ピクシブ百科事典

ティトス・アレキウス

てぃとすあれきうす

週刊少年サンデーに連載中の漫画『マギ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:松岡禎丞

関連タグのあともさらにネタバレが含まれております




概要

週刊少年サンデーに連載中の漫画『マギ』の登場人物。
タグとしては「ティトス」のみでの使用が多い。

人物

マグノシュタット学院に入学したアラジンが、修了式にて出会った少年。

中性的な容姿をしており、金髪を結った二本の三つ編みと左耳につけた葡萄のような耳飾りが特徴。また、左目下に泣きぼくろがある。
レーム帝国からの留学生で、レームの名家・アレキウス家の者らしい。
また、ある人物と雰囲気が酷く似ている。
一人称は「ボク」。

学院の第12期生。
1学年次の首席として選ばれるほどの実力を持つ魔導士。
魔法の決闘で負けた事がないという天才で、細身のレイピアのような杖を使う。
当初は、家柄と自らの実力を理由に周囲に高圧的な態度を取っていたが、アラジンと実戦試験後に友人となってからは、スフィントスを含め常に3人で行動するようになり、高圧的な態度も減っていった。

正体

貴方は私と


その正体は、レーム帝国最高司祭にしてマギであるシェヘラザードがマグノシュタットを探る為に生み出した、己の分身体である「人形」の一人。
所謂クローンに近い人造人間。
人間のように赤子として生まれたのではなく、シェヘラザードの神殿にて、14年間暗闇の中で彼女から魔力(マゴイ)を与え続けられ、育てられてきた。
なお、暗闇の中に居た頃は、小さな不定形のゴミ屑のような姿をしていたらしい。
分身体の為、寿命は非常に短いが、それでもシェヘラザードの魔力を14年間受け続けたその身は、非常に強い魔力を宿している。

即ちティトスは、レーム最高司祭がマグノシュタットへ送り込んだスパイであった。

シェヘラザードの分身体とはいえ、自我は別離しており、当初はシェヘラザードの命に従っていたが、徐々に、自分に課せられた任務と外の世界への憧れ、1年4か月という短い寿命との葛藤に苦しむようになる。
そして、5等許可区でのマルガとの出会いによって、自由と生を渇望するようになり、ついには堕転寸前にまで陥る。

「死にたくない」と告白するそんな彼を学長モガメットは憂い、ティトスの帰還を求めるシェヘラザードを拒否。自分を助けようとするモガメットにティトスは従い、祖国であるレーム、そして、母であるシェヘラザードに反旗を翻すことになる。

関連イラスト

マギの器
魔導士の子


無題
ティトス・アレキウス



関連タグ

マギ マグノシュタット
アラジン スフィントス=カーメン マルガ

シェヘラザード

マグノシュタットリオ ティトマル

ティトス君マジ天使





ネタバレ


以下、コミックス20巻以降でのネタバレが含まれます。















マグノシュタット側に立って、レーム帝国との戦に身を投じたティトスは、モガメットの魔術によって引き起こされた「世界の終焉」を止めるため、黒いルフの炉へと身を投じる。
シェヘラザードの分身体として、マギとほぼ同等の魔力(マゴイ)をその身に秘めたティトスは、その身を持ってして世界の終焉を防ぐに至ったのだった。

魔力を使い果たしたティトスの身体は骨となり、この世から消えてしまう。


しかし・・・・・・





おかえりなさい


ティトスの意識は「ある場所」へと至り、「ある人物」に対面する。
そこで、シェヘラザードたっての希望により、ティトスは再びこの世に還ったのだった。

居なくなったシェヘラザードに代わり、この時代の三人のマギの一人として。

以後、彼はシェヘラザードの後を継ぐように彼女の杖を携え、レームにてマルガと共に過ごしている。
なお、一応病みあがりの身体なので、その診察は治癒術に長けるスフィントスの一族が担っているという。

pixivに投稿された作品 pixivで「ティトス・アレキウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237004

コメント