ピクシブ百科事典

デクナッツリンク

でくなっつりんく

「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」で登場。主人公リンクがデクナッツに変身した姿。
目次[非表示]

概要

リンクが最初に変身できる姿であり、物語の冒頭にてムジュラの仮面を被ったスタルキッドに呪いをかけられ、この姿にされてしまう。
最初に時間を遡った後、いやしの歌によって呪いを「デクナッツの仮面」に封じ、以後自由に変身できるようになる。

特徴

MPを消費してシャボンを飛ばしたり、専用のギミック「デク花」を使って高くジャンプ・滑空して移動することができる。また、バレリーナのように回りながら進むダッシュで全方位に攻撃できる。
水を泳ぐことはできず溺れてしまうが、軽いためか水の表面を5回飛び跳ねることができる。
ただし体が小さいため小さな段差しか昇れず、クロックタウンでは子供として扱われるため街の中から外に出ることが出来ない。また植物であるため、炎や溶岩に弱く、その属性を持った攻撃を受けたり床に触れてしまうと、どんなにハートが残っていても一撃でミス(落とし穴に落ちるなどと同様に部屋の入り口まで戻される)扱いになってしまう。

ついでに、犬に何故か攻撃される。理由はまことのお面によると「見ているとイライラするから」らしい。
執事の息子に似ている事が関係するのだろうか?

仮面の元

リンクが変身できる3種族の仮面のうち、ゴロンの仮面とゾーラの仮面はゲーム中に登場するキャラクターがなんらかの理由で死亡し、その魂をいやすことによって手に入るものである。しかしスタルキッドの呪いによって得たデクナッツの仮面だけは、魂の持ち主が誰なのかはハッキリと示されていない。

デクナッツの城に勤める執事に話を聞くと、執事の息子が行方不明になっていること、またデクナッツリンクがその息子に似ているという話を聞けることや、ゲーム序盤にデクナッツの成れの果てと思われる奇妙な木が生えている場所があること、さらにエンディングで執事がその木の前でうなだれているといったシーンがあることから、このデクナッツのような木が執事の息子であり、その魂が(どのような経緯かは不明だが)デクナッツの仮面になったと思われる。
ちなみに「デクナッツのような木」はリンクが元いた世界とタルミナの中間の場所にあるのだが、なぜそんなところに執事の息子と思われるデクナッツがいたのかも劇中では全く明かされないため謎を呼んでいる。
非公式の一説では、オコリナッツに追いかけられるというイメージから、オコリナッツが何かしら関係あるのではと推測されている。

楽器

オカリナを使用するとラッパに変化する。
「目覚めのソナタ」が専用曲。

関連記事

ムジュラの仮面
デクナッツ
こどもリンク ゴロンリンク ゾーラリンク 鬼神リンク
ゼルダの伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「デクナッツリンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40012

コメント