ピクシブ百科事典

ディアルガ

でぃあるが

じかんポケモン。図鑑番号483。はがね・ドラゴンタイプ。
目次[非表示]

ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。

基礎データ

全国図鑑No.483
ぶんるいじかんポケモン
タイプはがね / ドラゴン
たかさ5.4m
おもさ683.0kg
とくせいプレッシャー / テレパシー(夢特性)


※プレッシャー:相手の技のPPを多く減らす
※テレパシー:味方の全体技の効果を受けない

他言語版の名称

英語Dialga
イタリア語Dialga
スペイン語Dialga
フランス語Dialga
ドイツ語Dialga


容姿

かなり独特の容姿をしたポケモン。後頭部は突き出ており、首は長く四足歩行をしそうな外見的
特徴を持っている。全体的に深い藍色の様な色調で、顔や背中、胸部に鎧の様な装甲がある。
また、胸部の中心には、ダイヤモンドの様な核がある。
以上の様な非常に細々とした細工がされて描きづらそうであるが、その神々しさや威風堂々とした姿に惹かれて人気の高いポケモンである。

概要

『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』(第4世代)に登場したポケモン。
名前の由来は恐らく『ダイヤモンド<diamond>のイタリア語スペイン語読みの「ディアマンテ」、フランス語読みの「ディアマン」などの他、ディアー<deer>:英語鹿をかけてある可能性もある』
パルキアと合わせて『ディアルキア』(ギリシャ語で二頭政)も含まれているかもしれない。

『ダイヤモンド』のジャケットに描かれている。
ストーリーの鍵を握る重要なポケモンである。一部設定は日本神話のスサノオをモデルにしていると思われる。
なお、スサノオはギリシャ神話におけるポセイドンに相当する。
時を司る事から考えてギリシャ神話の時の神『クロノス』もモデルに入っている可能性がある。

シンオウ地方の神話に登場する伝説のポケモン。シンオウ地方を創造したと人々に伝えられるポケモンの内の一体。ディアルガが生まれた事で時間が動き出したとされ、またディアルガの心臓が動くと時を刻むともされている。
そのような理由から、時を司る神と呼ばれているポケモンである。実際に時の流れを操り、未来へも過去へも自由に行き来する事が出来る程の強大な力を持っている。(同じく時間を移動できる「ときわたりポケモン」のセレビィをも凌ぐとされる。)
またシンオウ地方の神話に登場するパルキアギラティナと同様にアルセウスの分身でもある。

作品別概説

『ダイヤモンド・パール』『プラチナ』

ゲーム内のストーリーにおいては、その力を利用しようとギンガ団のボスであるアカギに狙われる。
『ダイヤモンド』『プラチナ』においてテンガンざんの「やりのはしら」に一体だけ出現する。レベルはダイヤモンドでは47。プラチナでは70。
『パール』では出現しない。

ハートゴールド・ソウルシルバー

アルセウスを先頭にして「アルフのいせき」の「管理部屋」に入ろうとすると「シントいせき」へ行くイベントが発生し、パルキア、ギラティナと選択しLv.1で入手できる。

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2

ポケモンARサーチャー』との連動で入手出来る。
ARサーチャーのシンオウ三竜は隠れ特性であるが、後述する『ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊』や『空の探検隊』のスペシャルエピソードにおけるラストシーンの影響からか、その特性は「テレパシー」となっている。

オメガルビー・アルファサファイア

アルファサファイアでユクシーエムリットアグノムを手持ちに加え、「おおぞらをとぶ」でムロタウン近辺に現れている「大きな裂け目」に行き、「はい」を選ぶとバトルになる。レベルは50。
出現条件で3匹も枠を埋める関係上、残りの2(+1)枠にシンクロ+能力値判定用ポケモン+捕獲要員を入れなければならないため、厳選の用意が中々に面倒。あくびの使えるユクシーを捕獲要員に仕立てると枠の節約ができる。
倒してしまっても地上に降りて、もう一度飛べば復活する。

なおこの世代ダイヤモンド繋がりの仲間ができた模様。

ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊

ラストボスとして「闇のディアルガ」が登場する。
ポケダンのBGMの中でも特に人気が高い、対ディアルガ専用曲「けっせん! ディアルガ!」もあり、なんと「第3回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」にて32位にランクイン、第4回では19位にアップ。ついに「みんなで決める任天堂ゲーム音楽ベスト100」では1位を獲得した。
また、「みんなで決めるラストバトルBGMベスト100」でも2位であり、1位の曲よりも票あたりの平均点数が高かった。

ポケモン+ノブナガの野望

シンオウ三竜で唯一ランセ地方にも存在し、
同作の元となった戦国無双シリーズでは最強クラスの武将として描かれているキャラクター、
タダカツのベストリンクポケモンとして扱われるという破格の待遇を受けている。

ゲーム上の特徴

伝説のポケモンという事もあり、当然のように超強力なステータスである。
「すばやさ」がやや低い程度で、他のステータスはすべて種族値100オーバーである。
特に「とくこう」は恐ろしいほど高く、レックウザ、パルキア、レシラムと並びドラゴンタイプ最強である。
(だったが、BW2でホワイトキュレムが追加されたため、二番目になった)
その上で専用アイテムである「こんごうだま」を持たせれば暴君と化す。

また、はがねタイプドラゴンタイプという他のタイプへ耐性を持つ屈指のタイプである為、かくとうタイプじめんタイプ以外には、ほとんどのタイプに耐性を持ち、唯一ドラゴン技が等倍のドラゴンである。そして、はがねタイプのおかげでフェアリータイプの攻撃を受けても等倍という数少ないドラゴンの一体である。それどころか、タイプ一致のラスターカノンなどで返り討ちにすることもできる。
まさに「金城鉄壁」といった堅さだろう。

……と思いきや、とくぼうはそこまで高くないので、伝説竜の「りゅうせいぐん」だと等倍でも一発で落ちることがあるうっかり屋さん。
対戦で使う際には、ある程度特殊耐久に振っておこう。

その凶悪な「とくこう」を生かしての「りゅうせいぐん」は凄まじいダメージを叩きだす。
そして専用技であるドラゴンタイプ最強の特殊攻撃である「ときのほうこう」は超絶ダメージを相手に与える。
ただし、「りゅうせいぐん」を2発当てた方がダメージが高いのは御愛嬌という事で。

解禁戦は基本的にダブルバトルなので、その硬さを活かしてトリックルームの始動役を担うことが多い。
自身の攻撃性能の高さから、ちょうはつを受けにくいのもポイント。
夢特性テレパシー解禁により、グラードンとのコンビが可能となったのが嬉しい。

また、「グギュグバァ!」という独特すぎる鳴き声は当初からネタにされている。

映画におけるディアルガ

『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』に登場。
アラモスタウンへ逃げ込んだパルキアを追って出現し、戦いを始めた。
また『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ』にも登場。

関連イラスト

ディアルガ
時空の隙間

 

ドラゴンサンド
ディアルガ



関連タグ

ポケモン一覧 はがねタイプ ドラゴンタイプ 伝説ポケモン 神話
ポケットモンスター ポケモン  DPt
パルキア ギラティナ アルセウス

セレビィに関わる伝説のポケモン繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディアルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1653482

コメント