ピクシブ百科事典

テレビ山口

きーきょくからにどついほうされたてれびきょく

山口県を放送対象地域とするテレビ局。
目次[非表示]

概要

山口県第2番目(テレビ単独局としては山口県初)の民放局として1970年4月1日に開局した。略称tys(大文字のTYSではなく、小文字を使うのがミソ。なおかつては大文字のTYSが略称だった)。

設立・開局にあたっては、山口県を発祥とする企業である宇部興産が一枚かんでいた。

放送局概略

ニュース系列JNN
番組供給系列TBSネットワーク
略称・愛称tys
コールサインJOLI-DTV
呼出名称TYSやまぐちデジタルテレビジョン
リモコンキーID3
親局山口(大平山)18ch


ネットワークを巡るゴタゴタ

開局当初はオープンネット体制で一般番組は既に系列局のあった日本テレビ系以外のフジテレビNETテレビおよびTBSの各局から視聴率が高く、健全な番組を選んでネットしていた。ところが、「ニュース番組強化」を理由に、ニュースはTBSの番組を放送することにしたのだが、その際、TBSと番販協定(俗に言う「JNN排他協定」)を結ばなければ放送出来ないことから、そうせざるをえなくなった。結果、TBSの番組を優先的に放送せざるをえなくなり、さらにはフジテレビのニュースや朝日新聞ニュースの放送が出来なくなってしまった。

そのことに対し(NET改め)全国朝日放送(要するにテレビ朝日)は相当不満であった。そこへ山口放送が「下品な番組を平気で垂れ流す麹町はもうイヤだ!!あそこの系列から足洗いたい!!」と言い出したことでそこに接近、結果テレビ山口に対し「1978年秋の改編をもってお前を系列局から追放する」という勧告を出し、実行したのだった。テレビ局の系列からの追放は、まさに前代未聞だった。ただ、山口放送の、テレビ朝日系列へのネットチェンジが、元々のキー局からの「妨害」もあってうまくいかず、1978年秋改編と1979年春改編の2回にかけての番組移行を実施(視聴者保護のため)したものの、結局テレビ朝日はテレビ山口に対し、「山口放送がネットをあきらめた番組だったら垂れ流していいよ、ケッ」と態度の軟化を余儀なくされたのだった。シンエイ動画版「ドラえもん」が山口朝日放送開局まで山口放送ではなくここで放送されたのはそのためである。

1987年3月にフジテレビから「今後ともフジテレビとTYSはより一層友好的にお付き合いしたい。だからニュース番組を1本ネットしてくれないか?ま、出来なきゃ知らないけどね」という申し入れがされた。しかしJNN排他協定が厳しく、フジテレビのニュース番組をネットするのは事実上不可能だった。結果同年秋の改編をもってフジテレビ系列から追放され、TBS系列(単独ネット局)へのネットチェンジを余儀なくされた。しかし申し入れの中にあるようにTYSとフジテレビの関係は非常に良好で、近年まで同時ネットで放送されている番組があった。ただ、1987年春の時点で、「クイズ100人に聞きました」とナショナル劇場(後のパナソニックドラマシアター、主に「水戸黄門」)、「ザ・ベストテン」位しか数字が見込める番組しかなかった格好のTBSに比べれば、フジテレビは数字の稼げる番組が掃いて捨てるほどあったわけだから・・・・・・。この3つの番組のためにフジテレビから系列局追放を選択したのはどう考えても・・・・・・

もっとも、金の切れ目が何とやら、のせいでフジテレビ系列から番販購入も許されない、完全追放の屈辱を受けたテレビ局があったことを考えれば、番販購入が許されているここはまだマシかも。

ローカル番組

こんなキー局事情のグダグダぶり故(?)、ローカル番組に関しては名番組を輩出している。1970年代後半から1990年代前半まで、土曜の朝に放送された「おしゃべり土曜日」を筆頭に、その姉妹番組的存在だった「サタデー6」や「テレビ!山口くん」、その流れを組む番組であり、後にゴールデンタイムに進出した「サタスパ!」、山口放送から局アナ引き抜いて始めた「ちぐまや本舗」がそれである。

2014年夏改編時点では、土曜朝に「ちぐまや本舗」の流れをくむ「週末ちぐまや家族」および、それと「サザエさん」との間のワンポイントリリーフ的番組の「サタデーマガジン」、金曜朝に「寄り道カフェパブロ」が、それぞれ放送されている。また、「サタデーマガジン」以外の2番組は、同日の深夜に再放送を実施している。

