ピクシブ百科事典

デシル・ガレット

でしるがれっと

デシル・ガレットとは、機動戦士ガンダムAGEの登場人物。
目次[非表示]

CV:高垣彩陽(第1部)、寺島拓篤(第2部)

人物像

コロニー「ファーデーン」でフリットと出会った少年。7歳。フリットを「フリットお兄ちゃん」と呼ぶ。
その正体はUEヴェイガン)側のXラウンダーにしてフェザール・イゼルカントの進める『プロジェクトエデン』に選ばれた優良人種であり、ゼダスのパイロット。いわゆる主人公のライバルに相当するキャラクターの一人。
幼少期より「優良人種」として扱われ、周囲にかしづかれてきたことで、他者への共感性が欠落しており、一見すると伺える無邪気な性格はそのことの裏返しである。そのため、特に戦争・戦闘を遊びやゲームとして捉えている節があり、破壊や人の死に対して何の呵責も無いという残虐性を持つ。その一方で、プライドが高く敗北を喫した時は八つ当たりや負け惜しみを言うなど歳相応の反応を見せている。

第1部

僕を踏み台にした!?


ファーデーンでフリットと出会った際にAGEデバイスを奪いガンダムAGE-1で出撃しガフランを二機撃墜するなどその能力の高さを見せた。また、ゼダスが戦場に現れた際に関連性があるような描写が成され、アンバットでの戦闘でゼダスに直接搭乗してフリットの前に立ちはだかった。なお、ユリン・ルシェルが戦場に出て戦死する原因を作った張本人でもあり、その結果フリットの怒りを買い、機体を切り刻まれたまま止めを刺される事もなく宇宙を漂流する事になった。また、敗北の経験から廃人同然の状態になっていたとの事。
彼のユリン絡みの行動はフリットの心に大きな傷を残し、その事が結果的に最終話に至るまで地球とヴェイガンの和解の道を閉ざす遠因となった。

第2部

デシル兄さん


Xラウンダーの一人としてコールドスリープされていた。ゼハート・ガレットは彼の弟に当たり、ゼイドラの兄弟機であるクロノスに搭乗する。能力を使いすぎた為幼少期よりも心が荒み、パイロットとしての腕も鈍っている。しかし過去の敗北の経験からフリットやガンダムに異常なまでの執着心と憎悪を抱いており、様々な手段を講じてフリットを執拗に狙い、その為には命令違反や無断出撃も辞さない。また、地球侵攻の前線指揮を弟であるゼハートが任されているという事もあってか、彼に対しても劣等感を露にしている。
この他、ガンダム打倒の為に独自にモビルスーツの開発計画を立ち上げる(その計画で開発されたゼダスCに関しては評価に困るものだったが、その技術を発展させた結果クロノスが完成している)など、ガンダムを倒す為に様々な手段を講じている。

前述した私怨による命令違反や無断出撃の数々や幼少期以上に歪んだ性格からか人望は皆無に等しく、ゼハートやザントを幾度となく絶句させている。また、ガンダムを倒す為には手段を選ばず、味方を犠牲とする戦術すら厭わない。
幾度かガンダムとそれを擁するディーヴァへの戦闘を仕掛けるがいずれも失敗。しかも肝心のフリットはユリンの死による憎悪を既にヴェイガン全体に向けていたため、もはやデシル個人をそれほど意識してなかったことでますます苛立ちを募らせていく。
最終的には後方部隊への配属が決定されるも、その命令を無視し戦線へ突入。Xラウンダーの力でマジシャンズ8のザファーとネッドの機体を操ってアセム・アスノを追い込み、ウルフ・エニアクルGバウンサーを大破させて戦死させるが、ウルフの死に怒るアセムの猛攻によって機体を細切れにされた挙句撃墜され、戦死した。

Xラウンダーでないアセムに敗北しながらも、最期まで自分の負けを認めようとしなかった。また、この時点でゼハートには完全に見限られており(それでもかつては自らの危険を顧みずに不肖の兄を助けている。数々の命令違反や無断出撃だけでなく、味方まで命を落とさせる行為についに堪忍袋の緒が切れたのだろう)、見殺しという形にされていた(ただしその一方で爆炎の中に脱出したらしい形跡が見られること、他のパイロットの最期のようにヘルメットバイザーの割れる演出がないことから、最初はキオ編以降にも登場するのではないかと生存説も囁かれていたが、角川スニーカー文庫のノベライズ版では肉体が消滅して即死した様が描写されてしまっており、結局本編でも生きて再登場することは無かった)。なお第48話にて、悩むゼハートの幻影の中にヴェイガンの死者の一人として姿を見せている。
そして…

