ピクシブ百科事典

テッシード

てっしーど

テッシードとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.597
ぶんるい とげのみポケモン
タイプ くさ / はがね
たかさ 0.6m
おもさ 18.8kg
とくせい てつのトゲ


他言語版の名称

英語 Ferroseed
イタリア語Ferroseed
スペイン語Ferroseed
フランス語Grindur
ドイツ語 Kastadur


進化

テッシード → ナットレイ(Lv40)

チクチクっと 鉄の棘



容姿

木の実の姿をしたポケモン。全身が金属で覆われており、目が二つ付いている。
また体中にトゲが付いている。


概要

初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)
名前の由来は、恐らく「テッ()+シード(シード<seed>:英語)」
つまり鉄のシードである。ただし、種割れはしない。
シリーズ初のくさタイプはがねタイプの複合タイプのポケモン。
 
普段は洞穴の壁に自身のトゲを突き刺し、張り付いている。その際岩に含まれる鉱物を吸収する。
危険を察知するとトゲを一斉に発射させて反撃する。その隙に転がって相手から逃げる。

イッシュ地方の「でんきいしのほらあな」のみに出てくる。
ちなみに進化後であるナットレイは野生には出現しない為、図鑑を埋める為にはテッシードから進化させる必要がある。
なお、カロス地方では輝きの洞窟とうつしみの洞窟で出現。なんと天井から降ってくる。危険極まりない。

第5世代では高速回転するモーションがあてがわれており、思いの外可愛い。
しかし第6世代ではボールから出た瞬間地面に埋まる。しかも技使用時と待機モーション以外では一切動かない。それでいいのか。
なお、何気に待機モーションが2個ある希少なポケモンである(他はジガルデ位)。

容姿やタイプ的にも似通っている為、クヌギダマのポジションのポケモンであろう。

pixivでの扱いは主に飛び道具
初代ポケモン図鑑のイシツブテも怖かったが、こいつを投げるのは殺意がなくては出来ない気がする。(まあ重さ自体はイシツブテより1kg程度軽かったりするのだが)

ゲーム上の特徴

前述した通りくさはがねタイプの複合タイプなので、くさタイプの弱点の多さを、はがねタイプがカバーするという非常に恵まれたタイプ。
ステータス的にも、耐久に優れた種族値を誇っている。その反面「すばやさ」の種族値はたったの10と全ポケモンの中でも最低ランクに位置する。

進化後の事を考えて、タマゴ技で「ステルスロック」、「まきびし」、「やどりぎのタネ」など
を覚えておいた方が有利となる。

夢特性に関しては第5世代のムックルとその進化形と似たようなことになっており、テッシードでは判別出来ず、ナットレイに進化しないと分からない。
第6世代ではムックルが「すてみ」になったにも関わらずテッシードはそのままである。

関連イラスト

テッシード

 

テッシード




関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ はがねタイプ
ポケモンBW 種割れ

pixivに投稿された作品 pixivで「テッシード」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173077

コメント