ピクシブ百科事典

テルリン

てるりん

テルリンとは、TVアニメ版『たまごっち!』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ラブリっちの友達で及びたまともの一人。
性別は♀、誕生日はなぜか10月22日。声優担当は金田朋子
元々は一般用の携帯電話で、もちろん当時はラブリっちのただの携帯電話だったが、
第27話でラブリっち、まめっちめめっちくちぱっちが真実のくちぱっちにより過去の世界へ飛ばされた際、
妬みと恨みに満ちた悪霊が携帯電話に取り憑き………と言うのはでw、
電磁波の影響で命が吹き込まれ、自らの意志で動き、喋れるようになった。
だが実際は本人も理由が分からず、アップグレードやバージョンアップと言った、
分けの分からない理由を付けていた。それ以降ではラブリっちと行動するようになり、
ラブリっち一家、及びたまともの一員となる。だが自由に動ける事からにして、
たまごっちスクール内では化け物(スペイシーっち曰く宇宙人)と思われたが、直ぐに生徒達と仲良くなり、
高学年クラスの一員にもなれた。そのため自身用の机も用意され、ラブリっちの隣に付く。

性格は元気で明るく、ポジティブでハイテンションだが、うっかり者であるため、
当時秘密にしていたラブリっちの正体を危うく口にしてしまう事があった。
だが少々生意気な一面もあり、時には誰かをからかって怒られる事がある。
他にも好奇心旺盛でもあるが、本人には悪気はないのだが、それが原因でトラブルが起きる場合がある。
ハピハピっちとは仲が良く、第33話Aパートでハピハピっちが家出をした際、
一緒にお菓子を作った事がある。メロディっちのファンでもあるらしく、
彼女の帽子(自身用サイズ)を被った事がある。誰かの名前を呼ぶ時は普通に呼ぶ事はあるが、
時にはラブママリっちが『ママリン』で、メロディっちの先生であるくらしっくっちが『くらリン』など、
名前を縮めて『~りん』と呼ぶ事もある。

元は携帯電話なので体がとても小さく、探すのにかなり大変らしい。そのためか、
初めてたまスクに訪れた際は勝手に学校内を探検し、見えない所から
トラブルを起こしていた(もちろん悪気なし)。
更に携帯電話でありながら飲食は出来ず、主食は椅子型の充電器である。
そのためこの椅子に座って休まないと、電池が切れてしまう。他にも防水装置も搭載されておらず、
水を浴びてしまうとショートするらしい。そのため第39話では記憶喪失になり、
行方不明になってしまった事も。特技は物真似で、液晶画面である自分の顔を誰かの顔に変え、
その人物通りに物真似をする。(ただし音声は変わらない)ただし、歌うのが下手。

ちなみに当初は携帯電話でありながら名無しだったが、名前はラブリっちによって付けられた物である。
その由来はラブリっちの台詞によると、
ラブリンテレフォン→テレフォンラブリン→テレリン→テルリンとの事。

漫画におけるテルリン

ヤスコーン氏が手掛けている、TVアニメ版をベースにした『GOGO♪たまごっち!』では、
2巻前半から初登場した。しかしアニメ同様の電磁波によって命が吹き込まれたりなどと言う
シチュエーションは一切なく、元からこうなっていたかのように登場した。
しかも始めからラブリっちの携帯電話であり、たまスクに転校して来たと言う事になり、
アニメにあった内容は完全に省略されてしまっている。通常携帯電話であるために
横から見ると平らになるのだが、こちらの場合はなぜかマトリョーシカのように見えるほど幅が大きい。
特にちゃまめっちとは仲が悪く、買い物中にケンカする事もあった。
彼女が登場したのはほんの2話だけであり、それ以降は主要人物であるまめっち、ラブリっち、
めめっち、くちぱっち、ちゃまめっちが中心的に目立っているため、出番が非常に少ない。

検索による注意報

ピクシブ内でテルリンを検索すると、リストの後半に野猿のイラストも含まれるようになる。
もしたまごっちのテルリンだけを検索したい場合は、『テルリン』の隣にスペースして
『たまごっち』と入力するしか方法がない。

関連タグ

たまごっち ラブリっち

pixivに投稿された作品 pixivで「テルリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33077

コメント