ピクシブ百科事典

デジタル・デビル・ストーリー

でじたるでびるすとーりー

西谷史原作のSF伝奇小説シリーズで、株式会社アトラスの人気ゲームシリーズ「女神転生」の原作。
目次[非表示]
想い出のRPG
運命に抗え



概要

天才プログラマー・中島朱実の戦いを描いた『デジタル・デビル・ストーリー』三部作と、それから4年後の物語『新デジタル・デビル・ストーリー』六部作で構成されている。

1986年3月に徳間書店・アニメージュ文庫で書き下ろされた第一作『女神転生』は翌年にOVA化。
メディアミックス作品として、日本テレネットからパソコン用アクションゲームが、ナムコからファミコン用RPGが発売された。その後、ファミコン用RPGは開発元のアトラスによって原作小説とは無関係な世界観とストーリーを展開しつつさまざまな機種でシリーズ化され、『女神転生シリーズ』として現在も続いている。

文庫版は絶版となったが、2004年よりアトラスの携帯電話サービス「メガテンα」にて、文庫版を加筆修正したデジタルノベルが配信された。また、2005年から翌年にかけて、大幅に加筆修正した『愛蔵版 デジタル・デビル・ストーリー 女神転生』全三巻がブッキングより復刊されている。

ストーリー

高校生にして天才プログラマーである中島朱実は悪魔召喚プログラムで北欧神話の悪神ロキを召喚する。
ロキの力を使い学校を支配する中島だったが、悪魔召喚に際して正しい契約の手順を踏んでいなかったため、ロキは中島の支配を離れ暴走してしまう。炎を操る超能力を持つ転校生・白鷺弓子に救われるもののロキを倒すには至らず、かろうじて逃げるが代償に弓子は命を落としてしまう。弓子がイザナミ神の転生した姿だと知った中島は弓子を蘇らせるため、飛鳥にあるイザナミ神が眠る古墳へ向かう。

ちなみに

女神転生という名称はイザナミの転生した姿である弓子を指しての言葉である。
悪魔召喚プログラム生体マグネタイト等、以降のRPG女神転生シリーズに継承されていく主要な設定は、この小説から生み出されたものである。
また、西谷史はゲーム『真・女神転生』を題材にした小説『真・女神転生 エル・セイラム』も書いている。

関連動画










関連タグ

女神転生 真・女神転生 メガテン DDS 小説 日本神話 デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ レトロゲーム ファミコン ファミリーコンピュータ MSX レトロPC OVA
中島朱実 白鷺弓子 北明日香 木戸礼子 崇徳上皇

pixivに投稿された作品 pixivで「デジタル・デビル・ストーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44526

コメント