ピクシブ百科事典

テスカトリポカ

てすかとりぽか

アステカ神話に登場する神の一柱。 ジャガーの化身で、闇と月を司る戦闘神。 太陽と天空の神・ケツァルコアトルとは兄弟にして宿敵であり、彼を計略で貶めて、神王の座を奪って世界の果てへと追放した。
目次[非表示]

Tezcatlipoca:メソアメリカ文明圏のうち、メキシコ中央高原の伝承に登場する神。
神名はナワトル語で「煙を吐く鏡」という意味で、
それぞれ「テスカトル」は黒曜石の鏡、「ポカ」は煙るの意味。

概要

永遠の若者であり、夜風を支配する闇の神として見られ、全能の力を持つ魔術の神としても崇拝され、運命にまで関わりを持つという。理解しがたく極めて複雑な性格を持つトリックスターとして描写される。
恐怖の対象として恐れられるが、奴隷の守護神という面もある。
またその苛烈で好戦的な戦闘神としての一面から、戦士階級からも信仰が厚かったとされる。

アステカ王国以前のトルテカ時代の伝承から登場しているとされ、
羽毛の蛇神・ケツァルコアトルとは敵対する関係として描写されることが多い。

アステカの創世記

アステカ族の神話でも、
ケツァルコアトル神とは世界を滅ぼし合うような宿敵同士ではあるが、
時には協力して世界創世に貢献するという、永遠のライバル関係にして兄弟神。
二神が協力して大地の怪物・トラルテクトリを真っ二つに引き裂いて討伐した時、
テスカトリポカは片足を引きちぎられるが、のちに失った片足の部分に黒曜石の鏡を繋いだ。
この黒曜石の鏡を使い、世界に起こる未来の出来事とその結果を全て知り得る力を得たという。

類似した神「ボロン・ザカブ

同文明圏には、テスカトリポカに類似した姿の神として「ボロン・ザカブ」がいる。
マヤ文明の神で、王家や親族や血統を守る神にして、火や稲妻の神ともされる。
斧、煙ののぼった煙草、鏡などを持った姿で描かれており、
しかもその起源はテスカトリポカ神よりもこちらのほうが古い。
別名では「カウィル」。

関連タグ

アステカ メキシコ マヤ文明
黒曜石

pixivに投稿された作品 pixivで「テスカトリポカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117834

コメント