのが夢だったが、いつだって気恥ずかしくて申し訳ないと思っており、いつかジンの横に並ぶに相応しい、立派な女性になれたなら、側にいてもも恥ずかしくない、そんな大人になれたらと思っていた。またジンからも彼女を知る誰もがそう思うようにとても優しい人だと思われていた。

カグラ=ムツキとはカグラによると小さい時からの付き合いで、真面目で真っ直ぐな良い子とのことで、俺が望む世界にはああいう子が必要だとの事。また、「人の上に立つのは人としての痛みも苦しみも知るツバキみたいな奴でないとな」とも言っていた。

しかし、ジンの兄であるラグナ=ザ=ブラッドエッジのことは、ジンとノエルたちの統制機構脱退の要因にして憎むべき敵、滅ぼすべき悪として嫌っている。(彼がジンの兄であることを正確に教えてもらった描写が今のところない)


余談だが、別の戦闘力タオカカ曰く、「普通」とのこと。

封印兵装:十六夜

審聖·人ヲ裁ク神


十二宗家が一つ、ヤヨイ家に伝わる術式兵装。ツバキの服、剣、盾その全てをもって十六夜とされる。「ムラクモユニット・プロトタイプ」とも呼ばれる。自身の持つ光を触媒に全ての能力を引き上げるかわりに、(これが彼女のドライブであるインストールとなっている)その代償として使用者の視力を奪う。しかし上記の性能はあくまで「副作用」で、本来の性質は「対観測者用」兵装として特定の波長を完全に吸収する力にあり、事象干渉すら無効にする。また「対観測者用」兵装とは太古の人類が作り出した兵装のことで、獣兵衛もその詳細を知らなかった。
視力を奪うだけでなく、マインドイーターと呼ばれる洗脳する機能も持ち合わせるなどの要素から、ジンは十六夜を「忌まわしい封印兵装」と呼んでいる。
真の力が覚醒すると「零織・イザヨイ」となり「不死身殺し」の力を持つ「矛」となる。「不死身殺し」とは「理の外となる者」を倒すことができる力で、相手に対し強制的に死を認識させる能力もあり、この力によりレイチェルをも殺すことが可能になる。
ただし、「秩序の力」を持つジンには効果が無かった。
またそれだけでなく『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』のイザヨイの勝利セリフや対戦前などのセリフで、ラグナのことを「黒き者」と言い、ジンの中にある「秩序の力」についても知っているなど何かが見えている描写がある。それだけでなくレイチェル戦の勝利セリフで「今なら観えます・・・貴方が何物なのかが・・・。」と発言しておりレイチェルが何者なのかも知っている模様。

ブレイブルー本編から最低でも数百年以上前にも持ち出されており当時から危険物扱いだったようだ。

ゲーム中の性能

最初に発表された開発者コメントによると、ツバキは「初心者向けに調整」されている、との事。
ドライブ技は必殺技を強化する「インストール」で、ドライブ技では珍しく補助的な性能。このゲージがあるときに、使いたい技のコマンドを入力後にDボタンを押すと、強化版が使える。

CONTINUUM SHIFT

CSから参戦。
前作のノエル・タオカカ並の高機動力が売りで、各種行動も素直でわかりやすい。見切りづらい中下段に加え、ガード不能攻撃などで崩し能力が高く、ラッシュ力がある。突進技、昇竜なども完備している。
ゲージを溜めることで強化技が使えるため、いかにその時間を都合するかが立ち回りの要となる。
 
通常技のリーチのなさからまともに牽制することができず、牽制はゲージ依存の強化必殺技に頼ることになる。しかしガン攻めが強いゲームシステム上、暢気に遠距離でゲージを溜めている時間はあまりない。ゲージがなければツバキの必殺技は性能が悪いわけで、
固められてゲージが溜められない→ゲージがないと必殺技で牽制できない→固められる→ゲージが溜められない、の悪循環に陥ることになる。
 
研究が進み火力も大きく伸び、対空攻撃など優秀な技もあるのだが、いかんせん中途半端で器用貧乏な感が強い。ぶっ放しのリスキーな牽制にしっかり反応されたり、ガード不能の溜めに金バーストをあわせられると目も当てられない。
 
現状では下位キャラとされている。





余談

ブレイブルー人気キャラランキング


アーク25周年記念の人気投票にて1位を獲得、その結果「深窓の令嬢セット」として抱き枕セットが発売された。いいぞもっとやれ中の人曰く「化けて出てやる」とのこと。我々の業界ではご褒美です
夢盛り

外部作品への参戦

スクウェア・エニックスのアーケードカードゲームロードオブヴァーミリオンIIIのVer3.2でレイチェルと共にゲスト使い魔として参戦。
種属は神族、ジョブはアタッカー、タイプは「審判者」、コスト40、ATK70、DEF60という中型使い魔として扱われている。
超覚醒時にアビリティ「スレイヴァートランザム」を行うとATK160:DEF150となり、グラフィックもイザヨイへと変化する。パラメータは至って平均的だが、このアビリティの真価は3回攻撃が可能となり、ATK60の固定ダメージを2回できるというえげつない性能となっており、元々ダメージが通りやすい相手ほど強烈に刺さる。しかもフリッカースタイルでも固定ダメは通る。これでも3度の弱体化を受けている。弱体化していないときは一回の攻撃分の固定ダメがATK120であり、ATK240の固定ダメが入る仕様だった。しかもフリッカーで。つまり、相手を弾きながら大ダメージを与える壊れ性能である。格ゲーの鬱憤を晴らすかのごとく敵をバッサバッサとなぎ倒してしまう状態だった。ツバキ(イザヨイ)が近づいてきただけでマナタワーに在住した敵が蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う光景が見かけていた。
ただし、ディフェンダーには弱いため過信は禁物。

関連イラスト

ヤヨイちゃん
覇者
Happy Birthday TSUBAKI
ツバキさん
リク絵 ツバキ
無題
ツバキさん
ツバキ落書き



関連タグ

ブレイブルー ツバキ イザヨイ(ブレイブルー)
ジンツバ ハクツバ ハザツバ ツバノエ

pixivに投稿された作品 pixivで「ツバキ=ヤヨイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1403615

コメント