ピクシブ百科事典

デスタムーア

ですたむーあ

スクウェア・エニックスのRPG『ドラゴンクエストⅥ』に登場する魔王。 本作のラスボスであり、世界を我が物にせんと数多の業略を駆使して人類に襲いかかる。 【二段変身・三形態】という、歴代魔王でも異彩を放つ特性の持ち主。
目次[非表示]

「さあ来い! 虫けらども!」
「お前たちがどれほど非力で不完全なものなのか
 イヤというほど思い知らせてやろうぞ!」

概要

デスタムーアとは、ドラゴンクエスト6に登場するラスボスである。
世界を我が物にしようと企み、現実世界のダーマ神殿など、障害となり得る場所を攻め落とした。
しかし、それが夢の世界に存続していることを知り、夢の世界を実体化させ、これを封印した。
ムドーを始めとする配下の四大魔王を封印の要とし、同時に支配する。
更にはざまの世界に引きずり込まれた人々の悲しみと絶望を糧にし、欲望に呑まれ堕落していく様を見て愉しむ。
それにも負けぬ強く清い心を持つ人間は牢獄の町に送る。後に牢獄の町にてクーデターが起こるものの、凄まじい魔力で一瞬の内に反乱軍を石や動物に変えた。
正式なナンバリングタイトルの中では、ラスボス(最終形態)自身が数体に分かれて戦うという演出が為されたのはデスタムーアのみであり、長いドラクエの歴史の中で一際異彩を放つラスボスと言える。
漫画版では最終決戦の舞台であるはざまの世界に生まれ落ちた唯一の命とされる、全魔物の創造主。完全な無の世界にて長い時を孤独に苛まれ外界との交流を夢見ても果たせず、その深い絶望が魔物を生み出した。後に主人公たちと対面した時も、何一つないはざまの世界を自分でも「嫌な世界」と評する。

第1形態

デスタムーアおじいちゃん


痩せ老いた魔法使いの姿をしているが、これは主人公達の様子を見る為に手加減しているからである。
それでも、これまでのボスとは一線を画す強さを見せている。
上級呪文を主体とした全体攻撃を得意とし、念じボール、いてつく冷気、もえさかる火炎を投げつける攻撃などを使用する。

第2形態

幻魔王 爆誕!


全身にトゲを生やした筋骨逞しい魔獣の姿をしている。
この形態では攻撃力と守備力がかなり高く、バイキルトやスカラを使って自身を強化してくる。
この形態と戦う際は、呪文などで戦ったほうがいい。

最終形態

デスタムーア!!


本体(顔)・右手・左手に分かれてそれぞれが独立して行動するので、最高1ターンに4回行動する。
左手はザオリクを使い、右手はザオラルとベホマラーを使ってくる。
そのため、例え本体を倒しても左手か右手がいた場合、復活の呪文を使ってくるので油断はできない。
優先して左手を潰したいところ。最悪マダンテというのも手段の一つか?

クリア後の隠しシナリオで登場するダークドレアムを倒すと、ダークドレアムがデスタムーアの所に行って戦闘し、2ターンで軽くデスタムーアを倒してしまう。


その他の登場

ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズではだいたいは最終形態として登場している。
テリーのワンダーランド3D、イルルカ3Dでは第1形態、第2形態も登場しているが、流石に可哀想だったのかどの形態でもダークドレアムよりはるかに強く設定されている。
第1形態(デスタムーア)は1枠だが、見かけによらず物理アタッカー。れんぞく3回に加え、いきなりバイキルト。相当な火力が期待できる。ただしMPはえらく少ないので特技の多様は控えた方がいいかも…。
第2形態(魔王デスタムーア)はなぜかえらく素早い3枠アタッカーに。
最終形態(大魔王デスタムーア)は顔と両手で登場することがほとんどだが、珍しく顔だけ登場して両手で分かれている作品もある(本来はこうであると言った方が正しいかもしれないが)。ちなみに両手はジャンケンが大好き。
(JOKER3は不明なので分かる方追記お願いします。)
『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードⅡ』では第2形態で登場するが、とどめの一撃を打つときは最終形態になりイオグランデを唱えてくる。
ドラゴンクエスト9』では、最終形態として登場しており、原作同様右手と左手を伴って戦う。

評価

多彩な戦法と特技、初見ではどこまであるのか判断の付きかねる形態変化など、普通にストーリーを進めて戦った場合、ラスボスの中でも歴代最強クラスの強さを誇るが、むしろ裏ボスのダークドレアムに瞬殺された印象が強く、ヘタレ魔王などと呼ばれ正当に評価されているとは言い難い。

関連タグ

ドラクエ ドラクエ6 魔王系 ダークドレアム
ムドー ジャミラス デュラン グラコス アクバー
哀しき悪役 - 漫画版のデスタムーアはこれに相当する存在と言っていい。

pixivに投稿された作品 pixivで「デスタムーア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 328801

コメント