アニメ事情

比較的遅くまで平日夕方にアニメ枠を設定していたが、2009年春の改編を機に廃止された。だが、枠廃止時点で放送していた「絶対可憐チルドレン」は、残り3ヶ月分を深夜アニメとしてなんとか消化した。アニメ枠を廃止するなどした際、そこで放送していたアニメが、最終回まで相当残っていたとしても、そのどさくさに紛れて途中で打ち切ることが多い中、大変珍しいパターンであった。ただし、同じ作品では、隣県のテレビ朝日系列局でも実施している。

その深夜アニメ、1999年から2005年まで、および2008年から2011年12月まで、(連続もののみで)計10作放送された。ただ、元から深夜アニメとして作られたのは「コードギアス」、「マクロスF」および「けいおん!」シリーズ2作くらいなもので、いずれも何らかの事情があって仕方なく放送したものだったらしい。それ以外でも、キー局では深夜以外に放送されたものだったり、枠事情などから仕方なく深夜に移動したものだったり、挙げ句の果てには、初の深夜アニメだった「桜通信」はOVA・・・・・・・・。2000年代初めに関しては、通販番組がほとんどなかったが故の埋め草だったから仕方ない面もあるが、2000年代後半に関しては・・・・・・・・。やっぱりやる気なかったとしか言い様がないな。

フジテレビ系列として開局したにもかかわらず、山口放送から「サザエさん」の放映権委譲を受けたのは、開局から10年近くたった1979年10月のことであった。まぁ「サザエさん」の放送開始が1969年10月と、テレビ山口の開局半年前のことだったし、開局後に「サザエさん」が始まったはずなのに、なぜか放映権が与えられず、実質23年半も放送出来なかった惨めなフジテレビ系列局があったことを考えればまだマシな方か?ただこの放映権の「大政奉還」、山口放送は嫌々だったらしい。

アニポケの放送を始めたのは良かったが、テレビ東京から8ヶ月遅れでのスタートだった。だが、8ヶ月遅れということは放送開始は1997年12月、つまりテレビ東京系では38話の放送時期であった。つまり、38話に関するその後の処置に追われ、結果35話分(当時2話までは放送されていたらしい)をすっ飛ばして約半月遅れまで調整したという、かなりむちゃくちゃなことをやらかしたことがあった。


テレビ山口と山口ケーブルビジョン

先述のように、元々は宇部興産の手によって開局した格好のテレビ山口だったが、宇部興産の経営状態が思わしくなくなったことから、宇部興産は持っていたテレビ山口の株式の多くを放出した。
その際その多くを引き受けたのが山口トヨタという自動車ディーラーだったが、実は山口トヨタ、ケーブルテレビ局の山口ケーブルビジョンを傘下に抱えていた。これにより、テレビ山口と山口ケーブルビジョンとは「義兄弟」の関係になってしまった。その結果、山口ケーブルビジョンが阿東町(現在の山口市阿東地区)に放送エリアを拡大することになった際、他の在山口民放2局ばかりか、在福岡民放5局までが猛反対したうえ、山口朝日放送以外の民放6局が阿東町への再送信拒否を実施するという強硬姿勢を取ったのに対し、テレビ山口は何も言うことすら出来ない有様だった。そりゃ金が絡んでは文句言いにくいからねぇ・・・・・・。

なお、山口ケーブルビジョンに対する「制裁措置」は、後に山口放送テレビ西日本TVQ九州放送の3局は(嫌々)解除している。逆に残り3局に関しては「どーせお前ん所に友達いるからいいだろ」と言うことからか(旧阿東町以外の)エリア全域で(も)再送信が打ち切られている。

反射板

この局は本社と親局送信所間での放送波の伝送に全国的に見ても珍しい反射板を使用している。というのもこの局は開局時からUHFを使用しており、本社のある山口市大内御堀と送信所のある防府市大平山の間にはいくつもがあり、UHFの電波特性上、山の稜線が画像乱れの原因となってしまう。
かと言って本社鉄塔を高くするとそれはそれでコスト高の原因になるので、大平山とは反対の方角にある姫山に反射板(無給電中継装置)を置いて本社鉄塔から受けた電波を反射させて大平山の送信所に送っている。

コメント