ピクシブ百科事典

ディバイソン

でぃばいそん

ディバイソンとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の一種である。大量の大砲を備えたロマン溢れる機体。
目次[非表示]

スペック

機体名ディバイソン
番号RBOZ-006(旧)RZ-031(新)
所属ヘリック共和国(バトルストーリー)チーム・ブリッツ、チーム・バッファローズ(ゾイド新世紀/ゼロ
分類バッファロー
全長 20.6m
全高 10.8m
全幅 7.5m
重量 230.0t
最高速度 130km/h
乗員人数2名
武装
  • (旧)
  • 超硬角×2
  • 8連ミサイルポッド×2
  • 小口径4連バズーカ砲
  • 17門突撃砲
  • 3連加速衝撃砲
  • 後部機銃×2
  • パルスビーム砲
  • (新)
  • ツインクラッシャーホーン×2
  • クラッシャーメタルスパイク×4
  • 8連ミサイルポッド×2
  • 105mm17連突撃砲
  • GPS3Dレーダーアンテナ
  • 対ゾイド3連衝撃砲
  • 35mm対空砲×2
  • パルスビームガン

概要

ヘリック共和国軍が開発したバッファロー型突撃戦用ゾイドで、ブレードライガーと並ぶ大型ゾイド。重武装・重装甲の為、重量はこのクラスではズバ抜けて重い。共和国製のゾイドだが、キャノピーは防御を重視してゼネバス帝国製ゾイドのように装甲で覆われている。集団を組み、前方の敵を殲滅することに特化した機体で、最強のゾイド・デスザウラーを破壊することを目的として作られた。機体前面に装備された多数の武装による一斉射撃で前方の敵を殲滅し、自動装填装置のおかげで途切れる事なく砲撃し続ける事が可能。バッファローらしく突進攻撃も得意であり、超重量から繰り出されるその威力は絶大で、超硬チタニウム合金製のツインクラッシャーホーンはデスザウラーの超重装甲(スーパーヘビーガード)をも貫く威力を持ち、体当たりだけでも中・軽量級ゾイドを一撃で戦闘不能に追い込む。各蹄のチタンスパイククローも打撃武器として優秀である。本機は基本的におとなしい性格であり、操縦し易く機体性能も良い為、パイロットからの信頼も高く、様々なバリーション機も生み出された共和国製ゾイドの傑作機である。なお、カノンフォートは本機の後継機にあたる。
トミー(現:タカラトミー)より発売されたポップアップキットは、角と蹄にダイキャスト製金属パーツが採用されており、(ゴジュラス等の旧シリーズ初期の大型ゾイドに錘として使用されている例を除いて)外装に金属パーツを取り入れた初のゾイドとなる。歩行ギミックは、頚部を上下させながら四肢を動かして歩行。
2000年に再生産されたキットはカラーリングが明るめの配色となり、後部の対空砲に3mm径のジョイントが追加された。ほぼ同時期にアメリカ玩具会社・ハズブロから発売されたディバイソンは、安全基準の都合上ダイキャスト製の角や蹄がプラスチックに変更されている。
コトブキヤのHMM(Highend Master Model)シリーズは、第3回HMM ZOIDS公開企画会議にて商品化が決定した“ファンズ・チョイス機体”。アニメ版をベースにした仕様となっており、直立・着座状態の2種のトーマフィギュアが付属する。
首関節のスライド機構や腰部の軸可動により可動範囲は良好で、背部の17連突撃砲は一門ずつ独立して可動させる事が出来る。HMMシリーズならではのアレンジ要素も取り入れられており、ツインクラッシャーホーンはポップアップキット版よりも太めになり、背部のレーダーはハッチを閉じた状態でも展開出来るよう改められた。また、17連突撃砲はまるごと切り離して昆虫のような脚を生やした「独立砲台モード」となる。
HMMシリーズのオリジナル設定によれば、トーマ機は17連突撃砲を実弾ではなくカートリッジ式で取り外し&自立型の設置が可能なエネルギー砲に変更しており、経費の削減や誘爆性の低下を含む凡庸性や運用性の向上、機体の軽量化を可能としただけでなく、アニメで使用されてきた、荷電粒子砲に匹敵する威力を持ちながらもホーミングと個別照準を可能にしたチート必殺技メガロマックスリノン機はリノン・スペシャルファイアー)の設定にアプローチしている。また、口腔内には火炎放射器や小型ミサイルポッドなどに換装できるウェポンラックも装備しているが、バイトファングの威力は正直期待できるものではないとの事。