Memory_of_Eden

ゼハート・ガレットの視点で描かれた今作においても、現実の兄が出る幕はほんの少しだった。宿敵フリット・アスノとの因縁の対決は果たせず、1部のストーリーが描かれないためユリン・ルシェルについても一切の言及は無い。ショタでないデシルに用は無いと言わんばかりの冷遇の末になんとかウルフを屠った後、TV版同様アセムのかませ犬として宇宙に散った。所詮、魔中年は魔中年だった。
しかし…
ビッグリング攻防戦以降、ゼハート・ガレットの見る戦死者たちの幻影のなかに現れたデシルは、ここぞとばかりに弟をいびりまくる。ゼハートの世話役のダズ・ローデンも忠誠を誓った部下ドール・フロストも、信頼や激励と取れる言葉を贈る中、兄デシルは(珍しく正論を吐いて)嘲笑と共に辛辣な言葉でゼハートの矛盾を付き続ける。
これらデシルの言葉をゼハートは否定するが、それによってゼハートのエデンへの理想はより頑なになり、さらにヴェイガン側の戦死者たちを幻影に投影する事によって、ゼハートの指揮官としての責任をより重い物に変えてゆく。
最終的にアセム曰く“人の背負い切れない重さの希望”をたった一人で背負いこむ事になり、見方によってはゼハートを追い込んだのはデシルであるかのようにも見える。それゆえに作中のデシルは、ゼハートの理想=盲信に対して反証を付き付けるダークヒーロー的な存在とも取れる。流石魔中年は伊達じゃなかった。
だが、本編以上に悪役として輝いているデシルではあるが、あくまでもゼハートの思考世界の中の出来事であり、当然ここで弟をいびりまくっているデシルもゼハート自身の理想と罪悪感の代弁者としての幻影、言ってみればゼハートの妄想であって、デシル本人ではない。つまりデシル本人は何の活躍もしていない。やっぱり魔中年は魔中年か…

魔中年

なお、この時期のデシルは初登場話『魔少年』にちなんで魔中年と呼ばれることが多い。
さらに登場当初から『エリート意識剥き出しの癖に弟に出世を追い抜かされた』とか『第1部では圧倒していたはずのフリットに、逆に手も足も出せずにダルマにされた』とか『部下どころか弟にも完全に見限られた』とか『Xラウンダーでもないアセムに圧倒され完全敗北してしまった』とか、扱いがどうしようもなく最低であり、視聴者の失笑を始終買いっぱなしであった(この扱いのひどさも含めての『魔中年』呼ばわりなことも多い)。

挙句、前述のゼハートの視たビジョンとして登場した際には
兄より優れた弟など存在しねえ!とかのたまう始末。それも二度も。

しかし、底知れぬ恐ろしさを秘めた魔少年時代からの急速すぎる小物化と、あまりにもあんまりな扱いの雑さが、逆に一部の視聴者の心の琴線にヒットしたのか、今度はネタキャラとして変な愛され方をするように。
そして魔少年時代は圏外だった人気投票において、魔中年化した第7回にて見事第1位に輝き、雪辱を果たすという快挙(?)を成し遂げた
同時入賞したのはよりによってウルフだったけど。

余談

アナザーガンダムの中でも1.2を争う戦争勃発という蛮行をやってのけた人物の中で1兵士という珍しい立場である。
他に戦争を起こしたのはギレン・ザビバスク・オムカロッゾ・ロナクラックス・ドゥガチなど組織の幹部や首領クラスである。
同クラスの蛮行を行ったキャラではバズ・ガレムソンアッシュ・グレイアリー・アル・サーシェスあたりがデシルに近い立場である。

関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE
フリット・アスノ ユリン・ルシェル ギーラ・ゾイヤーク・ドレ) アセム・アスノ
ゼハート・ガレット ダズ・ローデン メデル・ザント マジシャンズ8 フェザール・イゼルカント
UE ヴェイガン ゼダス クロノス Xラウンダー ショタ 魔中年

pixivに投稿された作品 pixivで「デシル・ガレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326596

コメント