バトルストーリーでの活躍

旧ゾイドシリーズの時期に小学館より発売されていた『ゾイドバトルストーリー』では、デスザウラーを投入したゼネバス帝国軍に圧倒され、ゲリラ戦で抵抗を続けていた共和国軍の救世主として登場。疲弊した帝国軍の包囲網を打ち崩したり、アロザウラーとの共闘でデスザウラーを撃破するなどの活躍をしている。

漫画での活躍

機獣新世紀ZOIDS』第4巻にて共和国軍のミュール地方防衛隊に所属するトミー・パリス中尉の乗機として登場、「ガンホー」という愛称が付けられている。

アニメでの活躍

ゾイド』第2期・ガーディアンフォース編では、トーマ・リヒャルト・シュバルツの乗機として出演。トーマはガイロス帝国の将校だが、ヘリック共和国との友好の証として提供された。バンアーバインとチームを組み、その火力と突進力を駆使して幾多の戦いを潜り抜けた。しかし、活躍すればするほどトリニティやジェノザウラーなどの噛ませ犬になってしまったり、敵に乗っ取られライトニングサイクスの引き立て役になったりと残念な目立ち方もしていた。後にフィーネの提案でEシールド発生装置を増設しており、より防御力が向上している。

ゾイド新世紀/ゼロ』では、チーム・ブリッツ所属のパイロットであるリノン・トロスの乗機として出演。リノンのトリガーハッピーな性格とこの機体の火力で圧倒するという設計思想とは相性が良く、ここでもチームの火力を担っていた。ポイント稼ぎの為に躊躇なく味方ごと吹き飛ばす場面も見られたが。
ストーリー序盤でエレファンダーに襲撃されて再起不能となり、ガンスナイパーLSにその役目を譲った。なお、下取りに出される際は「(リノンに操縦されて)かわいそうなディバイソン」とか「リノンがパイロットだったのが運の尽き」などと、チームメイトからも散々な同情をされていた…

バリエーション

ディバイソンMk-Ⅱ

『ゾイドバトルストーリー』3巻に共和国軍大型ゾイドの強化改造案として掲載されたタイプで、背部にゴジュラス用の長距離キャノン砲を3門搭載。

ビッグ・バッド・ジョン

『ゾイドバトルストーリー』4巻に登場。初出は学年誌で、名称も「ビッグサンダー」だったが、後に変更された。17門突撃砲前面の9門を排除したスペースに射程距離60kmの低反動型86cm砲を搭載。ZAC2047年4月にチェスター教授救出作戦の際に首都に駐留するゼネバス帝国軍を陽動し、これを撃退。見事作戦を成功に導いた。

ヘッジホッグ

こちらも学年誌を経て『ゾイドバトルストーリー』4巻に登場した改造タイプ。対空機関砲や多数のミサイルを搭載し、脚部に三角状の履帯を備えている。ゼネバス帝国軍の基地を壊滅させ、中央山脈へと進攻したところでグレートサーベルと交戦するが、その後の経緯は不明。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 バッファロー 哺乳類 ロボット
ゾイド-ZOIDS- ゾイド新世紀/ゼロ
トーマ・リヒャルト・シュバルツ リノン・トロス

pixivに投稿された作品 pixivで「ディバイソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17243

コメント